« 渡欧メモ12 精算 | トップページ | エクストレイル、始動不能(2) »

エクストレイル、始動不能(1)

セルは回る、ガソリンは来ている(ガス臭い)。
プラグが着火していない雰囲気。

プラグを外すと、4気筒のうち3気筒が真っ黒。
カブっているのか。
Dscn3313
そろそろ交換しようと思っていた、買い置きの新品を引っ張り出す。
ギャップ1mmを確認してから、前回から実に54,000kmぶりに交換した。
Dscn3314
が、交換の甲斐なく、始動不能。

ディーラーへ持って行くために、JAF出動要請。
JAF隊員は「かかるかも知れない」と、予備バッテリー接続して、エアクリーナーBOXを開けたままの状態でセルを回した。
少しアクセルを開け気味に回し続けると、始動出来た。

そのまま単体でディーラーに行き、チェックしていただくも原因不明。
そういや半年ほど前、同様の症状でイグニッションコイルの交換を奨められたっけ。
半年前とは別のディーラーメカは特に奨めはしなかったが、一度も交換していないのであれば無駄ではない、との曖昧な回答。

ともかく、4本まとめてというのは高額ではあるが、イグニッションコイルの取り寄せを依頼した。

|

« 渡欧メモ12 精算 | トップページ | エクストレイル、始動不能(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渡欧メモ12 精算 | トップページ | エクストレイル、始動不能(2) »