ホンダ株主優待品

配当が高かったので、初めて100株だけ買った。

優待品として、カレンダーが送られてきた。

写真の中に、さりげなくホンダ製品が写っている。
車種までは特定できないところが良い。
企業カレンダーとしてのセンスは、かなり高いと思う。
Img_20181201_152629276_hdr


| | コメント (0)

エクストレイル、始動不能(2)

届いたイグニッションコイルを旧品と見比べると外形変わらず、品番のみ異なっていた。
Dscn3323

Dscn3325
旧品の側面刻印
 HANSHIN
 AIC-4001
 22448 8H300 ・・・注)品番
 1208

新品の側面刻印
 HANSHIN
 AIC-4001G
 22448 8H315 ・・・注)品番
 8913
Dscn3331

デイーラーが検索したのだから間違いなかろう、とそのまま組み付けた。
経年劣化で樹脂コネクタのツメが折れるかもと懸念したが、難なく完了。
さすがにエンジン据付部品は、耐久性高いのか。
Dscn3333

ついでに、エアクリーナーも交換した。
そういや、自分で交換するのは初めてだ。
取り外した部品は、かなりの汚さ。これも若干ながら始動性に影響してるかも。
こちらは、67,000kmぶりだ。
Dscn3332

作業終了後、数km走らせてみた。
滑らかに、エンジンが回っている感じ。
回転数にも現れず、気のせいだと思うが。。。
一週間後にプラグの色だけ再確認してみるか。

なお、部品価格は以下の通り。すべて日産純正品。
イグニッションコイル(4本) ¥44,000
エアクリーナー ¥3,200

| | コメント (0)

エクストレイル、始動不能(1)

セルは回る、ガソリンは来ている(ガス臭い)。
プラグが着火していない雰囲気。

プラグを外すと、4気筒のうち3気筒が真っ黒。
カブっているのか。
Dscn3313
そろそろ交換しようと思っていた、買い置きの新品を引っ張り出す。
ギャップ1mmを確認してから、前回から実に54,000kmぶりに交換した。
Dscn3314
が、交換の甲斐なく、始動不能。

ディーラーへ持って行くために、JAF出動要請。
JAF隊員は「かかるかも知れない」と、予備バッテリー接続して、エアクリーナーBOXを開けたままの状態でセルを回した。
少しアクセルを開け気味に回し続けると、始動出来た。

そのまま単体でディーラーに行き、チェックしていただくも原因不明。
そういや半年ほど前、同様の症状でイグニッションコイルの交換を奨められたっけ。
半年前とは別のディーラーメカは特に奨めはしなかったが、一度も交換していないのであれば無駄ではない、との曖昧な回答。

ともかく、4本まとめてというのは高額ではあるが、イグニッションコイルの取り寄せを依頼した。

| | コメント (0)

遠くなった、くるみだれ

くるみだれの蕎麦が食べたくなって、雨の中秩父へ。
秩父と言っても旧荒川村だから走行距離55km、運転時間は1時間を超える。
Img_20180915_124936781_hdr
30代の1時間は何てことなかったが、ただ食事をするためだけに1時間走るというのは、精神的に許容できなくなってきた。

ノロノロと進む交通事情も堪える。
都内在住よりはるかに恵まれてるはずなのに、20年も住むと贅沢に慣れてしまったかな。

蕎麦自体は変わらず美味く、満足出来たがね。
Img_20180915_130219407_hdr

| | コメント (0)

国際運転免許証

「受付8:30~」とwebサイトには記載してあるのに、鴻巣の免許センターに8:00前に到着したときには、バリバリ稼動していた。

5cm×4cmという中途半端なサイズの写真を撮ってから、
①申請書をもらう。
②手数料¥2,350を払う。
③申請書に必要事項を記入後、免許証とパスポートを併せて窓口に出す。
④5分後、発行された国際運転免許証を受け取る。
と4ヶ所の窓口を通過して終了。
Dscn3026
8:30には、すべて完了。
何だったんだ、あの「受付8:30~」は。
建前にも、ほどがある。

| | コメント (0)

今さら、こんなもん送ってきても・・・

「一生エクストレイル派」は、丸いスタイリングにしたときにやめたんだけどな。
それに、過剰装備で高値になってしまって・・・「最低限の4WDで¥2,000,000」っていうのがイイんぢゃねーか。
Dscn3024
今は、耐久試験を続けているだけに過ぎない。
ちなみに、20万kmまであと5,000kmを切った。

| | コメント (0)

静粛ジムニー

新型ジムニーが気になって、ディーラーに見に行った。

20年前、まだ都内に居る頃に試乗したときは、室内のあまりのうるささに速攻候補から外したものだ。

試乗してみると、その静かさにほっとした。
これなら乗れる(買える)!

出だしが鈍いが、軽だから仕方ないだろう。
直線基調の外観は好みだし、サスは路面のピッチングを見事に消してるし、あのときJB23買わなくて正解だったな~。

最後にシートをフルフラットにして、車中泊の確認。
身長170cmの自分は、何とかクリア。
180cmは無理だと思う。

買わない理由はほぼ打ち消されたが、納車1年待ちというのはどうしたものか。
軽にするか、シエラにするか。。。いや、まだハイエースも捨てきれないか。
Dscn3020


| | コメント (0)

魚が豊富なところに行きたい(2)

ホテルの朝食は最近ありがちなバイキングだが、黒はんぺんが「焼き」「煮もの」両方揃ってるのがエライ。
低コストながら、特色出すようにしている姿勢が嬉しい。

朝食後に駿府城公園まで散歩。
展望スペースに上ってみる。
雲っていて、富士山は見えない。
Dsc_9881
周囲の庁舎は、古い建物が残っている。
空襲あったはずなのに、よく残ったな。
Dsc_9873

Dsc_9874

ヨメが体調悪くなり、ひと駅だけ(500m未満,¥120)電車に乗る。
静岡市と清水市を結んでいる、静岡鉄道静岡清水線だ。
JRと並行してるのに、経営成り立つのか。
車両はカタチ様々、ラッピング車両も多い。
Dsc_9864

Dsc_9866

Dsc_9897

のんびりと11:00にチェックアウト後、ヨメの知人の家へ。
昼食を御馳走になる。

相手に気を使わせない程度のお土産は、ローカルスーパーで調達する。
「しずてつストア」と「生鮮市場」の2店回ったが、目的に適ったのは「生鮮市場」だった。
製造業者が静岡県内の乾物を購入。

復路も、往路と同じルート。
甲府で夕食時に、カチョーからの着信も確認。
連絡すると、「いや、それはウチの仕事じゃないでしょ」が7割がたの問い合わせ。会社に残っている同僚に回答して、おそらく終了。

R140で鹿を轢きそうになりながらも、23:00自宅着。

| | コメント (0)

魚が豊富なところに行きたい(1)

ヨメを連れて、一泊だけ静岡に行くことにした。
いつものスーパーの魚より、少し違うものが食べたくて。

高温を避けて、6:30出発。
R140雁坂トンネルを抜けて、9:00山梨侵入。
ちょうど良い時季なので、桃購入がてら。

南下は、R52を富士川沿いに。
平日の午前中だから、いくぶん空いてる。

13:00過ぎ、清水港の観光客向け食堂に到着。
「観光客向け」は地雷が多いが、ヨメはこういうベタなところに弱い。
一店を選んで入ると、とりあえず満足できた。
「まぐろのカマ揚げ」なんて、食べたことないからな。

まぐろ刺身定食 ¥1,600
Img_20180717_131953422

おまけの「まぐろのカマ揚げ」
Img_20180717_130537462

15:00前だったが、静岡市街のホテルにチェックイン。
少し休んで、日帰り温泉へ。
スーパー銭湯のような大型施設で入浴料¥700もするが、ホテルの狭い風呂よりはマシ。
Img_20180717_193317269

夕食は、ホテル近くの寿司屋。
「生しらすは用宗港のがいちばん!」とサービスしていただき、大変満足。
みっしょんこんぷりーと。
Img_20180717_210946686

| | コメント (0)

やはり新Simカードが必要だった

旧スマホのSimカードをnanoサイズにカット、新スマホに挿入しても認識しない。

モトローラや通信会社からまったく関係ないところから得た情報によると、旧Sim(FORMA)は使えないんだと。
Dscn3016
スマホ本体の設定には従来の3G使えそうなコマンドがあるんだが。。。損失がSimカッター代¥1,000のみなのは
まだマシか。

結局、前回同様イオンでSimカード調達。
価格も前回同様¥980/月、4GBタイプを選択。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧