朝練@東松山

放置していたXRを動かした。
意外とバッテリー上がらず、すんなり始動。
Img_20190804_091345397
木陰を求めると、自然にダート突入。
Img_20190804_091926013
エンデューロ・ウッズセクションの練習のようで、1時間でも満足して帰宅。
Img_20190804_093349636_hdr

| | コメント (0)

REV'IT OUTBACK3のサイズ感と構造

先日買ったジャケット&トラウザースは、REV'ITのOUTBACK3。
BMW純正のラリースーツはバカ高くて買う気がしない(上下15-20万円)ので、機能同等のものを探した。

このテの国内代理店webサイトは情報が少なく、フィッティングも満足に出来ない。
購入を検討している方のためにも、詳細を記しておく。


まず、自分のサイズ。
 身長 170cm
 股下 76cm
 胸囲 94cm
 胴囲 78cm
 腰囲 92cm

これに対して、Sサイズにあたりを付けた。
サイズチャートは、国内代理店とFC-MOTOでは値が異なる。

国内代理店
 ジャケット
  胸囲 86-94cm
  胴囲 76-83cm
 トラウザース
  腰囲 92-98cm
  股下 79-82cm

FC-MOTO
 身長 160-175cm
 股下 79cm
 胸囲 95-98cm
 胴囲 84-87cm
 腰囲 99-101cm

結果、Sサイズで良かったみたい。
欧米人と最も異なる袖や裾の長さは、ほぼぴたり。
ウェストも若干の余裕があるくらいで、問題ないだろう。

但し、この製品は秋-冬-春の3シーズン用ライディングスーツであり、下に重ね着前提には作られていない。
下着かそれに類する厚さのものしか着られないということ。
そのために、防寒インナーが付いているのだ。
要は、ロードレース用の革ツナギと同じ使い方をするしかないということ。


ズシッと重かったので、重量を測ってみた。

 ジャケットのみ 2.0kg
 ジャケット+防水ライナー 2.3kg
 ジャケット+防水&防寒ライナー 2.6kg

 トラウザースのみ 1.5kg
 トラウザース+防水ライナー 1.8kg
 トラウザース+防水&防寒ライナー 2.0kg

フル装備だと、5kg近く抱えて走るようなものだ。
バイクだから良い・・・のか?


ポケットやプロテクターの配置等構造は、以下画像を参照されたし。

ジャケット
Discription_fjt262fb
Dscn3481
Dscn3482
Dscn3483
Dscn3484
Dscn3480

トラウザース
Discription_fpt093fb
Dscn3490
Dscn3486
Dscn3488
Dscn3487

ひと通り確認してみて、価格相応のことはあるかもと満足。
生地が厚手なので、転倒による破損は少なそうだ。
(※登山用ハードシェルを使っている人を見かけるが、特に最近のものは軽さや着心地を追求するあまり薄手になっているので、ひとコケであっという間に破けるからオススメできない)
しかし、オフロード用ラリースーツを買ったつもりで商品タグを見ると、単なる「ツーリング用」っぽいアイコンが。
名前が「OUTBACK」なのに、どういうことだコレは??
Dscn3489

| | コメント (0)

しとしと中津川林道

10:00出発、初めてバイクで皆野寄居有料道路を通った。
¥310で14km/12分、今や秩父市蒔田のR299まで接続できるのだから、割とコスパ良いかも知れない。

道の駅大滝温泉で昼食。
ココも初めて。
蕎麦が予想外に旨かった。
Img_20190726_114351280

仮目的地の「彩の国ふれあいの森」で休憩、のつもりが1時間昼寝。
ハンモックがあったもので・・・
Img_20190726_125502590
Img_20190726_131919383_hdr

せっかくだからと、開通間もない中津川林道に突入。
GSでは初めて。
D7l_9452_r1
チビたリアタイヤでパンクに怯えながら走破、三国峠はしとしと雨。
Img_20190726_152425334_hdr

十石峠越えで、折り返す。
雨は降らないながらも、交通量皆無。
もう18:00だから、当然か。
Img_20190726_181245932_hdr

変わり果てた道の駅上野で小休憩、のつもりが自販機&ベンチが撤去され、それもままならない。
何が何でも金を落とさせようという意思が見えて、萎える。
Img_20190726_184650437

20:30、自宅着。

| | コメント (0)

FC-MOTOでジャケット&トラウザースを買った

FC-MOTOを利用して、ジャケット&トラウザースを買った。
国内代理店を持ってる割に試着が出来て在庫を持ってる販売店が少ないので、サイズチャートを参考に最悪交換も考慮した上で発注した。

7/4 深夜に注文。
7/12 ショップ発送。
7/24 本日到着。
Img_20190724_104437619
注文してから発送まで1週間もかかっているのは、自社で在庫を持っていないからかも。
ジャケットのメーカーは、オランダが本社。
ひょっとしたら、メーカー自体が欧州各国には販売・流通拠点を持たず、オランダ~ドイツの発注・発送日数がかかっているのかも知れない。

価格は、以下の通り。
ジャケット  ¥28,971
トラウザース ¥22,201
脊椎パッド   ¥4,281
送料      ¥3,562
消費税     ¥2,700
合計     ¥61,715

国内代理店購入の場合は
ジャケット  ¥43,800
トラウザース ¥32,800
脊椎パッド   ¥6,000
消費税     ¥6,608
合計     ¥89,208
なので、¥27,493お得ということになった。

| | コメント (0)

購入したバイク用レインウェアの仕様・規格確認と他社比較

プライムデーで、現所有と同じレインウェア,ゴールドウィンGベクター2(GSM12512)を買った。

定価税込み¥13,824 → 3割引の¥9926で購入。
ナップスの10%OFFに手を出さなくて良かった。

体型が少し変わったので、サイズはL→Mに変更。
元々、冬ジャケットに対応して作られているから無問題。
Img_20190720_112501252
以下、マジメに仕様と規格確認。

■製品記載仕様
 初期耐水圧 20,000mm
 透湿性 4,500g/m^2・24h(B1法)
 281g相当の水蒸気を1時間で放出する。

■耐水圧試験の規格
 製品に記載無しだが、おそらく
 JIS L1092「繊維製品の防水性試験方法」
 で試験しているものと推測。
 「耐水圧 20,000mm」とは、1cm^2あたり20mの高さ分の水圧に耐えられる、と言う意味。

■透湿性試験の規格
 JIS L1099「繊維製品の透湿度試験方法」規定のB-1法(酢酸カリウム法)による。
 吸湿剤(酢酸カリウム溶液)を用いて、試験片の質量で透湿度を測ること。
 付属書JAによると、相当する国際規格(ISO等)は存在しない。

 ※なお、JISはつい先日、日本工業規格→日本産業規格に名称変更したとのこと。


■他メーカー品比較

・ラフ&ロード デュアルテックスコンパクトレインスーツ
 記載無し。

・ゴールドウィン ゴアテックスレインスーツ
 初期耐水圧 45,000mm
 透湿性 13,500g/m^2・24h(B2法)

・RSタイチ ドライマスター レインスーツ
 初期耐水圧 10,000mm
 透湿性 10,000g/m^2/24h

・ヤマハサイバーテックスII ダブルガードレインスーツ
 初期耐水圧 20,000mm
 透湿性 12,000g/m^2/24h

やはり、ラフロがロクでもないことが分かった(笑)。
コストと透湿性スペックを考えると、ヤマハを選べば良かったかな。

| | コメント (0)

ガスストーブP-153導入

むしょうに無駄遣いがしたくて、イワタニプリムスP-153を買った。
今のIP-2243も、ゴトクの錆が激しいし。

 

パッケージを比較する。体積は、おおよそIP-2243の2/3か。
Dscn3452

 

箱から出すと、半分以下。
Dscn3453

 

この、折り畳みっつーのがタマランね。
Dscn3454

 

広げると、ゴトクは大きい。
Dscn3455 Dscn3456

 

ボンベIP-110にセットして、ラーメンクッカーを載せるとこんな感じ。
ラーメンクッカーの場合、ゴトクは畳んだままで良いな。
Dscn3457

 

点火装置は、ポチっと押すだけ。IP-2243はすぐに壊れたけど、コレもいつまでもつかな。。。
ガスバルブ(ツマミ)の上にカバーが付いてるのは、ありがたい。
ゴハンの吹きこぼれで、べちゃべちゃになるんだよね。
Dscn3458

 

ゴトクの肉抜きはイランでしょ。。。無ければ風防になるし、軽量化の効果は小さい。
Dscn3459

 

購入は、amazon。
¥9,720 > 値引き¥8,748 > ポイント¥896ついて、実質¥7,852。

 

IP-2243には、一旦引退してもらいましょ。
Dscn3460

| | コメント (2)

工具箱の整理

小さい8mmレンチが探しづらくなってきた。
Dscn3438
もうひとつの「2軍」の工具箱も在り、合わせると
・虫回し 3本
・プラハン 4本
・#2プラスドライバー 4本
・タイヤレバー 7本
と、かなり重複していることが分かった。

捨てようとされていたときに、かなりの確率で拾ってきたことが原因だということは分かっている。もうしない、と断言できないのがツライところ。

同じ機能のもの、特殊な使用用途のものを省いて、残りは磁石で空間を拡大して収納する。

試しに、¥100ショップで3種類の磁石を購入。
Dscn3437

直径60mmのものが、いちばん使いやすいかな。
工具を取るときにズレなくて。
Dscn3439

試行錯誤の末、このように並べた。
Dscn3446
Dscn3447
全然マシになった。
特にいちばん上の取り出しやすさが、格段に。

工具箱に入らなかったKTCの12mmTレンチは、ハンドルを250mm→200mmに切断して収納。
Dscn3445
満足。

| | コメント (0)

調理セットミニマム化

キャンプ&ハイキングの調理セットの整理に着手。
基本はコレなのだが、問題は青いポーチ。
この中身がパンパンで、使用後は詰めなおしが生じることが多い。
Dscn3428
まず、缶きりは削除。最後に使ったのは、27歳の北海道ツーリングだったような。

醤油と油も削除。塩だけあれば、何とかなる。
いや、キャンプだと油は必要かな。。。でも、とりあえず除いてみる。

溜め込んだ爪楊枝も、捨てよう。場所は取らないが、使った記憶がない。

ガスボンベ用スタビライザー(安定器具)は使う機会多かったけど、「あれば安心」という程度のものだからな。

片方だけの箸も、捨てる。最近入れたものだけど。
Dscn3429

最後に、斜めに無理やり入れていた箸を短くカット。
Dscn3430
これで、詰めなおしはなくなる。。。はず。

| | コメント (0)

新緑堂平

定峰峠経由で、白石峠着。

 

そこから道を外れ、ダートを下る。
シングルトラックほどではないが、狭くて気を抜くと崖落ち必至。
Img_20190512_143826100 舗装路に着いたら、折り返して登り。
下りよりは安心して、開けてイケル。

 

堂平天文台で休もうかと思ったら、ゴカゾクヅレで混雑。
スルーして、パラグライダー近辺からダートを下る。

 

13:00過ぎに家を出て林道3本、帰宅は16:00。
短時間の割りには、満足度高し。

 

「何にもない」と自虐的なサイタマは、バイク乗りにとっては「何でもある」。

| | コメント (0)

F800GSバッテリー2回目の交換

先日充電したバッテリーが、3週間放置しただけで完全放電してしまった。
もう寿命か?と記録を見ると、前回交換は2014年3月。
寿命だな。

今度は、台湾ユアサにしてみた。
価格は、送料コミで¥7,750。
貯まっていたポイント¥2,450をすべて吐き出し、¥5,300でゲット。

Img_20190503_154847873_hdr

「次は放電しないというウワサのリチウムイオンだな」と考えていたが、¥20,000ほどの価格 と入手容易なメーカーのレビューのひどさに躊躇、方針変更した。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧