« 圧倒的な毛細血管 | トップページ | 148鞍目、まだまだ姿勢がなっていないのだそうだ »

読書メモ160823

「戦艦武蔵」  吉村昭

同じ著者の短編集(現代小説)を読んだことがあったが、ドキュメンタリーは初めてだ。
元々は、小説よりそちらの名手であるらしい。

戦艦武蔵の誕生(海軍省による計画)から死(沈没)までを、淡々に描いている。
人間の主人公は、存在しない。
主人公は、物言わぬ一艦のみ。

今では建造の秘密は最先端のエンジニアリングに頼るのだろうが、竹のスダレで覆い隠すという泥臭さが、時代を感じさせる。
細かい描写は無いが、砲塔やその他の設備が記された2面図や損傷を受けた箇所の推定図が付与されており、エンジニアリング的にも満足。
戦艦にまつわる政治的・社会的背景も簡潔に描かれていて、当時の雰囲気を容易に掴むことが出来る。

発行は40年以上前だが、新品の文庫本で買ってもお得な1冊だった。
Dscn0596
「私の暮らしかた」  大貫妙子

2006~2013年の日常を綴った、シンガーソングライターのエッセイ集。
マジメにCDを聞き込んだことのないシンガーだが、CMソングなどで耳にする曲は好ましいと感じていた。

立ち読みして、すんなり飲みこめる文章が気に入って、これも新品で買ってしまった。
職業も生活環境も違うが、自分の興味範囲と重なる部分が多い。それでいて、自分の不足している知識を分け与えてくれた。

フツー、ゲイノー人のエッセイは毒にも薬にもならないものだけど、読後に少なからず読んだ甲斐があったと思わせたのは、著者が聡明な「音楽家」だからなのだろう、きっと。


|

« 圧倒的な毛細血管 | トップページ | 148鞍目、まだまだ姿勢がなっていないのだそうだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 圧倒的な毛細血管 | トップページ | 148鞍目、まだまだ姿勢がなっていないのだそうだ »