« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

しとしと中津川林道

10:00出発、初めてバイクで皆野寄居有料道路を通った。
¥310で14km/12分、今や秩父市蒔田のR299まで接続できるのだから、割とコスパ良いかも知れない。

道の駅大滝温泉で昼食。
ココも初めて。
蕎麦が予想外に旨かった。
Img_20190726_114351280

仮目的地の「彩の国ふれあいの森」で休憩、のつもりが1時間昼寝。
ハンモックがあったもので・・・
Img_20190726_125502590
Img_20190726_131919383_hdr

せっかくだからと、開通間もない中津川林道に突入。
GSでは初めて。
D7l_9452_r1
チビたリアタイヤでパンクに怯えながら走破、三国峠はしとしと雨。
Img_20190726_152425334_hdr

十石峠越えで、折り返す。
雨は降らないながらも、交通量皆無。
もう18:00だから、当然か。
Img_20190726_181245932_hdr

変わり果てた道の駅上野で小休憩、のつもりが自販機&ベンチが撤去され、それもままならない。
何が何でも金を落とさせようという意思が見えて、萎える。
Img_20190726_184650437

20:30、自宅着。

| | コメント (0)

FC-MOTOでジャケット&トラウザースを買った

FC-MOTOを利用して、ジャケット&トラウザースを買った。
国内代理店を持ってる割に試着が出来て在庫を持ってる販売店が少ないので、サイズチャートを参考に最悪交換も考慮した上で発注した。

7/4 深夜に注文。
7/12 ショップ発送。
7/24 本日到着。
Img_20190724_104437619
注文してから発送まで1週間もかかっているのは、自社で在庫を持っていないからかも。
ジャケットのメーカーは、オランダが本社。
ひょっとしたら、メーカー自体が欧州各国には販売・流通拠点を持たず、オランダ~ドイツの発注・発送日数がかかっているのかも知れない。

価格は、以下の通り。
ジャケット  ¥28,971
トラウザース ¥22,201
脊椎パッド   ¥4,281
送料      ¥3,562
消費税     ¥2,700
合計     ¥61,715

国内代理店購入の場合は
ジャケット  ¥43,800
トラウザース ¥32,800
脊椎パッド   ¥6,000
消費税     ¥6,608
合計     ¥89,208
なので、¥27,493お得ということになった。

| | コメント (0)

魯山人の便器

ヨメ・母を連れて、笠間日動美術館を訪れた。
実に、10年以上ぶり。
Img_20190723_114511264
企画展は写実絵画なので、分かりやすく素人にも楽しめた。

施設は拡張されていて、画家のパレットだけを展示するものもあった。
Img_20190723_120017475

提携施設でもある、春風萬里荘にも立ち寄った。
北大路魯山人の北鎌倉のアトリエを移築した、とのこと。

広い土間があってエエのう、などと眺めていたら・・・便器まで作ってるよ、このヒト。
Img_20190723_131531391

| | コメント (0)

購入したバイク用レインウェアの仕様・規格確認と他社比較

プライムデーで、現所有と同じレインウェア,ゴールドウィンGベクター2(GSM12512)を買った。

定価税込み¥13,824 → 3割引の¥9926で購入。
ナップスの10%OFFに手を出さなくて良かった。

体型が少し変わったので、サイズはL→Mに変更。
元々、冬ジャケットに対応して作られているから無問題。
Img_20190720_112501252
以下、マジメに仕様と規格確認。

■製品記載仕様
 初期耐水圧 20,000mm
 透湿性 4,500g/m^2・24h(B1法)
 281g相当の水蒸気を1時間で放出する。

■耐水圧試験の規格
 製品に記載無しだが、おそらく
 JIS L1092「繊維製品の防水性試験方法」
 で試験しているものと推測。
 「耐水圧 20,000mm」とは、1cm^2あたり20mの高さ分の水圧に耐えられる、と言う意味。

■透湿性試験の規格
 JIS L1099「繊維製品の透湿度試験方法」規定のB-1法(酢酸カリウム法)による。
 吸湿剤(酢酸カリウム溶液)を用いて、試験片の質量で透湿度を測ること。
 付属書JAによると、相当する国際規格(ISO等)は存在しない。

 ※なお、JISはつい先日、日本工業規格→日本産業規格に名称変更したとのこと。


■他メーカー品比較

・ラフ&ロード デュアルテックスコンパクトレインスーツ
 記載無し。

・ゴールドウィン ゴアテックスレインスーツ
 初期耐水圧 45,000mm
 透湿性 13,500g/m^2・24h(B2法)

・RSタイチ ドライマスター レインスーツ
 初期耐水圧 10,000mm
 透湿性 10,000g/m^2/24h

・ヤマハサイバーテックスII ダブルガードレインスーツ
 初期耐水圧 20,000mm
 透湿性 12,000g/m^2/24h

やはり、ラフロがロクでもないことが分かった(笑)。
コストと透湿性スペックを考えると、ヤマハを選べば良かったかな。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »