ザックに道具を簡単に固定したい

昨日使ったスノーシューなど、複数の道具をまとめたり、ザックに固定するためにはバックル付きストラップを使っていた。
が、今日片付けてるときに思いついたのは、単なる「輪」で良いのではないか、ということ。

↓こんなモノで。
Dscn2447
ポリエステルのコードを輪にして、コードストッパーを付けただけ。

↓固定するときは、こういう留め方で。
Dscn2448

↓構造上余分な部分が出来てしまうので、みっともないと感じたり、ここを何かにひっかけたとき事故に至るような使い方には向かない。
Dscn2449
バッグをバイクにくくりつけたりとか、激しい振動を伴う場合にも向かないが、動かない状態での保管やクルマの中に一時的に載せる場合には有効かと思う。

使用したコードは、太さ3mmのもの。
ユザワヤで、長さ5mのものが¥324。
モンベルショップにも売ってるけど、手芸屋さんの方が安いかも。
コードストッパーは、¥100ショップで4個入り¥108。但し、バネの力は弱いので、使用時に緩んでも事故にならないことを想定することが必要。
Dscn2450

| | コメント (0)

集合写真

何気なく手に取った雑誌に、先日のGS FUN RIDEの記事が。
最前列にいる自分の顔を確認したら、おもわず買ってしまった。
Dscn2372


| | コメント (0)

OB会2017

夜、大学自動車部のOB会(宴会)に出席。
別名「生存確認会」。
糖尿だ、透析だ、という声を聞く中ではその呼び名がふさわしいか。

昔と変わらぬ走りっぷりで免取り&失職を喰らった先輩がいるのは褒められたものではないが、その変わらなさに安心する。
犯罪や命に係わるエピソードが無ければ、まあ良いだろう。

今回は、↓こんなお土産をいただいた。直径25mmのマグネット。
冷蔵庫に貼るより、工具箱に貼る方が良いよね。
Dscn2371


| | コメント (0)

NIKWAXを試してみた

NIKWAXという液体撥水剤があると知ったのは、つい最近。2,3年前かな。
それを使って、レインウェアの撥水性復活を試みた。

レインウェアはネットに入れて、ボトル1本300mlと一緒に洗濯機へ投入。
フツーの洗濯と同じ行程で回す。
終わったら、自然乾燥。

乾燥したら、試験してみる。
少し水をかけると。。。微妙な撥水具合。期待が大きすぎたか。
Dscn2312
Dscn2313

試しに、アイロンかけてみる。。。も、あまり変わらん。
Dscn2314
Dscn2315

300mlは、¥1,300。
スプレーより楽だけど、これならドロップルーフの方がお得感大きいかも。
落胆しながら収納袋を洗っていると、むむ、コーティングが剥がれてきた。
Dscn2307
本体の方は一見何でもないが、そろそろ寿命か?
そういやいつ買ったんだっけ?と振り返ると10年前。
それなら、無理に撥水加工せずに買い替えでも良かったかも。

| | コメント (0)

エアクリーナー腐りかけ

エアクリーナーが収まるカバーを開けたら、腐りかけてた。
Dscn2295

ガソリンタンクを受けるゴムブッシュも、ひび割れが。
Dscn2298

他にも、いろいろ見つかりそう。
これから部品発注して、作業を進めて。。。年内に走り出せるかな?
雪道行きたいのだが。

| | コメント (0)

Tarmac only 100km

中間平から稜線の牧場抜けて、ぐるっとひと回り。
舗装路のみ、100km。
Dscn2286


| | コメント (0)

秋鹿大影林道

XRでは何度となく走った秋鹿大影林道を、F800GSでも走ってみたかった。
フラットな林道ではあるが、鋭利な石が多く、思ったよりリアが振られる。
やはり、車体が重い分は緊張を強いられるのだ。
Dscn2233


| | コメント (0)

各種道具の再利用とかひと工夫とか

歳とって、雨でも独りでダートを走るなんて気は起きなくなったので、どこへも出かけず。
今すぐ必須!ではないけどスッキリ解決したい、ということを手当たり次第に片付けた。


1.ベルトがちぎれて使用不能のSOLUS TEAM SPORTS300

電池交換後まもなく、樹脂製のベルトがちぎれた。
ベルト交換は出来ない構造だ。
Dscn2175
現在ベッドサイドにおいて、目覚まし時計として使っている。
だが、もう少し見栄えを良くしたい。
ベルトの余分を切断して、ミニカラビナを付けた。
気が向いたら、ザックに引っかけて持ち出すかな。
Dscn2176


2.ボトル洗浄

水やお茶などを入れて、使用後は簡単にすすぐだけで使っていたら、澱やカビのようなものが見つかった。
こらアカン、と漂白剤投入。
Dscn2177
数時間後、スッキリきれいに。
ボトルの飲み口は流路が狭いので、漂白剤が残らないよう、2,3度圧をかけて(ボトル本体をへこませて)すすいだ。


3.ザックにボトルホルダーを付ける。

昔買ったボトルホルダーをザックのショルダーベルトに付けたい。
ザックを降ろさなくても、すぐ取り出せるように。

縦のベルトに付ける構造ではないので、自分でストラップなどで工夫する必要があり、付けてみたが。。。イマイチ。
Dscn2180
Dscn2181
ショルダーベルトより、ウエストベルトの方が取り出しやすそう。
ボトルホルダーにハトメを付けて、ヒモでショルダーベルトの根元に固定した。
(ヒモは、ジッパータブを使って引っかけるだけ。容易に外せるように。)
これで、ザックを降ろしてもホルダーは付いたまま。
Dscn2186
Dscn2187


4.折り畳み傘の処分

壊れても、とりあえず取っておいた折り畳み傘。
再利用案が思い浮かばなかったから、処分しよう。
但し、処分は骨だけ。
生地は、おぼろげながらも再利用案が出てきたので、まだ取っておく。
Dscn2182


5.洗車ブラシ購入

土曜の午前中、まだ降らない時刻にF800GSは浅間の泥を落とすことが出来た。
しかし、エンジンの隙間など完全には落としきれていない。
そのためのブラシを¥100ショップで揃えてみた。
Dscn2188
丸いお風呂スポンジはクルマに使おうと思うのだが。。。面積小さすぎるかな?

| | コメント (0)

1年点検とR nine T URBAN G/S、そしてC evolution

いつもは4月に依頼する点検だが、機会を逸して半年遅れ。
今回も、特に異状なし。
唯一チェーンがキンク気味ということを指摘されたので、交換を考えておくことに。
下品にゴールドでも入れてみるか(笑)。

待ってる間、URBAN G/Sの試乗をさせてもらった。
雑誌には「出だしが遅い」ということが書かれていたが、自分の場合は「開けないと(半クラを長めにしないと)エンストする」という感触だった。これは、クラッチレバーの調整で何とかなるのかな。
Dscn2116
基本的にR nine Tと同じらしく加速や旋回性は、前回の印象と同じ。

ただ、排気音がうるさく感じた。
アクセル開けるとスパトラ入れた単気筒のように、ブパパパパン!とハジケた高音が気になる。
住宅街では、迷惑なんじゃないかな。
ショップ店員によると、この音は「3000rpmまで」とのこと。

カッコだけ見て欲しくなったが、この音のおかげで少し冷めた。
自分としては許容範囲外。


ついでにC evolution(電動スクーター)も。
操作系メカニズムは普通のスクーターと同じだが、出だしの音と振動がまったく無いのでどこまでアクセルを開けていいのか分からない。
Dscn2119
60km/hまでの加速は、先刻のR nine Tと遜色ない印象。
「出だしの加速がすごいですよ」と聞いていた通り。
F800GSよりもすごいかも。
カタログでは「最高出力は35 kW (48 PS)、最大トルクはクランクシャフトで理論上72 Nm、実質的にはリアホイールで600 Nm近くを発生」とのこと。
F800GSは83Nmだから、それも納得。

運転モードがいくつかあって、「SAIL」「DYNAMIC」の二つを試してみた。
簡単な説明では
 SAILはエンブレが効かない
 DYNAMICはエンブレが効かない
とのことで、確かにその通りだった。
バイクに慣れてると、DYNAMICで乗る方がしっくり来る。
Dscn2121
Dscn2120
低速のほぼ無音状態では、住宅街では気付かれない可能性が高い。
そうすると、歩行者の飛び出しについては通常より高い意識が必要と考えられる。
幹線道路でも、気付いてもらう可能性低いかも。
乗り手は、高速時のモーター独特の高周波が気になるのだけど。

今のところ、個人的には「排ガスを出していない」という自己満足以外にメリットを見出せなかった。

| | コメント (0)

TRANSITALIA

FBでドイツ人が「参加してきたよう」と投稿していた。
イタリアの二輪ラリーらしいけど、コンペではないみたい。

動画検索すると。。。

まさかのDR800? でも、800にしては小さく見える。。。350?
171005_transitalia
画像検索してみても、楽しい。

それにしても、どこの国でもこういうことやってるの見事にオッサンばかりだな。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧