エアコン小破、セルモーター完全沈黙

エクストレイルのエアコンが壊れた。
正確に言うと現象は、吹き出し口の切り替えが出来なくなった。

ある意味チャンスとばかりに、電装品専門店へ持ち込んだ。
R17旧道沿いの、気になっていた工場。

視てもらうと、切替機構の樹脂部品が折れ、ワイヤが作動しなくなったとのこと。
交換対象は、エアコンのコントロールパネル(操作ユニット)まるごと。
部品代だけで、¥40,000超。
うーん。

走行18万kmの車体なので、諦めて交換を決意。
部品納期は2週間ほどかかった。
部品が届いたとの連絡を受け行ってみると、今度はセルモーター(スタータ)ご臨終。
店に着いてクルマのキーを渡して、整備士が移動しようとしたときにはセルが動かなくなっていた。
不幸中の幸い、その場でセル発注、クルマは置いて帰宅。
午前中に一週間分の食料買出しを済ませていたことも幸いだった。

翌日には、セルも届いた。
セルは、リビルド品。新品の半値ほどらしい。

エアコンとセルモーターの交換、それに老整備士がめざとく見つけたバッテリーターミナルの素人仕事(※)も含め、あっという間に直していただいた。
プラス側の修理記録
 マイナス側の修理記録

費用は
エアコン部品代 ¥43,000
エアコン交換工賃 ¥9,000
セルモーター部品代 ¥30,000
セルモーター交換工賃 ¥5,000
に消費税加えて合計¥93,000。

バッテリーターミナルは計上されてないので、工賃はかなり安い。
この店、アタリだな。

エアコンの破損部分は、画像赤円内の場所。
Dscn1926

Dscn1928
ワイヤを留めてるタイラップは、応急処置のもの。
部品を待っている間、この処置のおかげで不自由しなかった。

吹き出し口の切り替えは、ダイヤルを回すと奥の変形かさ歯車がワイヤを往復運動させて作動する。
Dscn1929

Dscn1930

バッテリーターミナルも、ご覧の通り美しくなった。
ディーラーではケーブルAssy交換と言われたのだが、やはり専門店は違うね。
Dscn1923

| | コメント (0)

エクストレイル リアハッチダンパーの交換

3ヶ月前に注文したダンパーが届いた。
2本で¥30,000。

高い。。。!
一般機械部品だと¥5,000以下レベルだと思うのだが。
専用ブラケットとボルトコミでも高すぎるよ。
Dscn1431

代替品があるとは思えないので、諦めて作業に入る。

ボールジョイントを掴んでいる、ダンパー側の板バネをマイナスドライバーでコジって緩める。
Dscn1429

さらにボディ側のボルト2本を緩めて、外す。
Dscn1428

取り付けは、ボールジョイントにダンパーを押し込んで、ボルトを締め付けるだけ。
左右2本とも、30分とかからない。
部品代は高かったが、工賃節約できただけマシか。

新品が入っていた袋に旧品をいれたとき、気付いた。
ボールジョイントもセットで入ってたのかあ。
Dscn1432
荷台の色と同じだから、気付かなかった。
錆びてる様子もなかったので、そのまま旧品を使うことにした。

| | コメント (0)

スタッドレスタイヤ保管に黒ポリ袋を使うことにした

コメリに行って、ワイパーゴムを全取替え。
何も考えず在庫のあるものを購入して、総額¥2,600なり。
Dscn1310

家に戻って、夏タイヤに交換。
外したスタッドレスの軒下保管ために、黒いポリ袋を買っておいた。
15インチには、90Lタイプがぴったり。
ぴったりすぎて結ぶことはできず、ガムテープで口を閉じた。
Dscn1314
0.045mmというのは意外と厚手で、小石のある庭をごろごろ転がしても穴が開く気配はなかった。
次の冬まで8~9ヶ月、それまでの風雨や紫外線にも何とか耐えられるかな。

| | コメント (0)

16年間,17万kmオーバーで初めてヘッドライトバルブが切れた

左右のハイビームが、同時に点かなくなった。
ヒューズは切れてないし、左右同時ということは球切れ以外の原因か?とディーラーに持っていったら、単なる球切れ。

エクスの場合、助手席側は補機類外すの面倒だから(しかも寒空の下)、その場で交換を依頼した。
すると、「スモールランプもナンバー灯も切れてますが?」。
3日前にスモールのみ点灯で走ったときは異常なかったのに。。。もういいや、全部交換しちゃって。
その結果、すべてのバルブ交換で工賃¥3,000。。。プロに灯火系総点検してもらったから、仕方ないか。

費用のことはさておき、ヘッドライトのバルブが切れたのは今回が初めて。
16年間,17万kmオーバーで、初めて。
これほどの寿命とは思わなかった。
HIDバルブ(ロービーム)の寿命は、いつ来るのだ。

| | コメント (0)

降格

運転免許の更新に行った。
お役所仕事に有休使うのはもったいないので、鴻巣の免許センターに。

昨年7月に関越で捕まったので、今日でゴールドとはおさらばだ。
埼玉に住んでからは、交通違反とは無縁だったのになあ。

1時間の講習が義務付けられ、受講。
講師は民間教習所のヒトらしいが、「仕事をマジメに考えないヒトの仕事ぶり」というものをそのまま現していた。
いくらお役所仕事とはいえ、この人選はヒドイ。。。

8:30受付開始から並び、10:30に解放された。

帰りに、北本の公園に立ち寄る。
おだやかな晴れの日曜日、もったいなかったかな。
天気の悪い日を狙って、半日休暇で平日行けば良かったか。。。?
Dscn1050


| | コメント (0)

厚木宴会

自動車部OB会の特別開催として、厚木まで遠征。
クルマの話より家族と病気の話が多いのは。。。ちとキツイなあ。

終わりに、アルファ関係者より数点ノベルティをいただく。
これは。。。ガラスのペーパーウェイトかな。
Dscn0968


| | コメント (0)

土の庭でスタッドレス交換

スタッドレスに履き換えた。

ガレージを引き払ってから、初めての自宅の庭での作業だ。
アスファルトの地面もガレージジャッキもなく、少々面倒だと気乗りしなかった。

ジャッキは、アルミの足場板を敷いて設置した。
たしか耐加重300kgのシロモノだけど、裏にはリブがあるし、「両端支持の中心に集中荷重」という使い方はしないから問題ないでしょ。結果、問題なかった。
Dscn0927
パンタジャッキ自身も、思ったより面倒とは感じなかった。
空気入れるのがオモチャみたいな電動コンプレッサーなので時間はかかったが、結局全作業時間は1.5h程度。

| | コメント (0)

那須の博物館と珈琲

何度も界隈を訪れていながら逃していた、那須野が原博物館に行った。

古墳は少ないけど、居住遺跡多し。
Dscn0862

イモリかわええ。
Dscn0861

水の無い川は、枯れたのではなかった。
コレ、ブラタモリネタだな。
Dscn0863

機械製造業は、やはりもう少し南部(都市近郊)にあったのだ。
Dscn0866

これで、那須の冬を過ごしていたとは。。。
Dscn0868

「人が押す鉄道」って、アタマおかしい。
Dscn0870

牛馬を労働力に換える動きが欧州より少なかったのは、何故なのか。
Dscn0871

車内は、昔の日本人サイズ。
Dscn0872

博物館を出て、適当に山の中へ。
行き止まりの、誰も来ない空き地で珈琲。
Dscn0880

Dscn0874

| | コメント (0)

唐沢山城の石垣

生まれて初めて、大河ドラマにハマッている。
「作 三谷幸喜」ならば面白いのかなと軽く見始めたら、面白いぢゃねーか!
配役も、かなりのお気に入り。
最近出始めた、A川はアレだが。

先月、番組の最後の数分間に放映される「紀行」のコーナーで、佐野の唐沢山城のことを知った。

「戦国時代に築かれた高石垣が今なお残されています」

これは。。。行くしかない!

ということで、家を出て1時間で佐野に到着。
まずは、まったく知らない佐野全体を俯瞰するために郷土博物館へ。
Dscn0737

Dscn0740

Dscn0742

Dscn0744

鋳物が盛んだった時代があるようで。
Dscn0749

Dscn0755

上にUPした画像の他は、基本的に「田中正造」メインのレイアウト。
入館料¥210の割には楽しめた。

退館して市内を北東へ進んで、唐沢山へ。
予想外に標識が多く、迷わない。

短いけれど急坂を駆け上って、入口到着。
ヨメは、マツタケ料理にしか興味を示さない。

以下、目当ての石垣。
Dscn0760

Dscn0766

Dscn0767

Dscn0768

Dscn0770

Dscn0771

Dscn0772

Dscn0773

Dscn0774

Dscn0775

Dscn0778


いや~、エエ積みっぷり。
もっと砦レベルのものを想像していたけど、結構広くて「居城」という感じだったな。

水琴窟もあるよ。。。
Dscn0777

天狗岩という、展望場所より。
佐野市街よりも、旧田沼町が近い。
Dscn0783

Dscn0785

ランチは、佐野市街の洋食屋(?)さんへ。
自家製デミグラスソースのハンバーグ定食が、安くて旨し。
Dscn0787

帰りには、食料品の買出しをせねば。
そのランチの店で「この辺に野菜の直売所はありませんか?」と尋ねると、道の駅を教えられた。

そこに行ってみると。。。野菜含め地元の製品はほんのわずか。半分は別の土地のもの。デパートの○○物産展みたいな感じ。

何故、海無し県で魚の加工食品を売っているのか。
何故、ロイズのチョコレートコーナーが在るのか。

金儲けのゲスな匂いがぷんぷんするような場所であった。。。最後にがっくり。

| | コメント (0)

アルパカ見ただけ

朝、宿のご主人に珈琲の焙煎を教えてもらう。
道具は、銀杏炒り用のものを使う。
これで、色付くまで火の上でひたすら振る。
D7l_8613

次は、ご主人自作の半自動機を使ってみると。。。
D7l_8614

↓機械の方(左)が、焼きムラが少ないんだよねえ。
D7l_8615

今回も同様に焙煎した豆をいただいた後、アルパカを見に行った。
広大な敷地に。。。50頭以上はいたのかな。
D7l_8637

ヤンキー?
D7l_8641

子供は、暴れまくっていた。
D7l_8649
ホントに、アルパカしかいなかったな。
2度行こうとは思わないが、一度は行ってみても良いかも。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧