« 盆休み2016 | トップページ | 圧倒的な毛細血管 »

江南台地の縁を行く

熊谷市街からまっすぐに南下して、ゆるやかで標高差わずかな登り坂が現れたら、登らずに右折して台地の縁を進む。江南台地の縁だ。
Dscn0581

江南台地から荒川までの低地は、田畑が広がる。
ごく稀に、ぶどうも実る。
Dscn0582

土地が余っているので、貨車も打ち捨てられている。
Dscn0583

先日見つけた、三本遊水路。
Dscn0590

縁を辿れば、木陰を見つけやすい。
熊谷周辺では、貴重な木陰。
暑さを自慢するくらいなら、人工霧を作るくらいなら、木陰を作れば良いのに。
Dscn0594
帰宅する頃には、32℃を超えていた。

|

« 盆休み2016 | トップページ | 圧倒的な毛細血管 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盆休み2016 | トップページ | 圧倒的な毛細血管 »