« 95%もツライの?? | トップページ | 猫とカワウの散歩道 »

エコノミータイプのバッテリーは2年半30,000kmが寿命だった

朝、セルがぐずった。
何とか、火は点いた。

原因はバッテリーだと考え、すぐに買いに走った。
これまで2度も同僚の手を借りてるから、今度こそ自分で始末を付けたい。

買ったのは、今まで同様ホームセンター。
カー用品店も覗いたが、どうしても値段で考えるとホムセンになってしまう。

買ったモノも前回同様GSユアサのエコノミータイプだが、2割高くなって¥16,000。
2年半で、何でこんなに高くなってるんだよ。。。

そして、交換のとき、またもターミナルが割れた。
今度はプラス側だ。
今度もケーブル側のクランプ金具が外せないので、無理やりターミナルを締め付けた。おかげで絶縁カバーが役目を果たしていない。
Dscn0663
Dscn0664
何かのおりにクルマ屋に相談するとして、とりあえずはこのまま。


過去の関連記事
2005年「バッテリーご臨終させた」
2014年「8年3ヶ月を経過したバッテリーが死んだ」

|

« 95%もツライの?? | トップページ | 猫とカワウの散歩道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 95%もツライの?? | トップページ | 猫とカワウの散歩道 »