« 初九州は大分直行(2) | トップページ | 停電覚書 »

初九州は大分直行(3)

午前中に仕事の後片付けを済ませ、昼食は昨夜と同じ店で摂ることにした。
昨夜食した「琉球丼 倍盛り」をもう一度食べたくて。

席に着き注文すると、「本日は売り切れ」。。。
諦めて「豊後ふるさと膳」を注文。
コレも気になっていた品ではあるので。。。
Dscn0446
ところが、コレが大正解。
期待してなかった「とり天」が旨かった。。。!

店を出て、向かいのローカル百貨店でお土産物色。
今回は諸般の事情により、多めに購入。
あっという間に¥7,000分。

駅前のバス停で、空港直行バスを30分待つ。
熊谷に比べると若干湿度が低い気がして、日陰に入れば暑さは凌ぎやすい。
Dscn0447

Dscn0451

Dscn0453

帰りのバス所要時間は、空港までは1時間。
渋滞にもつかまらず、バス会社の謳い文句通り。

17:00の便と京急,上野熱海ラインを乗り継ぎ、熊谷着は21:30。
羽田~大分間は1時間半と短いが、それ以外の電車・バスが長すぎて披露困憊。

|

« 初九州は大分直行(2) | トップページ | 停電覚書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初九州は大分直行(2) | トップページ | 停電覚書 »