« 渡欧メモ4 インターネット | トップページ | 渡欧メモ6 持物リスト »

渡欧メモ5 鉄道

■ジャーマンレイルパス
「フランクフルト空港着,ミュンヘンでバイクレンタル」と決めたときから、鉄道の利用は不可避。
往復のICEを安く乗る方法は無いかとぐぐってたら、「ジャーマンレイルパス」というチケットを発見した。

DB(ドイツ鉄道)のすべての車両が、連続または任意の期間乗り放題というパスだ。
渡航前に、日本でも購入できる。

購入したのは、「任意の3日間有効」のフレキシータイプ。
現地価格は、200€。
日本購入価格は、¥27,000。
今回の両替レートでは、日本で買った方が¥1,000お得だった。

下調べでフランクフルト~ミュンヘン間を当日買うと往復200€かかることは分かっていたので(早割りでもっと安くなるらしいが)、往復する分だけでも相殺できれば良いと思って買った。

日本語のガイドも同封されてきたので、安心。
購入先は、このサイトが安くて早かった。

初回利用前に必要なバリデーションという手続きは、DBの窓口でしてもらう。
パスとパスポートを差し出し、「ばりでーしょん、ぷりーず」。
いつから使うの?と聞かれるので、「つでい」。
で、完了。
Db_pass
ドイツの駅に改札は無いので、列車に乗ったあとに車内で検札に見せるだけ。


■指定席
DBのアプリを使って購入できるが、使い方がよく分からず、駅の窓口で購入した。
まず窓口に行き、整理券をもらう。
Img_20180929_141117762_hdr

↓整理券
Img_20180929_141219306

↓複数のディスプレイに自分の整理番号が表示されたら、窓口で希望を伝えて購入する。
Img_20180929_141209350_hdr

↓指定席のチケットは、なぜかA4サイズ。この他に、もう一枚英語の説明書をくれた。
Img_20181013_221211345_hdr

↓指定席は、列車の窓の上に表示される。
Img_20180929_153830957
何も表示がなかったら、空いてるという意味。
空いてると思って乗ってると、ある駅から突然表示されたりする。
で、指定席を取った人が乗ってきて、「そこ、私の席なんだが」と退去を要求されたり。


■近距離
その他は、駅の券売機で切符を買う。
券売機は多言語選べるので、英語を選べば問題なく買える。
但し、行きたい駅名は正確に把握しておくことが必要。
Dscn3045
日本のような改札はないが、切符への打刻が必要。
ホームへ行く途中には高さ1mくらいの鉄パイプの上に箱が載ったものがあるので、その箱のスリットに切符を入れると「バチン」と打刻してくれる。
Dscn3046

|

« 渡欧メモ4 インターネット | トップページ | 渡欧メモ6 持物リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渡欧メモ4 インターネット | トップページ | 渡欧メモ6 持物リスト »