« ハイエースへETC移植 | トップページ | 半自作ウインドゥガード »

ハイエースのドラレコ配線

タントは未だに前カメラのみ運用だが、同じドラレコをハイエース用に買った。
運転席側に付けたタントと異なり、視界に入らない助手席側にカメラを設置。

電源は、助手席側ピラーを伝って、シガーソケットから取る。

↓このアシストグリップのネジ隠しが、なかなか外れなかった。
爪をひっかける隙間もなく、カッターの刃先を差しこみ、空いたところにマイナスドライバーを突っ込んで、ようやく外れた。
Dscn3642

ピラーの中は、既に各種配線が。
Dscn3643
Dscn3644
前カメラ配線(電源)は、難なくクリア。

後カメラは、前カメラから天井を伝って、荷室に引き回す。
内装も外さず、ぐりぐりと隙間に押し込んでいった。
Dscn3645

↓こういうサービスホールがあったので、リアハッチ直前までは容易い。
Dscn3646

タント同様、車体からリアハッチまでのゴムジャバラが難関。
タントよりは太いので、自作針金の配線通しを使って何とか・・・
Dscn3648
ならなかった。
4極ミニコネクタをぶち切ってしまった。
どーすんだよ、↓コレ・・・
Dscn3649
またしても、妙案が浮かぶまで前カメラのみで運用することにした。
むむう。

|

« ハイエースへETC移植 | トップページ | 半自作ウインドゥガード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイエースへETC移植 | トップページ | 半自作ウインドゥガード »