« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

伊豆ヶ岳

問題を抱えているXRだが、動くからには動かしたい。
秩父まで行って、少しだけ山も登りたい。
横瀬と飯能の境にある、伊豆ヶ岳を目指した。

気温は、熊谷,長瀞,秩父と3段階で異なる。
R299に入ると、オーバーパンツを穿いていない下半身に寒風が突き刺さる。

R299では気温だけでなく、道路の様子も異常だった。
猿が電線(?)を伝い走り、道端ではセダンが腹を見せて転がっていた。
凍結していたとしてもその状態になるなんて、ある意味相当な腕だな、おい。

登山口に着いたのは、10:00過ぎ。
マイナー裏ルートだから、クルマが1台きり。
Dscn1240

林道を200mほど進んだところで、沢に下りる。
橋を渡って、木の階段を登ってゆく。
Dscn1243

Dscn1244
稜線上の杉林を進む。花粉症のヒトは来てはいけない。
Dscn1248

道端で座り込んで休憩している、おばちゃんがいた。
「道を教えて欲しい」とな。
「地図持っていないのだけど、ここから正丸駅までどう行けばいい?来た道を戻るのは味気ないからねえ」
まともな地図の代わりに、雑誌のコピーのイラスト地図を見せてきた。
その装備なら、来た道を戻ったら?。。。ま、案内標識は多いから駅までは容易いだろう。自分の来た道の説明だけして、別れた。

突如現れた鎖場。
落石すると注意書きがあったので、パス。
Dscn1250

鎖場を迂回すると、すぐにピーク。
スタートから1時間後に着いた。
Dscn1252

Dscn1253

東南の展望が良い。
うっすらとスカイツリーや高層ビル群が見える。
Dscn1256

Dscn1257

山頂で珈琲。大きな岩の陰で、風を凌げる。
Dscn1258

帰りは、来た道を戻る。別のルートもあるけど、舗装路を歩くことになるから避ける。舗装路歩くと、走り屋きどりにハネられそうだ。

途中、ダウンジャケットを着て辛そうに登ってくるおっちゃんがいた。
そのカッコでは暑いんぢゃね?
脱いだ方が良いですよと声かけようとしたが、余計なお世話だな。

沢を渡る橋が見えた。
ゴールだ。
Dscn1260

ザックを固定して、帰宅準備OK。
作っておいた4本のストラップが役に立った。
Dscn1261

昼食は家で摂る予定だったが、家に着くのは14:00過ぎになりそう。
仮補給と土産を兼ねて皆野で饅頭購入、帰宅は予想通りの14:15。
Dscn1262

| | コメント (0)

XRのバッテリー上がり対策を施したつもり

長さ300mmのコードの両端に丸型端子を付けたものを、2個作った。
Dscn1233
コードは、手持ちの12V20Aまで許容できるもの。
Dscn1237

それを、バッテリーのマイナス端子に接続する。
バッテリー上がり防止のために、当分乗る予定のないときは画像赤円内のボルトナットを外しておく。これで、マイナス端子を外したことと同じ効果を目指す。
Dscn1234
もっと簡単に遮断スイッチが販売されているが、
1.バイク用に適当なものが無いこと
2.スイッチそのものを壊す危険があること
3.すぐに現状復帰できる
という理由から採用を見送った。

XRの場合、バッテリーのマイナス端子へアクセスするためには3本のボルトを緩めてサイドカバーを外すことが必要なのだが、この作業が無くなるだけでも作業短縮効果は大きい。

ついでにオイル交換もして、作業終了。
1時間ほど走って、調子を見る。
Dscn1239
単純な配線だから問題ないと思っていたら、デジタルメーターの非表示,ハイビームが点かないという不具合が発生。
ヒューズは切れていない。そもそもメーターとハイビームの単独ヒューズではないし。
フレームに接地させたことが原因かと外してみても、改善しない。
配線図見直しても、不具合出るような配線には見えないのだが。。。

| | コメント (0)

XRのバッテリーを買ったショップが最高だった

XRも台湾ユアサを避けて、日本製古河を選択。

ぐぐった結果、最安値は千葉の自動車用品卸問屋
楽○市場のショップゆえにwebサイトの使いづらさにはイラつくが、amazonは「リサイクル品で短寿命だった」「充電済みで短寿命だった」などのレビューが目立ち、選択肢から外した。

楽○市場の中でも事務所所在地が新宿などの店は外し、古くから営み、堅実な商売をしていそうなこの店に決めた。GoogleMapで会社外観までチェックしちゃったよ。

結果、自分の目に狂いはなく、すばやく配達された。
箱を開けると、梱包材を兼ねたと思しきオマケが目に入った。
洗車にどうぞ、とマイクロファイバータオルが入れられていたのだ。
Dscn1200
加えて、初期不良対応案内やバッテリー取り付け手順を記したチラシがクリアファイルにまとめられて同梱されていた。
Dscn1201
クオリティ高し。
Dscn1202

Dscn1203
webに謳っていた通り、未充電のバッテリーが入っていた。
Dscn1204
価格は、軒並み¥6,000超の他店をなぎ倒した¥5,800。
難解の半額以下か。。。問屋が小売すると強いのう。

| | コメント (0)

暴風小沼

先日とは逆ルートで長七郎山に登るべく、赤城山に向かった。
スタートの鳥居峠に着いたが、暴風でクルマの外に出るのがツライ。
このとき、8:30。電光掲示板の気温表示は、-11℃。
Dscn1211
2,3時間待てば風も止むかな、と考えて周囲をぐるり。
すると、地蔵岳登山口駐車場にインプの若者独り立っていた。
聞くと、除雪された雪の壁に突き刺さり、動けなくなったらしい。
JAFは呼んだが、路面に陽の当たる時刻まで待てとのこと。

牽引ロープは持っているから、と引いてみたらブチっと切れた。
コレって、こんなに弱かったのか。
Dscn1217

暇に任せて相手をしていたら、9:30頃にJAF登場。

そんじゃーねと小沼の駐車場に戻り、スノーシューの準備。
風は止まないけど、小沼一周だけしてみよう。
Dscn1218

半周過ぎたところで、小休止。
うーん、楽しくないわけではないけど、ツライ要素が多いな。
帽子の防寒が弱いようで、冷えてアタマが痛くなってきたし。
やはり、このまま一周して帰ろう。

2/3を過ぎたところで、地面が凍っているところが多いことに気が付いた。
スノーシューを脱いで、軽アイゼンにチェンジ。
こんなこともあろうかと、準備しておいたのだ。この6本爪のものなら¥5,000以下と安いし。
Dscn1222

効果があったのは、数10m。
再び足が潜るような地面になってしまった。
何とか駐車場に戻ったときには、お腹いっぱい。
まだ昼前だったが、下山して湯に浸かった。

| | コメント (0)

156鞍目、自由にプチ障害

いつもより遅れていったのに、駐車場に停めてあるクルマは少ない。
降雪量は少ないとはいえ、群馬の厳冬期は行動が抑制されるのか。

1ヶ月も間が空いてしまって緊張するも、5人組の最後尾に着くことが出来て少し気が楽。

久しぶりの割りに上級者クラスに入れられたが、速歩,駈足は何とか付いて行ける。

基本的な運動のあとは、皆さん大会が近いせいか、障害コースで練習。
自分も勝手に走って良いと言われ、低い障害のみ速歩で越えてみる。
今日の馬は動かすにつれ止めにくいので、駈足は出さずに済ませた。

数人が同じコースで勝手に走るというのはなかなかにカオスで危ない気もしたが、イントラの指示以外で馬を動かすのは楽しくもあり、今までに教えられたことを自分で考えて出し切るわけだから、非常に良い練習となった。


レッスン後、付いてきたヨメと一緒に昼食&温泉。
昼食は軽く安くソバでも、と初めての店に入ったら爆盛りの店だった。
天ぷらは持ち帰りがデフォのようで、自然に持ち帰り袋を渡された。
Dscn1207

↓店名がシブいのよ。「街道」と書いて「みち」。
Dscn1208

旧高山村まで来ると、残雪が多い。
Dscn1209

| | コメント (2)

16年間,17万kmオーバーで初めてヘッドライトバルブが切れた

左右のハイビームが、同時に点かなくなった。
ヒューズは切れてないし、左右同時ということは球切れ以外の原因か?とディーラーに持っていったら、単なる球切れ。

エクスの場合、助手席側は補機類外すの面倒だから(しかも寒空の下)、その場で交換を依頼した。
すると、「スモールランプもナンバー灯も切れてますが?」。
3日前にスモールのみ点灯で走ったときは異常なかったのに。。。もういいや、全部交換しちゃって。
その結果、すべてのバルブ交換で工賃¥3,000。。。プロに灯火系総点検してもらったから、仕方ないか。

費用のことはさておき、ヘッドライトのバルブが切れたのは今回が初めて。
16年間,17万kmオーバーで、初めて。
これほどの寿命とは思わなかった。
HIDバルブ(ロービーム)の寿命は、いつ来るのだ。

| | コメント (0)

MD30にD603換装

ある日、XRで出かけた帰宅後に、リアタイヤに突き刺さった木ねじ発見。
ついでにタイヤ交換するか、ON寄りのD604は思いのほか使い勝手悪いし。。。と、それから半年放置。

今日、思い切って前後交換。
今度は、同じダンロップのD603
D603よりON寄りのD605でも良かったが、ちょうど売り切れたばかりで入手できず。
値段は同じだから、D603でも良いよと交換を依頼した。
Dscn1194
自走できないので、ホイールごと外してショップ持込。
自走だと、ビードストッパー付きの場合の工賃は¥3,700。
それが、45%OFFの¥2,000。
クルマのガス代もカバーして、なおお得。

結局チューブとリムバンドも交換して、総額¥21,000なり。

| | コメント (0)

中間平、釜伏峠、武甲山

Dscn1164


Dscn1169


Dscn1173


Dscn1170


Dscn1178


Dscn1182


Dscn1186


Dscn1187


Dscn1188


Dscn1189


Dscn1191


Dscn1183


Dscn1185


| | コメント (0)

半日杣人

裏庭の桑の木を伐採した。
Dscn1149
勝手に生えてきたもので、西日を遮るからちょうど良い、と放置していたらアメリカシロヒトリが大量発生して隣家にも迷惑かけてしまった。
それに、強風の日は壁を叩いて、非常にうるさい。

比較的真っ直ぐなものは何本か残しておいて、あとは焚き火でもしようか、と。

最近は乾燥しすぎて危ないから、春先くらいかな。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »