X-T30 撮って出し

思いの外、レンズが良いような・・・それとも、ボディのせい??
Dscf0008
Dscf0048
Dscf0070
Dscf0053
Dscf0117
Dscf0004
Dscf0144
Dscf0084
Dscf0085
Dscf0081
なお、50%にリサイズ済。

| | コメント (0)

大小山

足利の大小山に登った。
半分は、X-T30を使うために。
Dscf0090
Dscf0093
Dscf0097
Dscf0101
Img_20200209_120718685_hdr
Dscf0111
Dscf0112
Img_20200209_133249872_hdr
Img_20200209_133241434_hdr

| | コメント (0)

X-T30到着

フジのミラーレス、X-T30を買った。
レンズは安い15-45mmズームだが、まずはヒトケタ万円に抑えたかったので。
Img_20200201_110020099
単純にメカニカルなカッコいいカメラが欲しくて、何ヶ月も雑誌を見てると評判の良いコイツに目が止まった。
中でも「AFが速い」という話だから、そんなにガッカリすることもなかろう、と。

ニコンの操作性にも飽きてきて、エンジニアとして違うメーカーの製品に触れてみたかった、というのも理由のひとつ。
SONYやCanonにピンと来るものは無かったし。

| | コメント (0)

マルミC-PLフィルター

D80+28f2.8用にC-PLフィルターを買った。
激安のマルミ製¥2,000だが、効果はまずまず。
ネットのレビューにあるような、不良品には当たらなかった。
Dscn3023
今持ってるのはケンコー製薄枠なので、純正レンズキャップが使えない。
何故こんなの売ってるの?

| | コメント (0)

D80衝動買い

50mm f1.4の出物があれば、とカメラ中古市に出撃。
バイクで行ったので、過去最も早い8:30に到着。
それでも、前には数十人の列が・・・

開始後わき目もふらずレンズコーナーに向かうも、確認できたのは50mm f1.8。
しかも「これなら、あと二千円出して新品買った方が良くね?」という残念な価格。

ボディは、やたらとD600,D800が多い。
加えて、D700も。

その中で、「D80 ¥8,000」というのを見つけてしまった。
外観きれいで、箱と充電器は揃ってる。
ちょっと遊んでから、知人に譲っても良いかな~、と購入。
Dscn3015

28mm f2.8Dを付けて、試し撮り。
DXだと40mm相当か。
Dsc_9714

Dsc_9727

Dsc_9739_2

Dsc_9750
・・・悪くない。つーか、充分だな。自分としては。

| | コメント (0)

ドライボックス

ドライボックスを買った。
今までカビ生やしたことはなく、必要性はあまり感じていないのだが、単なる収納ケースとして。
Dscn3000
15Lタイプで、ボディとレンズ6本を収納可。
長玉持っていないからね。

湿度計も同時に買って、推移を見てるが、60%から動かない。
同梱の乾燥剤のパッケージには「40%に保ちます」と謳っているのは、どーゆうことなのか。
乾燥剤の使用量としては「15g1袋で11Lの容器までが目安」であり、3袋も入れてるから、充分な量といえよう。
・・・湿度計が壊れているのか?

| | コメント (0)

花撮り@熊谷郊外

元農家の知人の庭で。
カシワバアジサイというそうな。
D7l_9206_r2

D7l_9217

| | コメント (0)

花撮り@小石川植物園

乗り換えついでの上野公園で。
D7l_9047

D7l_9065

D7l_9073

大江戸線の春日で降りて、小石川植物園に。
D7l_9097

D7l_9110

D7l_9129

| | コメント (0)

遺品整理 その2

娘たちの聴いていたレコードも大量に発見。
せっかくなので、プレーヤーを買って聴くことにしよう。
Dscn2996

Dscn2997
義父の使っていたオリンパス35-Sとフジの8mmカメラ、義兄のニコンEMもいただいた。
Dscn2998

つい持ち帰ってしまった、コレはどうしてくれようか。
捨てるくらいなら、バラして楽しむか。
Dscn2999

| | コメント (0)

「アジェのインスピレーション」

東京都写真美術館の特別展を見に行った。
この写真家のことはまったく知らないままチケットをいただいたが、こういう機会こそ知らない世界を知る好機だと進んで受け入れた。
Dscn2418
写真の芸術性は解すことが出来ないが、写し出された100年前の風俗・世相・風景(「石膏像売り」という職業があったのだ!)が興味深く、見ごたえがあった。
「写真を鑑賞する」ということに無縁のヨメも、同様の感想を漏らしていた。

この後は蒲田のユザワヤに寄って、皮革材料を物色。
東京って、便利だな(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧