« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

ハイエース2駆2LガソリンEGの航続距離と燃費

前回の給油から450kmを過ぎた頃、警告灯が点灯。
500kmまでは、何とか無給油で行けた。
Img_20200117_193201818
燃費は、9km/L。
往復20km以下の市内通勤と、週末の往復50km程度の郊外走行で達成。
前車エクストレイルと変わらぬ燃費に満足。

空荷だと、ソコソコ速い。
↓ 2Lディーゼル(76ps)とは、まったく異なる速さにも満足。
101001a01l

| | コメント (0)

簡易版窓埋め

荷室の窓から外を見ることはないので、防犯のためにも簡易的かつ安価に埋めることにした。
紫外線による、内装劣化も軽減できるだろう。

本格的に車中泊が目的だと住宅用断熱材を採用しているようだが、自分の用途ではそこまで必要がない。
まずはプラダンとカッティングシートを試してみた。
思ったよりはプラダンの貧乏臭さが感じられず、自分としては許容範囲内。黒を使ったせいかも。

スライドドアの前側△(上画像右側)の面は、運転席からは助手席の陰になって、ほとんど見えない。
従って、カッティングシートを採用。
残り2面は、いつでも外せるようプラダンを採用した。
真ん中の開けられる窓のプラダンは、両面テープで貼り付け。
後ろの窓は、枠のスキマに縁を押し込むだけで固定できた。
Dscn3690
以下に窓ガラスのサイズと(プラダンサイズ)を記しておく。
前 440×250
中 330×350 (350×360)
後 390×460 (410×470)

リアサイドは、マグネット3個で仮留め。
ウインドゥガードのおかげで、上下方向を押さえておけば落ちない。
サイズは、510×1240(550×1290)。
Dscn3689

運転席側のスライドドア2枚は、青のカッティングシートを貼ってみた。
これでもイイかもと思ったが、日没後ルームランプを付けたら、若干照明光が透けた。
Dscn3675
↓外から見たとき
Dscn3674
見えないことに変わりはないので、このままにしておく。

なお、費用は以下の通り。
プラダン1820×910×4mm ¥511×2枚=¥1,022
カッティングシート ¥517/m
どちらもジョ○フル本田が安かった。カ○ンズやビバ○ームは、ジョイフルの1.5倍以上高かった。
マグネットはダ○ソー ¥100/2個×3組=¥300。
合計¥1,839なり。

| | コメント (0)

半自作ウインドゥガード

荷室の窓の内側に、窓を遮るように組みつけられたパイプ。
あれもオプションだったのか、と初めて知った。
2本で¥5,940とは、また微妙な値段。。。適当なチャンネルにバカ穴開けて組んじまうか、とジョイ○ル本田にトツゲキ。

等間隔で長穴が開けられたユニクロメッキのチャンネルが、¥1,048/本で売られていた。
サイズは、断面30.6×11mm,厚さ2.3mm,長さ1.8m。

それを長さ1350mmに切断してもらう。
工賃は、¥120/本。

タップは、丸いシールで隠されていた。
サイズはM6、ピッチは1,330mmほど。
幸い、既存の長穴でボルト固定できた。
Dscn3665

↓組み付け前
Dscn3666

↓組み付け後
Dscn3667

外から見ると、メッキの銀色が目立つ。
Dscn3668

帰宅後、車体と同色のスプレーで塗装。
エクスの余りモノだ。
塗装すると、目立たなくイイ感じになった。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »