« 帰宅は起亜 | トップページ | 魯山人の便器 »

購入したバイク用レインウェアの仕様・規格確認と他社比較

プライムデーで、現所有と同じレインウェア,ゴールドウィンGベクター2(GSM12512)を買った。

定価税込み¥13,824 → 3割引の¥9926で購入。
ナップスの10%OFFに手を出さなくて良かった。

体型が少し変わったので、サイズはL→Mに変更。
元々、冬ジャケットに対応して作られているから無問題。
Img_20190720_112501252
以下、マジメに仕様と規格確認。

■製品記載仕様
 初期耐水圧 20,000mm
 透湿性 4,500g/m^2・24h(B1法)
 281g相当の水蒸気を1時間で放出する。

■耐水圧試験の規格
 製品に記載無しだが、おそらく
 JIS L1092「繊維製品の防水性試験方法」
 で試験しているものと推測。
 「耐水圧 20,000mm」とは、1cm^2あたり20mの高さ分の水圧に耐えられる、と言う意味。

■透湿性試験の規格
 JIS L1099「繊維製品の透湿度試験方法」規定のB-1法(酢酸カリウム法)による。
 吸湿剤(酢酸カリウム溶液)を用いて、試験片の質量で透湿度を測ること。
 付属書JAによると、相当する国際規格(ISO等)は存在しない。

 ※なお、JISはつい先日、日本工業規格→日本産業規格に名称変更したとのこと。


■他メーカー品比較

・ラフ&ロード デュアルテックスコンパクトレインスーツ
 記載無し。

・ゴールドウィン ゴアテックスレインスーツ
 初期耐水圧 45,000mm
 透湿性 13,500g/m^2・24h(B2法)

・RSタイチ ドライマスター レインスーツ
 初期耐水圧 10,000mm
 透湿性 10,000g/m^2/24h

・ヤマハサイバーテックスII ダブルガードレインスーツ
 初期耐水圧 20,000mm
 透湿性 12,000g/m^2/24h

やはり、ラフロがロクでもないことが分かった(笑)。
コストと透湿性スペックを考えると、ヤマハを選べば良かったかな。

|

« 帰宅は起亜 | トップページ | 魯山人の便器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰宅は起亜 | トップページ | 魯山人の便器 »