納得

だから、帰る気にならないんだよ。



ってゆーか、全世界的に仲間がいる気分で少し安心。
まとめはコチラ

| | コメント (0)

Blue Eggs(7)

まったく出入りがなくなったので、巣を撤去した。
巣材は、ほぼ庭に落ちていたものと思える。
Dscn1673

糞の中に植物の種子らしきもの。
Dscn1671

この種(?)は、ウチの庭にないはずだが。。。
Dscn1672

孵っていない卵が出てきた!
Dscn1670

それも2個。
洗ってみると、きれいなブルー。
Dscn1677

。。。あれ、卵と雛の数が合わない。

4/25、卵5個を確認した。
5/15、雛5羽を確認した。
5/24、雛3羽を確認した。
今日、卵2個を確認した。。。むむ?

| | コメント (0)

Blue Eggs(6)

昨夜の騒ぎから一夜明け、早朝トイレに起きた際に軍手を取り除いておいた。

二度寝から目覚めて朝食時、雛の鳴き声が聞こえた。
巣を行き来する物音も聞こえるから、親も来ているのだろう。

外に出ると、やはり親鳥が最も近い電線に止まってギャーギャーと鳴いていた。
Dscn1668

考えてみると、巣が襲われた原因は自分にあるのかも知れない。

昨日のアオダイショウ、実は夕方に一度見ている。
明るいうちに帰宅できたので、暗くなる前に庭の草刈りをした。
そのとき刈り払い機に驚いて、塀伝いに隣の畑まで逃げていった蛇がいた。
おそらく、同じ個体。

草刈りは、庭の蛙も追い払っていた。
エサである蛙が一時的にいなくなってしまったところ、たどり着いたのがあの巣ではなかろうか。

夜帰宅すると、雛の鳴き声がしない。
巣を覗くと、もぬけのカラ。
昼間のうちに巣立ったのだろう。

こんな短時間に、3羽ともアオダイショウが食べた、とは考えにくいし。

| | コメント (0)

Blue Eggs(5)

帰宅後、義妹に借りた「大草原の小さな家」のDVDを見てると、ガタッと物音がした後にギャーッギャーッとムクドリの大きな鳴き声がした。

ヨメと顔を見合わせ「ナニゴト?」と巣を覗くと、とぐろを巻いた蛇が見えた。
うろこの色からして、アオダイショウか。

「これも自然、抗うことは出来ない」と放置しようとすると、助けてやってとヨメに懇願された。

しょうがねえな。
火箸を使ってアオダイショウを引っ張り出すと、雛を離して、縁側の下へ逃げてった。
おとなしいなあ。
前に見たジムグリは、鎌首もたげて攻撃する気満々だったぞ。

襲われた雛は、頭部に傷を負ったものの生きていた。
巣に戻したが、傷のせいか精神的ショックのせいか、放心したかのようにじっとしていた。
やれやれ、と部屋に戻った1時間後、再び「ギャーッギャーッ」。
さっきと同じく巣が襲われていた。
またも火箸で引っ張り出して、雛を救助。

あらためてアオダイショウを見ると、太くて長い。
長さは、自分の背丈くらいありそう。
もう少しよく見たいと尻尾を掴んで引き寄せようとすると、すごい力でブロック塀をよじ登って逃げられた。
後で調べると、腹に爪のようなものがあって、木登りが得意らしい。
塀を上ったときに感じた手ごたえは、その爪の抵抗だったのだ。

再び雛を戻すべく巣を覗くと、他に2羽の雛がいた。
Dscn1667
その雛たちは、鳴き声をあげなかったようだ。
Dscn16672

アオダイショウは、また来るだろう。
見張りをするわけにもいかないから、戸袋の入口部分を軍手で軽く塞いでおいた。

夜はこのままにして、翌朝軍手を取れば再び親鳥がエサを運ぶだろう。
あるいは、軍手の軽さなら親鳥が動かせるかも知れない。
そう考えて、今日は床に就いた。

| | コメント (0)

沼ッ原湿原

那須岳の南西、沼ッ原湿原に行ってきた。

駐車場は広く、空いていた。
花の盛りの7-8月は混みあう模様。
Dscn1627

駐車場から10分ほどで到着。
Dscn1634

クロサンショウウオの卵らしい。
Dscn1633
Dscn1662_rev1

ヒキガエルもそこら中に。
今が繁殖期とのこと。
Dscn1652
Dscn1658

もう、ナニが何だか。。。
Dscn1648

「熊に注意」の看板があった。
そりゃ、このくらいの森だったら居るわな。
でも、そう簡単に会わないでしょ。
。。。なんて思ってたら、今朝出来たて!みたいな落し物が。
Dscn1661

| | コメント (0)

Blue Eggs(4)

1回くらい、と巣を覗いてみた。
やはり5羽孵っていた。
Dscn1618
。。。いや、6羽?

| | コメント (0)

Blue Eggs(3)

雛の鳴き声は、屋内でも聞こえるようになった。

「ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ!」
というリズムをひたすら繰り返している。

夜は、鳴き止んでいる。
昼静かなときは、親鳥がエサを探して外出中のようだ。

外に出ると、親鳥が芋虫らしきものを咥えたまま近くの電線に止まっていた。
雛に与えるエサだろう。
人間が巣から離れるまで、待っているのだ。
Dscn1602
子育ては、順調のようだ。

| | コメント (0)

Blue Eggs(2)

巣のある雨戸の前に出ると、必ず親鳥が出てきて、近くの電線に止まっている。
直線距離(高さ含め)30mほどだろうか、いつもほぼ同じ位置に留まる。
こちらを監視しているみたい。
Dscn1598
あからさまに覗きこむと育児放棄されると思い、戸袋に耳だけ向けて近寄った。
チチ、チチ、と声がする。
雛の鳴き声みたい。
卵は孵ったようだ。

| | コメント (0)

畑は延期

クルマ3,4台は停められる庭を、連休中に畑に変えることを目論んでいたが、草刈りと低木の刈り払いだけしか終えることが出来なかった。
Dscn1601
代わりとしてはまったく不足だが、ヨメの所望する
 バジル
 ピーマン
 青じそ
 パセリ
をプランターに植えることがせいいっぱい。
Dscn1599


| | コメント (0)

Blue Eggs (1)

居間にいると、東側の雨戸のあたりがかさかさ&かりかりとうるさい。
軒先にスズメが止まっているのだろう、と特に気にしなかった。

ある朝、出勤時に外に出ると、件の雨戸の戸袋から一羽の鳥が出てきた。
ナニィ?と雨戸を観察すると。。。
Dscn1489

枯れ草がはみ出ている。
巣材ぢゃねーか、コレ!
Dscn1490

中を覗くと、青い卵が5個。

Dscn1496_rev1

調べたら、ムクドリらしい。
しかも、戸袋に巣作りされた例も多数出てきた。

面白いので、とりあえずそのままにしておく。
採光は南側だけで充分だし、断熱のためにも開けることは少ないのだから。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧