キャットタワー

先日の本棚残りを含め、端材を総動員してキャットタワーを作ってみた。
使うかどうか分からんモノに、金は出せんよね。
Img_20210117_120902858
ウチの猫が休むにしては棚板のサイズが小さめだが、もし使うようなら段ボール箱を取り付けて拡張しようかと考えている。
なお、いちばん下の底板には鉄アレイを置いて、重しとする想定。

| | コメント (0)

ドック入り

初の人間ドック受診、しかも脳ドックとの併せ技。
内視鏡(胃カメラ)も初。よくこんなモノ製品化したな、と思うほどの苦しさ。今度は鎮痛剤飲ませてもらおう。

すべて午前中に終わり、昼食が出された。
物足りなかったが、この年だとこのくらいが適切なカロリーなんだろう。
Img_20201113_123302119_hdr
受診した病院は、大井町にある。
埼玉だと、脳ドックも受けられて評判の良い病院は見つからなかった。
さすが、関東一医師の少ない県である。

帰りに面白そうな書店を見つけたが・・・開店時間でもCLOSED。
Img_20201113_130050892

| | コメント (0)

ルーターの寿命

在宅勤務中にブツブツと10分おきにネットが切断され、ルーターを疑った。
24時間365日ほぼ電源ONだから寿命は短いと思っていたが、意外と長生きだ。
201107_buff
いつどこで買ったのか覚えてないが、発売日は2011年6月だから、おおよそ2012年くらいに買ったのだろう。
8年は稼動していたことになる。

選ぶのも面倒なので、同じメーカーのamazon最安値のモデルを発注した。

届いたそれは、安いだけあって、簡素な小型段ボール箱に入っていた。
なんか、「業務用」という印象。
Img_20201108_190625606_hdr
今度のモデルは、邪魔な3本アンテナが無いのが良い。
設定を済ませて家中の機器を接続させてみると、特に問題なく電波を出し続けている。

あとは、この¥4,000という価格が寿命にどれくらい反映されているのか、だな。

| | コメント (0)

PCR検査前後

8/4
 体温36.4℃
 朝食で、味覚障害に気付く。舌の奥側で苦味を感じる。甘さを感じない。
 喉がイガラっぽい。

 夜、埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンターにTEL。
 熊谷保健所への連絡を勧められた。

8/6
 体温36.3℃
 別件の通院後、熊谷保健所へTEL。午前中のうちに、午後のPCR検査予約完了。
 病院へは、健康保険証,お薬手帳,預かり金1万円を持参することを告げられる。

 指定された時刻に指定された病院に行くと、一般と別の駐車場へ誘導される。
 乗車したまま、院内の担当者へ到着のTEL。
 かなり待つことを告げられる。
Img_20200806_135449756
 指定時刻から30分放置後、院内で体温と血圧測定。このときもまだ平熱。
 さらに1時間放置後、医師の診察とPCR検査実施。
 ニュース番組で見た通り、インフルエンザ同様鼻の内側の粘膜を採取される。
 結果は二日後、とのこと。

 なお、所持品(健康保険証等)の受け渡しもビニール越し。
 そんなにリスキー?
Img_20200806_152715084

8/7
 体温36.6℃
 夕方頃、喉の痛みを自覚する(Level4)。

8/8
 体温36.6℃ 喉の痛みそのまま強し(Level5)。
 病院より「陰性」の連絡あり。ホントか?

8/9
 体温37.3℃ 喉の痛みそのまま強し(Level5)。
 右側リンパ節の腫れに気付く。右側と言うことは、上半身に何らかの病原菌混入?

8/10
 正午の体温36.7℃ 喉の痛みは、昨日より若干和らぐ(Level4)。
 味覚障害は消失。
 夜の体温36.9℃ 喉の痛みそのままだが、倦怠感あり。リンパ節腫れたまま。

8/11
 朝の体温36.8℃ 喉の痛みそのまま(Level4)
 夜の体温37.1℃

8/12
 朝の体温36.6℃ 喉の痛みグッと和らぐ(Level2)。
 正午の体温36.4℃ 喉の痛みほぼ消失(Level1)。
 全快!

ということで、8/4-12の盆休みはほぼ寝て過ごした。
ネットフリックス契約中であることが、唯一の幸い。

| | コメント (0)

エアコン増設

在宅勤務対応として、書斎(と呼んでるPC部屋)にエアコンを増設することにした。

エアコン取り付けを何度もやっているセミプロの知人に頼もうとしたら、配管部材の購入や真空ポンプのレンタル(¥5,000くらい)など本体以外にも出費がかさむことが分かった。それに工賃をプラスすると・・・

で、とりあえず近所の量販店へ。
ソコソコのメーカー品で、いちばん安いものを購入。
現在壊れたエアコンが取り付けてあるが、外すのは自前でやることにした。
Img_20200517_115330892
これだけでも¥6,000が浮く。
結局、コミコミ¥47,000で設置完了。

今流行りの名前だが、当然脅威は無く快適だ。
Img_20200530_120856383
Img_20200517_113117812_burst000_cover_to

| | コメント (0)

オンライン飲み会

友人数人とオンライン飲み会に参加した。
後輩のひとりがwebサービスを見つけて、設定してくれた。

自分のPC画面も同時に共有できる。
それどんなクルマ?というときなどに便利。

もらいもののエビスを開けて、3時間を過ごした。
思ったより楽しい。
来週も参加しよ。

| | コメント (0)

台風19号後の福川

所用ついでに、氾濫直前の警報があった福川を見に行った。
地肌がのぞいてるところまで、水が来たのだろうか。
ホントにヤバかったみたいだ。
この堤防の隣の家を借りないかという話があったが、やはり正解だったか。
Img_20191021_150256280

| | コメント (0)

腓骨筋腱炎

3週間ほど前から、足首を内側に曲げると踝の下にビリッとした痺れを感じるようになった。
外見は腫れもなく、捻ったりぶつけたりしてないのに。
曲げなければ痺れはないので放っておいたが、治る気配はない。

きっかけが無いから変な神経系の病気かと疑い、保険組合のテレフォンサービスで何科受診したらエエの?と聞くと「最初は整形外科に行け」との指令。

いつもの整形外科でレントゲン画像を撮ると、
「ココ、かすかに隙間あるでしょ。腱が腫れてるね」
と医師は言う。

「腓骨筋腱炎」だそうだ。

「最近、長時間歩いてる?」
「9月までは、ほぼ毎朝30分ほど」
「それかもね」

長時間っていうほどではないと思うが・・・、途中で階段ダッシュを採りいれたせいか?

「この症状は、どこかが弱いから負荷が集中したということ?」
「いいえ」
「安静にしてなくてはいけない?」
「いいえ」

自分に落ち度はないのか。
予防法はないのか。
どうしたら治るのか。

「とりあえず踵にサポーター付けたまま、2,3週間過ごしてみて」
と、サポーターが処方された。
Dscn3536
薄手の、ほぼ靴下のような装着感で、フツーに靴が履けることが幸いだった。

| | コメント (0)

またもやプチ被災

台風一過、雨戸を開けると縁側の屋根が剥がれていた。
今回、唯一の被害だ。
Img_20191013_072835255_hdr
植木鉢等飛ばされやすいものはしまっておいたので、散乱していたゴミは屋根のカケラだけだった。

洗濯をして、寝袋を干し、ゴミを片付けたあと、XRで出かけた。
やはり、怖い思いをさせた荒川を見ずにはおれない。

氾濫予想地域より少し上流、熊谷と深谷の2地点で荒川観察。
確かに、いままでと増水のレベルが違っていたようだ。
Img_20191013_145948981_hdr

| | コメント (0)

観音山を目指せ

雨戸を閉め切った家の中で、TVとネットの台風情報を眺めて過ごしていた。
ときどき映画も見て、本も読んだが。
15:00頃、思った。
「日暮れ前に避難した方が良いかも」

熊谷市のハザードマップからは、荒川が氾濫しても床下浸水程度だろうと読み取っていたが、最悪の場合もあるよな。

ヨメに伝えて、準備を進めた。
クルマに自分が積んだのは
・いつもの携行品
・山道具一式(ファーストエイドキット含む)
キャンプ道具一式(但し、寝袋3個)
・水2L×12本
・下着3組
・家にあるだけの電池
であり、ヨメは自分の荷物と猫のエサ・トイレ等を積み込んだ。

猫も連れてく以上、避難時間は最小限に止めたい。
おにぎりの簡単な夕食を済ませ、ひと休みしたあと、
・冷蔵庫以外の家電のプラグ抜く
・PCとカメラ・レンズは高いところへ移動
・トイレの逆流対策はせず
等の簡単な対策を施して、家を出た。

避難所が開設されている小中学校は近所にあるが、最悪を考えると心もとない。
自宅と標高が同じなのだ。
と考えると、行き先は熊谷最高峰の観音山を目指すしかなかった。

暗くなった(19:00-20:00くらい)道は、まったく交通量がなかった。
家を出てから20分後、観音山をかすめて高台の工業団地の一角、ある倉庫の一角を借りて、ベッドメイキング。
ここはクルマを屋根の下に入れられるので、雨でも濡れずに作業が出来る。
以前、雨の夜のパンク修理で借りたところだ。

後席を倒して寝られる状態にしてから、縁もゆかりもない熊谷市立三尻小学校に侵入。
校舎と体育館の間の駐車スペースには既に20台近く停められていて、何とか隙間に駐車。
豪雨の中、一歩も外に出ずにカラダを横たえた。
Img_20191012_202400490
猫はケージから出し、念のためリードを着けておく。
初めてのことで不安げに車内をうろうろしていたが、30分ほどするとお気に入り毛布の上で何とか落ち着いた。

23:30、気が付くと雨は止んでいた。
NHK防災アプリの河川情報で大・中小共にチェックすると、危機は脱したようだった。
雨が止んだからといって氾濫しない保障はないのは分かっているが、一旦自宅に戻ることにした。

月明かりの下、家へ戻って、必要なものだけクルマから戻す。
だらだらと情報収集すると、1:30を過ぎていた。
まだ不安はあったが、2時間経っても河川状況は悪化してないようなので、思い切って就寝。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧