« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

カシメ

間違って買ってしまった、XRのチェーン。
30,000kmを経て交換を勧められた、F800GSのチェーン。
これらは共に、ジョイントがカシメタイプ。
経験がなく不安だが、意を決して自分で交換することにした。

 

まず、カシメ用の工具を購入。
DIDのかし丸君、¥9,570。
27mmメガネレンチ、¥1,510。
Dscn3516

最初は、XRから。
チェーンは、RK 520RX。価格失念。

 

ハンドル別体(メガネレンチ使用)のかし丸君では作業しづらく、ハンドルが一体の既存のカッターで切断した。

 

カシメ作業は、DID公式サイトの動画で予習しておいた。
専用工具とはいえ、どこまでカシメて良いか明確な作りにはなっていないから。

 

およそ1回転レンチを回したところで、若干重みが増した。ここかな?
RKのサイトでカシメ良否判断の情報を漁ると、チェーン交換ツールの取説pdfの中に見つけることが出来た。
190929_rk_kashime Dscn3518

カシメ後のピン直径が「5.45 +0.1/-0」って、どんだけ職人技なんだ。
自分の職場なら、すぐ現場からTELかかってきそう。
しかも、「-0」って何だよ??
Dscn3520

軽く疑問を覚えながらもノギスで測ると、5.7。
やり直すわけにはいかないし、クラックも見られないから、これで良し!
もう片方もカシメて、完了。

 

次は、F800GS。
初めての525サイズは、なかなか手ごわかった。
一瞬、切断を諦めかけたほど。
ちなみに、純正はREGINA製。

 

チェーンは、DID 525VX。純正は116Lで購入品は120Lと長すぎたが、¥7,970という価格には勝てない。
Dscn3521

切断は520との差が大きかったが、カシメに必要な腕力はあまり変わらない。
Dscn3523

カシメ後のピン直径は、5.8mm。
公式サイトによると、規格は5.7mm以上だからOK。
190929_did_kashime

クラックも無く、無事終了。
Dscn3524

最後に、たるみを調整。
GSには、24mmのメガネレンチと13mmのスパナが必要。
分かりやすい機構だが、24mmで締めるアクスルナットのかかり寸法が少なく、残念な設計。
Dscn3525

両車とも100mほど走ったくらいでは、外れ無し。これでいいだろ、たぶん。

Dscn3527

| | コメント (2)

GS国産初装着

もうダートを走るのは、かなりリスキーだ。
そう思ってリアタイヤを見ると、ブロックの傷は想像を超えて深かった。
Img_20190928_100927852
ということで、いつものボンバーで交換。
GS初の国産、ブリヂストン・バトラックスアドベンチャークロスAX41を選んだ。
シンコー以外ではいちばん安い、¥19,000。
工賃・税込みでも¥20,600。
Img_20190928_110322019
なお、この日開店10分後には、もう3人待ち。
なんでやねんと思ってたら、増税前の駆け込み需要だと。
Img_20190928_110521773_hdr

| | コメント (0)

フツーの人生

通勤途中、前をVWパサートが走っていた。
普通に上品で、良いなあと思う。

バイクも普通に国産ネイキッドなんかで、普通に峠道のツーリング。
ときどき、茂木にレース見に行ったりして。

そういう、普通の生活に憧れていたのだが・・・
何故、この年になってこんなニッチな世界に足を踏み入れようとしているのだ、俺は??
Img_20190925_192937465
・・・クルマも、普通からかけ離れていく予感。

| | コメント (2)

加波山

実家に帰ったついでに、加波山に寄った。
筑波山は子供の頃登ったし、人混みを予想して避けた。
Img_20190915_085118897
真壁側の加波山神社にクルマを停め、ひと気のない急傾斜のアスファルトを登った。
予想外に暑いが、日陰は秋らしい。
Img_20190915_090826537
1時間ほどで、頂上手前の加波山神社に到着。
反対側には車道が通っているらしい。
Img_20190915_095310441
社の奥に向かい、さらにいくつもの社をかすめて、ようやく頂上に到着。
展望は悪く、GPSで確認しないとどこが頂上だか分からなかった。

展望を犠牲にした木陰は、汗冷えするほど涼しい。
1枚羽織って、コロンビアを淹れた。

すっかり汗が引いた頃、来た道を戻る。
昼食は、母と過ごした。

| | コメント (2)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »