« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

R140の隙間を埋める

寄居~長瀞間を、R140を可能な限り使わずに走ってみたい。
寄居の運動公園にクルマをデポして、スタート。
Dscn1503


Dscn1504

波久礼駅に裏から侵入。
Dscn1505


Dscn1508

地元のばあさまに聞いたが、波久礼駅から長瀞に抜けられる道は無かった。
樋口までの一駅だけ、輪行する。¥240なり。
下画像は、樋口駅ホーム。
Dscn1512

ここまで荒川の水が来たんだぜ、という印し。
Dscn1513

Dscn1514

「水」の文字、読める?
Dscn1515

R140の南側を往く。
Dscn1516

Dscn1519

上長瀞の博物館前の林で昼食。
Dscn1522

おにぎり2個のみ。
Dscn1525

企画展「骨と皮」を見た。
Dscn1527

博物館を出た後、R140の北側を寄居方面に戻る。
ここも「アルプス」かっ。
Dscn1532

ハイカー向けの地図を確認。
波久礼駅の北側1kmほどは、R140を歩けっていうことか? 歩道あったっけ?
Dscn1533

Dscn1534

Dscn1535

Dscn1536

大わらじ見っけ! やはり旧街道か。
Dscn1541

Dscn1539

軽トラなら通れるかも。
Dscn1543


Dscn1544


Dscn1546

バイク1台分、または自転車2台分。
Dscn1547

山は終わった。。。
Dscn1548

R140の歩道を行く。
Dscn1550

Dscn1551

波久礼駅の北側900mは、やはり歩道は無かった。
ここだけ、クルマの障害物となって走った。
幸い交通量が少なかったので、自分の予想よりは迷惑はかけてない。。。つもり。
Dscn1552

ほぼゴール、の橋を渡る。
Dscn1555

ルートは、以下参照。

| | コメント (0)

Blue Eggs (1)

居間にいると、東側の雨戸のあたりがかさかさ&かりかりとうるさい。
軒先にスズメが止まっているのだろう、と特に気にしなかった。

ある朝、出勤時に外に出ると、件の雨戸の戸袋から一羽の鳥が出てきた。
ナニィ?と雨戸を観察すると。。。
Dscn1489

枯れ草がはみ出ている。
巣材ぢゃねーか、コレ!
Dscn1490

中を覗くと、青い卵が5個。

Dscn1496_rev1

調べたら、ムクドリらしい。
しかも、戸袋に巣作りされた例も多数出てきた。

面白いので、とりあえずそのままにしておく。
採光は南側だけで充分だし、断熱のためにも開けることは少ないのだから。

| | コメント (0)

大正池が気になっていた

土曜は休出だったし、午前は食料の買出しだったし、もう今日の午後しか空いてない。
向かった先は、ついこの間も登った鐘撞堂山
コースを少しだけ変える予定。
そのために、1/25,000地形図を引っ張り出す。平成6年版だが。
Dscn1436

今日はGSで。
Dscn1437

花が何種類か咲いてると思ったが、目立つのはツツジのみ。
Dscn1449

Dscn1457

カナヘビにしては尾が短いが、天敵に切られたか。
Dscn1462

北側の谷津池を望む。
Dscn1465

午後は、山頂にも人が少ない。
10分ほど、展望台独り占め。
Dscn1469

気になっていた、大正池へ折れる。
Dscn1473

中腹は竹林。
Dscn1474

さらに下ると、沢沿いの道。
Dscn1480

集落に出たら、こんな看板。
イノシシ・シカを仕留めたら、流通させて欲しい。
Dscn1482

これが、大正池か。
トイレと東屋が完備で、なかなかよさげ。
Dscn1484

舗装路を30分ほど歩くと、スタート地点へ。
ポールを置き忘れたのは、さっきすれ違ったプリウスのヒトかなあ。
Dscn1487

以前PANTOで寄った和菓子屋で、お土産買って帰宅。
Dscn1488

| | コメント (0)

エクストレイル リアハッチダンパーの交換

3ヶ月前に注文したダンパーが届いた。
2本で¥30,000。

高い。。。!
一般機械部品だと¥5,000以下レベルだと思うのだが。
専用ブラケットとボルトコミでも高すぎるよ。
Dscn1431

代替品があるとは思えないので、諦めて作業に入る。

ボールジョイントを掴んでいる、ダンパー側の板バネをマイナスドライバーでコジって緩める。
Dscn1429

さらにボディ側のボルト2本を緩めて、外す。
Dscn1428

取り付けは、ボールジョイントにダンパーを押し込んで、ボルトを締め付けるだけ。
左右2本とも、30分とかからない。
部品代は高かったが、工賃節約できただけマシか。

新品が入っていた袋に旧品をいれたとき、気付いた。
ボールジョイントもセットで入ってたのかあ。
Dscn1432
荷台の色と同じだから、気付かなかった。
錆びてる様子もなかったので、そのまま旧品を使うことにした。

| | コメント (0)

皆野アルプスの名は伊達じゃない

もう1ヶ月もまともにカラダを動かしてない。
ストレスMax、近くでいいからどこか登ろう、と秩父の外れの破風山に向かった。

少し迷いながら、登山口到着。
Dscn1376

Dscn1379

上の登山口を示す看板を撮り終えたとき、斜面の上に何かいることに気付いた。
Dscn1380

カモシカだっ!
めっちゃガン見してる。。。
Dscn1378

しかも近付いて来るし。
Dscn1383

「カモシカの民俗誌」(鳥海隼夫 著)によると、カモシカは好奇心が強く,頭が悪いという。かつては人の踊る様を見に来たところを捕らえた、という猟が行われたとのこと。

。。。それにしても、好奇心ありすぎだろ。
ココイナカとはいえ、民家&交通量多めの県道37号線沿いなんだよっ?

数分間対峙した後、飽きたのか、カモシカは林の中に消えていった。

この山域は、皆野町観光協会では「皆野アルプス」と呼んでいる。
なんだよ「アルプス」って、大げさな。。。と思っていたが、その呼び名は伊達ではなかったな。

県道から舗装路を登ると、クルマは厳しいけどバイクを停めるスペースはあった。
10:50、ここからスタート。
Dscn1384

がさがさっと音がしたら、カナヘビ。
Dscn1392

狭いながらも歩きやすい。
Dscn1397

峠近くの廃屋。
「奥武蔵・秩父 峠歩きガイド」(大久根茂 著)には、かつての住人の生活が記されている。
Dscn1398

スタートから30分後、札立峠到着。
Dscn1399

Dscn1400

行く予定はなかったけど、峠を西側に折れて大前山方面に進む。
すると、そそり立つ岩が。
もう、何でもかんでも神様として見るよな、この国は。
Dscn1405

このルート、死にはしないけど落ちたら骨折確実な箇所が多い。
ただの稜線歩きと見くびっていた。
危険を感じ、この地で引き返す。
Dscn1409

峠に戻り、今度は東側の稜線を進む。
ほどなく、目的地の破風山頂に到着。
ちょうど、正午のサイレンが鳴った。
Dscn1417

山頂からの眺め。
Dscn1416

昨夜の残りで、弁当作ってきた。
今日はガソリン代しか使わんぞ。
Dscn1420

昼食後ぼーっとしてたら、風の音が強くなった。
山頂は、風の影響は受けないが。

艫岩が見える西の空が、かなり暗い。
やべっ、今日レインウェア持ってきてないんだよな。
雨は15:00以降だと思っていたから。
Dscn1422

そそくさと下りて、13:30撤収。
Dscn1425
熊谷市内に入って雨粒が2,3滴シールドを叩いたが、それ以上は濡れなかった。
15:00、無事帰宅。

| | コメント (0)

比企花見

雨上がりに、比企散策。

寄居町 今市地蔵周辺,市野川沿い
Dscn1347

小川町 四津山神社周辺
Dscn1352

Dscn1355

| | コメント (0)

鉢形城のエドヒガンとカタクリ

どちらも満開だった。
D7l_8788

D7l_8775

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »