« ブースターケーブルの末期 | トップページ | タントの車検チェック »

工具箱の整理

小さい8mmレンチが探しづらくなってきた。
Dscn3438
もうひとつの「2軍」の工具箱も在り、合わせると
・虫回し 3本
・プラハン 4本
・#2プラスドライバー 4本
・タイヤレバー 7本
と、かなり重複していることが分かった。

捨てようとされていたときに、かなりの確率で拾ってきたことが原因だということは分かっている。もうしない、と断言できないのがツライところ。

同じ機能のもの、特殊な使用用途のものを省いて、残りは磁石で空間を拡大して収納する。

試しに、¥100ショップで3種類の磁石を購入。
Dscn3437

直径60mmのものが、いちばん使いやすいかな。
工具を取るときにズレなくて。
Dscn3439

試行錯誤の末、このように並べた。
Dscn3446
Dscn3447
全然マシになった。
特にいちばん上の取り出しやすさが、格段に。

工具箱に入らなかったKTCの12mmTレンチは、ハンドルを250mm→200mmに切断して収納。
Dscn3445
満足。

|

« ブースターケーブルの末期 | トップページ | タントの車検チェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブースターケーブルの末期 | トップページ | タントの車検チェック »