« チャップスの延命処置 | トップページ | 147鞍目、後肢旋回 »

ホフマン輪窯と広瀬川

広瀬川CR経由で伊勢崎を目指してみたが、深谷のレンガ製造施設に引っかかってしまった。
深谷に居る頃から見たかったのだが、以前は団体見学しか受け付けていなかったはず。
無料ということもあって、入ってみた。
Dscn0356

洋装にちょんまげ。。。明治初めって、こんな時代なんだな。
Dscn0359

Dscn0360

まだ、馬車が使われていた時代。
馬の脚が太い。明らかに荷役用。
Dscn0366

Dscn0367

Dscn0368

ホントに犬だ。
垂れ耳の
Dscn0369

ホフマン輪窯も見学出来た。
Dscn0363

Dscn0361

二階に敷かれたトロッコ用レールが見えてる。
Dscn0364
そのトロッコ。
Dscn0365

30分ほど見学して、再び走り出す。
県道14号線の上武大橋を渡り、適当に西へ向かうと広瀬川CRに合流出来た。

広瀬川CRはよく整備されており、路面の荒れが少ない。
車道に出なくて済むような、構造的工夫も多い。
Dscn0373

しかし、群馬に入った途端コレってどうなんだよ。
いや、さすが群馬というべきか。
Dscn0375

この競運橋を越えたところで、ヒルメシ。
Dscn0377

牛丼食ったあと外に出ると、大粒の雨。
Dscn0378

しゃーない帰るか、と引き返した。
利根川挟んで群馬側の路面は濡れていたのに、埼玉側はカラッカラ。
川って、そんなに気象を左右するものなのかね。

|

« チャップスの延命処置 | トップページ | 147鞍目、後肢旋回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャップスの延命処置 | トップページ | 147鞍目、後肢旋回 »