« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

裏からパッチで¥2,160

雨のホムセン駐車場、買物後に帰るかとクルマを前に進めたら、ダンダンダンと妙な振動。
この駐車場ってこんなに路面悪かったっけ?と不思議に思い、再び駐車スペースに停車。
クルマが、左に傾いている・・・パンクか!

外に出ると、助手席側前輪の空気が完全に抜けていた。
雨なのに・・・でも、JAF呼ぶより早いからと自分でスペアと交換、そのままタイヤ屋に直行。

客の少ない平日昼間が幸いし、すぐに作業開始。
30分ほどで修理完了。

裏からパッチ貼ってもらって、料金は¥2,160。
安っ!

GSとか自動後退とか、表からの接着でもそれ以上取られるのに。
ありがたいけど、作業をしてくれた若者の将来が少し不安。
微妙な満足を抱えたまま、無事帰宅。

| | コメント (0)

マスツーwith鯰

河川敷ダートを走るという、ショップ主催のツーリングに参加した。
往路は舗装路で、昼食摂って解散も可というのでオンロードな方々も参加、総勢25台が道の駅 玉村宿に集まった。

9:30過ぎ、出発。
往路はR354、クソ面白くない舗装路だが、片側2車線以上なので比較的スムーズ。

正午前、板倉町の雷電神社に到着。
結構、参拝客が多い。有名なの、ココ?
Img_20190224_113021461_hdr

昼食は、神社前の食堂で。
売りは、鯰料理。
Img_20190224_113706104_hdr
美味しかった!と言い切るには、チョイ不足。
一回だけ、ネタとして食べるだけで充分。
Img_20190224_115203819_hdr

昼食後、待望の河川敷ダート。
県境の刀水橋を埼玉県側に渡り、上武道路(R17BP)の新上武大橋下からダート突入。

架け替え中の上武大橋下で、集合写真。
ここで、一旦解散。
Img_20190224_144119636_hdr

R462坂東大橋までを、各自自由に走って終了。
Img_20190224_151322918
解散のタイミングがイマイチで、参加者たちとはオフ談義が不完全なまま終わったことが残念。

| | コメント (0)

河川敷トラップ

高崎の歴史博物館の帰り、利根川河川敷を使って帰ろうと思い立った。
轍を辿れば、深谷あたりまでは楽しく帰れるはず。

あるところで、轍が大きくぐるりと弧を描いた。
たどり着いたのは、小石が敷かれた広場のような場所。

こんな行き止まりあったっけ?
と訝しげに、草の生えたところを土手までショートカットしようと進んだ。

草地を3mほど進んで、動かなくなった。
地面を見ると草は砂地に生えており、後輪が砂地をえぐっている。
スタンド無しで直立。
スタックした。

草が生えてるから、地面が見えなかった。
草が生えてるから、しっかりした土だと思い込んでいた。

どーすんだ、コレは。。。後輪に石や枝をかませたり、雪道の毛布のようにジャケットを敷いたりしたが、まるで歯が立たない。

仕方なく、一旦横倒し。
前輪を引きずって、方向転換。
再び車体を立てて、乗らずにアクセルオン。
で、何とか脱出成功。
Img_20190210_160126389_hdr
簡潔に書いたが、この間1時間近く、悩んで動いて途方に暮れてを繰り返した。

800って、うかつに独りで走れないな。。。と思ったが、ポジティブに考えればこれで経験値は上がったということ。これからも、何とかなるかも。

| | コメント (0)

初雪堂平2019

尾てい骨はまだ痛いけど、フツーの林道くらいはイケルかな?と堂平を目指した。
先日の山火事も気になっていたし。

天文台の分岐・白石峠まではときがわ町側から登って行けたが、そこから先は3方向とも雪が残っていた。

秩父へ
Dscn3363

天文台へ
Dscn3364

天文台への道にトライしてみたが、100m進んで登れなくなった。
チェーンもなく、タイヤのエアも1kg/cm^2のままでは無理だった。
Dscn3365

帰りにコンビニで、缶コーヒー飲みながら店主+その知り合いと雑談。
山火事の原因は、不明だそうだ。
また、この辺はよく山岳遭難救助のヘリが飛んでるらしい。
ちょうど飛んでいたヘリを見上げながら、店主は「また滑落か?」と眺めていたが、滑落するようなトコロあったっけ?

コンビニに住み着いた野良猫
Dscn3367

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »