« 裏からパッチで¥2,160 | トップページ | 伊那(1) »

雪融け坊谷山

ヨメが南魚沼に移住した友人に会いにゆくというので、送りがてら自分は坊谷山(ぼたんやま)をプチハイク。
先月のヤマケイで紹介されていた山だ。

クルマ3台分が確保された登山口から。
Dscn3384

Dscn3385

スノーシューをかついで行ったが、地表は半分凍った状態で登山靴だけで登れた。
Dscn3386

Dscn3387

Dscn3389

登山口の案内板通り、40分で登頂。
Dscn3390
山頂の標識に「→頂上」と書いてあるのは、隣の愛宕山のピークを示していた。
隣の愛宕山の高さは、321m。
今、この坊谷山の高さは、306m。
低い方のピークが「坊谷山」と称して代表しているのは、何故なのか。

珈琲一杯分、休憩。
Dscn3395

左下から右上へ伸びる線は、関越。
Dscn3396

帰りは、往路を戻る。
念のため、アイゼン履いて。

駐車場の傍らには、人工水路を雪融け水が流れている。
ドロドロのアイゼンを洗うことが出来て、便利。

今度は、初夏に来てみたい。
雪さえ無ければ、バイク用のブーツでも気軽に登れるだろう。

|

« 裏からパッチで¥2,160 | トップページ | 伊那(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏からパッチで¥2,160 | トップページ | 伊那(1) »