プロ診断

中足骨頸部骨折。
それが整形外科医の診断だった。
Img_20210201_151744355
手術不要、保存療法で治療できるという。
使うギプスは簡易的なもので、入浴時は外すことが出来る。
Img_20210201_211015598
松葉杖無しで歩けるし、スクワットも出来る。
日常生活では不便を感じない。
Img_20210201_211044625
Img_20210201_211119583
・・・まだやめられないよね、この程度では。

| | コメント (0)

低圧用エアゲージの自作

トライアル用に低圧エアゲージを作ってみた。

肝心の圧力計本体は、モノ○ロウのラインナップでいちばんまともそうな日本製である、右下工業製160kPa型。
箱と製品に記載されたJISマーク、刻印されたシリアル№が信頼できそうな雰囲気。
雄ネジは、G1/4。
Img_20210124_095014387

タイヤのバルブに押し付ける部品はエアーチャックと呼ばれていることを、初めて知った。
これも同じくモノ○ロウで、メーカーが明記されてるものを選択。
近畿製作所製。

圧力計とエアーチャックを接続するホースと継手,Oリング,ホースバンドは、ジョイ○ル本田で調達。
Img_20210124_094949807_hdr
Img_20210124_094941124
継手は、雌ネジG1/4を選ぶとφ9ホース接続のものしか選択肢が無かった。
真鍮製。

ホースは、耐圧1.5MPaであることを印字で確認できたもの。
外径12.5×内径8.5×長さ200mm。
エアツール売り場で、継手サイズに合わせて購入。

ホースバンドは、ホースサイズに合わせた最小サイズ。

Oリングは空圧用が販売されておらず、水道補修用。
圧力計の先端を測って、エイヤで選ぶしかなかった。

エアーチャックの首に内径10.8のOリングを付けて継手にねじ込むと、Oリングが働かないことが判った。
Img_20210124_095224770
エアーチャックの雄ねじを削って短くすれば解決するが、出来るだけ無加工で作りたい。
シールする場所を変更して、内径5.8のOリングを採用。
Img_20210124_095405094
Img_20210124_095405095

圧力計は↓ココにOリングを付けて、継手をねじ込む。
Img_20210124_095832748

継手の接続は、Gねじとはいえ使い方をアブノーマルにしたので、適当なトルクで締め付けた。
Img_20210124_110436003
ホースに継手のタケノコ部を挿入すると手では抜けなくなったので、ホースバンドは要らなかったかな。

早速トラ車で測ってみると、針は80kPaを指した。
フルスケール400kPa,測定誤差±10kPaのBSエアゲージは40kPaを指したので、おそらくこちらが不正確だろう。入手して14年、校正してるわけでもないし。
Img_20210124_110421352
今回は、試しに最低限の機能だけの部品構成だ。
次は、リリースバルブを付けて使い勝手を向上させよう。

なお、部品代は以下の通り。
圧力計 ¥1,640
エアーチャック ¥989
継手(2個) ¥450
Oリング(2個) ¥110
ホースバンド(2個) ¥330
ホース ¥100
合計 ¥3,619

| | コメント (0)

思ってたんと違う

FBで見つけた、木霊の森に行ってきた。
クローズドコースを走るのは年に1回程度、という身にとってはトコトコ走るくらいでちょうど良い。。。と考えていたら、裏切られた(笑)。

ミニエンデューロコースにバリバリなレーサーさんがたくさん走ってらっしゃる。
それでも、トレールも半分くらいたから敷居は低い感じかな。
柏氏の初心者ライディングスクールも行われていた。
Img_20201220_125330751_hdr
中上級者用尾根道コースは2人以上組んでないと走れないので、ぼっちの自分は行けなかった。
その他はひと通り走って、主にメイントラックコースとトレーニングフラットベースで楽しんだ。

| | コメント (0)

GSにはヘルメットロックが無い

今まで数百円のワイヤーロックを使っていたが、デイトナから暗証番号式のものが販売されていると知って、買ってみた。
Img_20201115_072247082
Img_20201115_072258916_hdr

ハンドルの場合、↓ココしかない。
Img_20201115_073304790
ヘルメットの奥をまさぐるようにロックするので、使いづらい。
ワイヤーロックとは違って、がっちり固定できるのは良いが・・・
Img_20201115_073349581
グラブバーに付けてみた。
でも、ここだと泥かぶって早々に動作不良になる恐れがある・・・ともかく、テストしてみるか。
Img_20201115_074339148

| | コメント (0)

R18

BMW R18が入荷したというので、見に行った。
所有する気はまったくないが、1.8Lフラットツインというのは気になる存在だ。

エンジンの見かけは、1Lクラスをそのまま大きくした感じ。
開発の苦労はあっただろうが、「ただ大きくしただけでしょ?」と言いたくなる。
Img_20201103_153137629
試乗は遠慮して、跨らせてもらうだけにした。
引き起こしや取り回しは、意外に軽い。

勧められてエンジンかけると、重量級らしい排気音と振動。
しかし、最近流行のナントカモードに切り替えると、大人しくもなる。

試乗したくなった。。。これはこれで、アリかも。

| | コメント (0)

ジャンプ・スターター

前から気になっていたアイテムの売値がこなれてきた。
さらにamazonプライムデー、¥6,000で購入。
Img_20201018_095724251
Img_20201018_183846395_hdr
Img_20201018_184029795
USBケーブルは入っていたが、充電器は無し。
イマドキは、周りにいくらでもあるでしょ、ということか。
Img_20201018_183941113
手持ちのスマホ用充電器を使って、初回充電は2時間で完了。
Img_20201018_184137167
まだ、使う機会は訪れない。

| | コメント (0)

シン・ガレージ

現在所有の
 バイク2台
 自転車5台
を収めても、なお充分な整備スペースが確保できそう。
Img_20201010_194448923
しかし、建屋はシロアリに喰われまくり。。。

| | コメント (0)

アフリカツインとハンターカブ

近所にドリーム店が出来たと聞き、偵察に。

鴻巣店より、はるかに「ディーラー感」が強い。
油臭さ,泥臭さが皆無。
クルマのディーラーの悪いところが出なけりゃいいけど。

せっかくなので、今いちばん興味のあるアフリカツインとハンターカブを見せてもらう。
アフリカツインは跨らせてもらったけど、引き起こしの重さはF800GSと同じくらいか。
1000ccでこの重量感覚は、結構開発に頑張った感触があるなあ。
Img_20200927_084810660
ハンターカブは、リアキャリアが巨大。
ロータリーミッションは苦手だけど、楽しそうだ。

| | コメント (0)

足尾往復

今週もイケルか?と6時過ぎに北上開始。
向かった先は、R122。

家を出たときは、まだ曇り。
大間々に近付くころに陽は射したが、まだ東側の建物が影になってくれていた。
これなら、辛くない。

大間々を過ぎるとグンと気温が下がり、交通量も減る。
快調に飛ばし、7時過ぎに足尾駅到着。
Img_20200830_072013960_hdr
Img_20200830_072203918_hdr
Img_20200830_072304021_hdr

缶コーヒー1本分の休憩を終え、商店街を抜けようとするとき、空き地に猿の群れ発見。
ウチの近所でもよく見かける、食料になりそうもない草を食べていたが・・・うまいの、ソレ?
Img_20200830_074244454
Img_20200830_074418508

ちょっとだけ北上して、ローソンで朝食。
せっかく栃木に来たのだからと、レモン牛乳をチョイス。
Img_20200830_075554002
うーん、そんな人材いるか??
Img_20200830_081015096_hdr

ここでUターン、下りは輪をかけてオープンサーキット状態。
あまりに快調すぎて、9:30自宅着。

| | コメント (0)

赤城西面ターマック

比較的気温が低く、好機到来。
からっ風街道を北上した。
Img_20200823_092318371_hdr
デイリーヤマザキで朝食。

Img_20200823_101338323_hdr
利根沼田望郷ラインからR353までのんびり走り、R17を南下して昼前に帰宅。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧