« タイヤストッパーの自作 | トップページ | タイヤストッパーの力学 »

ハイエース荷室床をウッディに保護したい

開店直後のジョイ○ル本田に突入して、クッションフロア定尺910mmの住宅用を
 1.6m×2個
 1.3m×1個
のサイズで購入。
¥3,316なり。

なお、店内のマスク着用率90%。

床張りの板は、↓このサイズ。
Img_20200308_170135678

接着は、店員に勧められて両面テープで行う。
クッションフロアと同じメーカーのもので、¥1,014。
Img_20200308_133434408

板の上を軽く掃いて、
Img_20200308_113411870_hdr

両面テープを貼り付ける。
形状が複雑な、セカンドシート下の板から。
Img_20200308_134837606

 

クッションフロアを貼り付けて、形状の縁をカット。
Img_20200308_141853413

カットは裏返してから、カッターで。
紙のように薄くはないので、左手でつまんで張りを与え、右手で下敷き無しでもカットが出来る。
Img_20200308_144635241_hdr

穴など複雑なところは、デザインカッター使用。
百均のものでも充分。

最後の板の中途半端なところ(画像赤円内)を残し、両面テープ20mが無くなった。
幸いここは剥がれやすくはないと見込んで、補充はしない。
Img_20200308_151001411

仕上げに、アルミステップを取り付ける。
最も傷みやすいであろう、リアゲートに最も近い板の角に。
アルミステップは、1mの長さで¥876。
固定するための皿ネジは、3.5×12mm×20本が¥110。
Img_20200308_155019397

ということで作業時間は3時間、部品代¥5,316で完成した。
Img_20200308_155532533

|

« タイヤストッパーの自作 | トップページ | タイヤストッパーの力学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤストッパーの自作 | トップページ | タイヤストッパーの力学 »