« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

タイヤストッパーの自作

先週取り付けたタイヤストッパーはセカンドシートと干渉して、折り畳んだシートを元に戻すことが出来ないことが判明した。
Img_20200229_113330529
そこで、高速切断機の出番。
材料の鉄のアングルを切断するために使用する。

材料は、以下の通り。
L40×40×3t×300L 2個
L40×40×3t×150L 2個
[30.6×11×2.3t×150L 1個
[30.6×11×2.3t×250L 2個

六角穴付きボルトM8×20L 10個
六角ナット 10個
六角ボルトM8×15L 4個
ワッシャーM8用 24個
※アングル・チャンネルの接合以外に、L40×40×3t×150Lの位置決めのためにボルト・ナット2組を余分に使用している。

アングルは、1.8mのものが¥1,280/本。
チャンネルは、ウインドゥガードの余りなので出費無し。
あとは六角ナットだけ購入。¥100/20個なり。
すべてコメリで購入し、およそ¥1,500で完成した。
Img_20200229_154426623
板への固定は、先週のタイヤストッパーのものとタップの位置を変えていない。
ピッチは、260mm×115mm。
長穴の開けられた材料であることが幸いし、組み立ては容易であった。
Img_20200229_153421359_hdr
Img_20200229_154107202

| | コメント (0)

高速切断機(または高速カッター)の導入

木材と金属、両方がキレイに楽に切断できるものを探していたが、無いようだ。
2日悩んだ末、今はアングルやパイプなどの金属切断を優先し、高速切断機を買った。
Img_20200229_113744460
リョービ,マキタ,ハイコーキのwebカタログをひと通り眺めて、最も安いハイコーキ FCC14STを選んだ。
もっと安い中華製もあるが、危険な刃物なので除外した。
ヤフオクなど中古も検討したが、価格的な優位性は見られなかった。
なお、今回の購入価格は¥17,000。

FCC14STはDIY用と謳っているが、リョービやマキタのプロ用下位モデルと変わらないスペックだ。
Fcc14st

早速使ってみると、鉄のアングルは簡単に切れた。
続けていくつか切ってみたら、切断面にガタが見られた。
もしやと思って試してみると、切断の送り速度は途中で変えない方がきれいに切れると分かった。
Img_20200229_125448661

| | コメント (0)

タイヤストッパーの設置

重い腰を上げて、ようやくタイヤストッパーの取り付けにかかる。

後部座席をそのままにXRを載せてみると、テールフェンダーがはみ出した。
今のハイエースは、後部座席を折り畳まないと載らないのか。
しかたなく折り畳んで、タイヤストッパーの位置決めをした。
Img_20200222_121715954_hdr

タイヤストッパー取り付けボルトの相手の雌ネジには、M8爪付きナットを使用。17個入り、¥440。
床張り板を降ろしてφ10の穴を開け、裏から爪付きナットをハンマーで叩き込む。
Img_20200222_125019125
板を再びクルマに載せ、タイヤストッパーを取り付け。。。しようとしたら、ボルトが入らない。
タイヤストッパーは、M6だったのか。

幸い、先刻の爪付きナットに使ったφ10ドリルがある。
これで、穴を広げて解決。
M8ボルトで固定した。
Img_20200222_162204504

| | コメント (0)

フック増設

使うかどうかは分からないが、タイダウンベルトをかけるフックを増設した。
元はセパレーターバーの樹脂製ブラケットが付いていたところを外して。
Img_20200222_123143299
フックは、トヨタ純正品。
¥570/個と安くないが、コレだと遊びが少なく、かちゃかちゃ音がしないという噂を聞いて。
Img_20200222_124038087
取り付けは、M6×20mmのボルトを使用。
長さは半分の10mmでも良かったが、持ち合わせが無かった。
Img_20200222_123711313_hdr
Img_20200222_123653107
なお、フックの穴径は、本来M8でも使えるサイズである。

| | コメント (0)

ラダー

クルマも新車なのだから、ラダーも新調することにした。
専用の折り畳みにしようかなあと価格調査をすると、諭吉さん2,3人がサヨナラするではないか。
結局、今までと同じ足場板を選ばざるを得なかった。
Img_20200222_121122931_hdr
Img_20200222_121111262_hdr
さらに、昔はホームセンターで¥3,000くらいだったよな、と探すとそんなに安くはなかった。
結果、モノ○ロウで¥6,500のものを購入。
Img_20200222_121149707_hdr

| | コメント (0)

Tsukuba Mini Maker Faireに行ってきた

工学的刺激を受けたくて、眺めてきた。
電子楽器的なモノが多いように見えた。
Img_20200216_112354206
Img_20200216_110214600
Img_20200216_105755077
Img_20200216_113120964
Img_20200216_112733473
Img_20200216_105056672
Img_20200216_102733019_hdr
Img_20200216_101500931
欲しいかもと思える品が1点、仕事に使えそうと思える技術が1点。まあまあの収穫だったな。

| | コメント (0)

X-T30 撮って出し

思いの外、レンズが良いような・・・それとも、ボディのせい??
Dscf0008
Dscf0048
Dscf0070
Dscf0053
Dscf0117
Dscf0004
Dscf0144
Dscf0084
Dscf0085
Dscf0081
なお、50%にリサイズ済。

| | コメント (0)

大小山

足利の大小山に登った。
半分は、X-T30を使うために。
Dscf0090
Dscf0093
Dscf0097
Dscf0101
Img_20200209_120718685_hdr
Dscf0111
Dscf0112
Img_20200209_133249872_hdr
Img_20200209_133241434_hdr

| | コメント (0)

ジムニー準備

久々に、前橋のブックマンズアカデミーで爆買い。
その中の一冊が、ジムニー図鑑。
Img_20200213_211826337
型式と仕様だけ記されていれば良い。
来るべきの日のために。
Img_20200213_211931904

| | コメント (0)

X-T30到着

フジのミラーレス、X-T30を買った。
レンズは安い15-45mmズームだが、まずはヒトケタ万円に抑えたかったので。
Img_20200201_110020099
単純にメカニカルなカッコいいカメラが欲しくて、何ヶ月も雑誌を見てると評判の良いコイツに目が止まった。
中でも「AFが速い」という話だから、そんなにガッカリすることもなかろう、と。

ニコンの操作性にも飽きてきて、エンジニアとして違うメーカーの製品に触れてみたかった、というのも理由のひとつ。
SONYやCanonにピンと来るものは無かったし。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »