« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

読書メモ160823

「戦艦武蔵」  吉村昭

同じ著者の短編集(現代小説)を読んだことがあったが、ドキュメンタリーは初めてだ。
元々は、小説よりそちらの名手であるらしい。

戦艦武蔵の誕生(海軍省による計画)から死(沈没)までを、淡々に描いている。
人間の主人公は、存在しない。
主人公は、物言わぬ一艦のみ。

今では建造の秘密は最先端のエンジニアリングに頼るのだろうが、竹のスダレで覆い隠すという泥臭さが、時代を感じさせる。
細かい描写は無いが、砲塔やその他の設備が記された2面図や損傷を受けた箇所の推定図が付与されており、エンジニアリング的にも満足。
戦艦にまつわる政治的・社会的背景も簡潔に描かれていて、当時の雰囲気を容易に掴むことが出来る。

発行は40年以上前だが、新品の文庫本で買ってもお得な1冊だった。
Dscn0596
「私の暮らしかた」  大貫妙子

2006~2013年の日常を綴った、シンガーソングライターのエッセイ集。
マジメにCDを聞き込んだことのないシンガーだが、CMソングなどで耳にする曲は好ましいと感じていた。

立ち読みして、すんなり飲みこめる文章が気に入って、これも新品で買ってしまった。
職業も生活環境も違うが、自分の興味範囲と重なる部分が多い。それでいて、自分の不足している知識を分け与えてくれた。

フツー、ゲイノー人のエッセイは毒にも薬にもならないものだけど、読後に少なからず読んだ甲斐があったと思わせたのは、著者が聡明な「音楽家」だからなのだろう、きっと。


| | コメント (0)

圧倒的な毛細血管

関東各地で台風の被害が出ているが、ここ熊谷周辺は相変わらず被害が少ない。
高崎線の運休くらいか?

以前に少し触れたけど、それは空からの給水に比べて多すぎるくらいの川や用水路で排水が滞りなく行われているおかげだと思う。

それが分かるのが、「川だけ地図」。
中でも、このURLでは通常の地図と比較できるので、分かりやすい。
Kawadake
埼玉東部の圧倒的な毛細血管っぷりを、どうぞお楽しみ下さい。

| | コメント (0)

江南台地の縁を行く

熊谷市街からまっすぐに南下して、ゆるやかで標高差わずかな登り坂が現れたら、登らずに右折して台地の縁を進む。江南台地の縁だ。
Dscn0581

江南台地から荒川までの低地は、田畑が広がる。
ごく稀に、ぶどうも実る。
Dscn0582

土地が余っているので、貨車も打ち捨てられている。
Dscn0583

先日見つけた、三本遊水路。
Dscn0590

縁を辿れば、木陰を見つけやすい。
熊谷周辺では、貴重な木陰。
暑さを自慢するくらいなら、人工霧を作るくらいなら、木陰を作れば良いのに。
Dscn0594
帰宅する頃には、32℃を超えていた。

| | コメント (0)

盆休み2016

8/11-15までは盆休みだったが、特に遠出もせず。
午前中は
・2時間のサイクリング
・1時間の水泳
・草刈等の家事
のどれかに費やし、午後は大概
・読書
・DVD鑑賞
・オリンピック観戦
を組み合わせて過ごした。

サイクリングでは深谷・熊谷・行田の域を出ないものの、シオカラトンボが乱舞し、アカガエルが大量に蠢く水辺をあらたに見つけ、静かに楽しんでいた。
Dscn0546

Dscn0555

Dscn0556_r1

DVDは「名作と呼ばれる作品は一応視ておきたい」というヨメに同意して、以下の3点を借りてみた。
「ゴッドファーザー PARTⅡ」
「サウンド・オブ・ミュージック」
「北北西に進路を取れ」

他の2点に比べて「サウンド・オブ・ミュージック」は子供向けかと敬遠していたのだが、食わず嫌いは良くないと思わせるだけの良作であった。
二度見ようとは思わないが。

「北北西に進路を取れ」は、「ダイヤルMを廻せ」が無かったので、仕方なく借りたものである。
視て損はしない作品だったのは良いが、ヒッチコック作品が一通り在庫に無いというのはレンタルDVDショップとしては致命的であると思う。
(その前に1/3、いや2/5の棚を韓国&中国ドラマが占めるというのは異常)
少なくとも近所のツタヤは、いわゆる「オワコン」として極めて個人的に決定付けられた。

この先古い名作映画(アカデミー賞またはカンヌ受賞作のレベル)を楽しむには
・DVDを買い揃える
・衛星放送の契約
・オンデマンド型のネットサービスの利用
の三択となるが、DVDを買い揃えることは現実的でなく、他のサービスも安価ではあるが、毎月定額を支払うほどのものではないように思える。

ツタヤのカードの有効期限が秋に切れるので、安価に映画を視るためにはどうしたら良いか、それまで悩むことになるだろう。

| | コメント (0)

「那須三大がっかり」のひとつ

今日の朝は、特にあてなく那須岳方面へ。
ロープウェイの駐車場は満車、そこより少し奥の茶屋の駐車場もほぼ満車。
晴れていれば眺めが良いだろうが、曇り空で長居する場所でもなかった。

その後、「那須平成の森」というところに立ち寄った。
往復3kmほどの森の散策が出来るというので、入ってみる。
D7l_8525

駒止の滝を目指してみたが。。。遠くてがっかり。
D7l_8532
「那須三大がっかり」のひとつとして、挙げておきたい。
D7l_8531

数は少ないながらも、ヤマユリが見られたことは幸い。
D7l_8536

山を下って、今日も昨日と同じパンの昼食。
午後も昨日と同じ図書館へ。
今日は、80年代のお気楽エッセイを眺めた。
あまりのくだらなさに、あの時代は何だったのかと考え込んでしまった。
Dscn0540

| | コメント (0)

サギソウが咲いてるよ、と教えてもらった。

東北本線 黒田原の駅前駐車場(無料)にクルマを停めて、PANTO出動。
Dscn0482

吉の目湧水で、ボトル2本の水確保。
Dscn0492

地図もGPSも持ってきていないので、適当に道を繋ぐ。
Dscn0505
Dscn0507

湿原に立ち寄ったら、高山植物の撮影をしていた人と話しこんだ。
Dscn0517

その人に、絶滅危惧種のサギソウが咲いてるよ、と教えてもらった。
Dscn0514
Dscn0511

川沿いの県道を伝って、黒田原駅に戻る。
Dscn0529

昼食は、ローカルスーパーのパンで済ませる。
今回は、あまりお金を使いたくない気持ち。
Dscn0536
Dscn0534

午後は、図書館で地元資料を漁る。
製鉄遺跡の発掘報告なんて、興味深かったね。
Dscn0537
Dscn0535

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »