« 133鞍目、隊列組んで | トップページ | 撥水超復活 »

金錯銘鉄剣復元品を見てきた

行田のさきたま史跡の博物館で、金錯銘鉄剣復元品を見てきた。
Dscn9550

チラシの裏面から、プロジェクトX感がビシバシ感じる。。。
コレは、見るしかないでしょ。
Dscn9585

展示室の中央に鎮座していた。
Dscn9562
意外と薄いな。
柄と鞘は、想像で復元しなかったのだろか。
Dscn9563

Dscn9568

復元の工程や材質など、もう少し詳しく知りたい。
どこかに資料はないかとぐぐったが、CiNiiに論文があることを見つけただけ。
埼玉県立歴史と民俗の博物館に行けば、閲覧出来るのか??

その他の国宝の皆さんも、ナカナカのモノ。
Dscn9554

Dscn9555

Dscn9559

あとは、馬関連の出土品画像。
Dscn9553

Dscn9556

Dscn9570

Dscn9578

Dscn9579

帰りがけ、石田三成が忍城攻めの際に陣を張ったという丸墓山古墳に上ってみた。
Dscn9581

忍城まで、結構遠いな。
周囲が見渡せるから、ちょうど良いのか。
Dscn9583

|

« 133鞍目、隊列組んで | トップページ | 撥水超復活 »

コメント

Makoさん>
是非、見てきてください!
1/11なら、学芸員による展示説明もありますよ~

>精巧な石組みもするのに
わはは、ご指摘ごもっとも。
確かに、あの埴輪の目鼻は精巧ではありませんねえ。

投稿: そーいちろ | 2015.12.29 13:00

このピカピカは私も見てみたいです。
こんな精巧な刀も作り、精巧な石組みもするのに、
粘土で埴輪も作った不思議な時代。
そこにロマンを感じるのであります。

投稿: Mako | 2015.12.27 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 133鞍目、隊列組んで | トップページ | 撥水超復活 »