156鞍目、自由にプチ障害

いつもより遅れていったのに、駐車場に停めてあるクルマは少ない。
降雪量は少ないとはいえ、群馬の厳冬期は行動が抑制されるのか。

1ヶ月も間が空いてしまって緊張するも、5人組の最後尾に着くことが出来て少し気が楽。

久しぶりの割りに上級者クラスに入れられたが、速歩,駈足は何とか付いて行ける。

基本的な運動のあとは、皆さん大会が近いせいか、障害コースで練習。
自分も勝手に走って良いと言われ、低い障害のみ速歩で越えてみる。
今日の馬は動かすにつれ止めにくいので、駈足は出さずに済ませた。

数人が同じコースで勝手に走るというのはなかなかにカオスで危ない気もしたが、イントラの指示以外で馬を動かすのは楽しくもあり、今までに教えられたことを自分で考えて出し切るわけだから、非常に良い練習となった。


レッスン後、付いてきたヨメと一緒に昼食&温泉。
昼食は軽く安くソバでも、と初めての店に入ったら爆盛りの店だった。
天ぷらは持ち帰りがデフォのようで、自然に持ち帰り袋を渡された。
Dscn1207

↓店名がシブいのよ。「街道」と書いて「みち」。
Dscn1208

旧高山村まで来ると、残雪が多い。
Dscn1209

| | コメント (2)

155鞍目、駈足の次のステップに進んだか?

初めての馬と馬場に出たら、「地面が凍っているから、屋内馬場に行きましょう」。
がーん。
デスクワーカーの貴重な日光浴の時間が潰されてしまった。。。

今日の馬は蹴り癖や噛み癖もなく、ローカルな大会だけど良い成績を収めているとのこと。
そんな良い馬、オレレベルに割り当てて良いの?

何か引っかかりつつも、二人組みでレッスン開始。
反応が良く、動かしやすい。歩幅が大きく、前に着いていくのが楽だ。
前回同様に「肘をカラダに付けて」という指導にも、姿勢にだけ集中していれば良いから気楽だ。

一通り走った後、「鐙の上に立って」という動作をさせられる。
前々回のレッスンで別のイントラにもさせられたのだが、これは何の役に立つのだろうと思っていたら、立てたときの姿勢がベストな重心の姿勢らしい。

今日のイントラに限った話だけど、最近駆歩のときは「膝を馬体に付けて」と指導されるときが多い。以前は言われなかったのだが、いつでも駆歩を出せるようになった今だからこその指導なのだろうか。
確かに乗り手のカラダは安定する、というか馬が暴れたときの対処が早くできるようになったかも知れない。

ところで、この馬はやはり良いだけの馬ではなかった。
動かすにつれテンション上がり、合図に敏感になる。
これが競技に強い秘密か。

しかし、駆歩のときに少し重心崩しただけで、後ろ足を跳ね上げる。
油断してると、投げられそうだ。
イントラの指導の通り姿勢を決めれば問題ないが。。。気抜けねええ。
Dscn1025


| | コメント (2)

153&154鞍目、新年一気に二鞍

回数券の有効期限が迫ってきたので、一気に二鞍消化することにした。

昨日は初乗り会で混んでたと思われるが、今日は生徒は少なく、二鞍とも二人組でレッスン。
昨年11月は1回、12月はまったく乗っていなかったから、終始基本の反復。
特に言われたのは、肘をカラダに付けろ、ということ。
今さらというか未だにそんなこと言われるということは、だいぶカラダが元に戻ってしまったのだろう。

これから生活環境が変わる可能性もあるし、乗馬との付き合い方は見直すべきなのだろうな。
やめるつもりは、さらさら無いが。

| | コメント (2)

152鞍目、前々回落とされた馬と

3人組で、レッスン。
今日の割り当ては、前々回落馬した馬。

どうもこの中では私がいちばん経験多いようで、いつの間にか先頭にされてしまった。
この馬動かしにくいから、後ろに付いていようと思ったのに。

また、首を振る癖があるので、矯正用(?)のコードを付けさせられていた。
これのおかげか、今日は先日と比べて御しやすく、脚をばんばんはっきり入れたら、スムーズに走ることが出来た。

その代わりといっては何だが、後ろに付いていた人が2回も落ちていた。
状況は目撃できなかったが、1回のレッスンの間に2回落ちるって只事ではないよな。

| | コメント (2)

151鞍目、噛み癖最強のヤツと

馬場で1,2を争うほどの噛み癖ある馬が、初めて割り当てられた。
もう一頭は何度も乗ってるが、今回の馬はなかなか割り当てられないので、よほど扱いにくいのだろうと想像していた。

馬房に入ると白目を剥いて、威嚇(または怯え?)してきた。
こちらのビビリが伝染せぬよう、ずんずん近付いて鼻先捕らえるとすんなり頭絡を付けることが出来た。噛むフリもしない。
いつもは馬房の外からだったが、ここまで懐に飛び込むと安心するのかな。
馬装中も一回噛もうとしただけで、難なく終えた。

レッスンは、ひたすら軽速歩。
もう少しゲーム性のある内容にして欲しいが、文句を言える腕ではないし。

大きい馬体(=歩幅も大きい)のおかげで前の馬に付いていくことが容易であり、その分いつも注意されるところに意識を集中したおかげで、たいした注意は受けなかった。

最後に少しだけ駆歩したとき、脚の位置を注意された。
前に投げ出す癖があるらしい。
踵をもっと後ろに置いて合図せよ、と。

******************************************************************************
帰り道、ヨメを乗せていたのでリンゴ園に寄った。
自家消費用(味は変わらないけど、見栄えは良くないと選別されたということだね)が8~10個で¥500。
うひー、安い!と大量購入。
Dscn0724
大根も売っていて、裏の畑から自分で抜いていくシステム。
2本で¥150。
これも安い。
この後寄ったJAの直売所では、1本¥270だったのに。
Dscn0723

| | コメント (0)

150鞍目、2年ぶり4回目の落馬

レッスン開始後間もなく、軽速歩のときだった。
馬場の隣の敷地に何かを見つけたらしく、方向転換して駆け出した。
馬体のホールドが間に合わず、ずるりと落ちた。
ほぼ飛び降りの状態だったので、足から着地したのだが、バランス崩して尻餅。

その後は問題なく復帰したものの、
5m離れた柵内のポニーの疾走にビクッ、
20m離れたところの鞭の音にビクッ、
遅いから鞭入れてもビクッ、
と終始落ち着かない。

久しぶりに乗った馬だったけど、コイツこんな性格だっけ?
そのせいかどうか分からんけど、レッスン内容は大人しく最後まで軽速歩&外周ぐるぐる。
もう少し、違った運動したかったな。。。


参考:過去の落馬
1回目
2回目
3回目

| | コメント (0)

149鞍目、鞭は使う方も痛い

前回と同じ、鈍い馬。
なので、最初から容赦なく鞭。。。使っても、すぐペース落ちる。
駆歩はまずまず出せたが、先行の馬がいるにもかかわらず同じラインをトレース出来ない。

鞭って、使うのイヤなんだよ。
やっぱり痛そうだし。

しばらく我慢、かな。
Dscn0626


| | コメント (0)

148鞍目、まだまだ姿勢がなっていないのだそうだ

1.5ヶ月も間が空いてしまったか。
そのせいか、基本をみっちりとやるハメに。

イントラ氏曰く、
胸を開き、
肘をわき腹に付け、
へそでカラダを折るな、
等々姿勢を重点的に注意された。

駆歩は出しづらかったが、以前同じイントラに言われた内方脚を使って、まずまず乗れた。

その他、膝,踵,つま先の位置を注意されたが、これがなかなか身につかない。
足首の関節はカタイし、ガニマタだし、走っている間は自分で見えないしで、これをクリアするのは週イチのレッスンではかなり厳しそう。

| | コメント (2)

147鞍目、後肢旋回

朝から容赦のない陽射しで、レッスン開始時は30℃を超えそうな勢い。
レッスン直前に充分に水分摂ったつもりなのに、開始20分で口の中が乾いてきた。

一通り走らせたあと、初めての後肢旋回。
今まで習った前肢旋回同様、その場で留まって旋回するのだが、手綱と脚が異なる。

・前肢旋回は、右手綱&右脚。
・後肢旋回は、右手綱&左脚&体重移動。
と理解したが、合ってるかな。

また、乗り手の合図は斜め横歩と同じ、とも理解した。

さて、これはどこで使うのだろう。
「その場で旋回」は、前肢旋回で事足りると思うのだが。
Rの小さな小回り。。。?

| | コメント (2)

チャップスの延命処置

チャップスのゴムがノビノビのカピカピ、ゴムとしての機能が消え失せてしまった。
再び円高の昨今、また海外通販で買っても良いが、使う機会の少ないものに数千円払うというのももったいない。
では、ニーシンガード同様にゴムだけ替えようか。
Dscn0350

始めは、このように丁寧にバラして縫い直すということを考えていたが、
Dscn0355
もう面倒になって、元のゴムに継ぎ足すように縫い直した。
Dscn0379
本体も相当傷んでいるからな。。。
いっそのこと、コレを型紙代わりにイチからハンドメイドというのもアリかと。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧