酷暑前の赤城山

酷暑を避けて、朝早めに赤城山に登った。
地蔵岳に8時頃、長七郎山に10時頃登頂。
061Dsc_0127_r1

7時半頃の大沼の電光掲示板は、22℃を示していた。
直射日光に当たる地蔵岳頂上は25℃を超えていただろうか、下界ほどではないが、日除けや帽子がないとじりじり焼ける感触。
Img_20180805_101139005_hdr

長七郎山を降りてきて、しばしラジオを聴きながら昼寝。
Img_20180805_091009008

正午に駐車場に戻って、赤城神社で湧き水を補給。
水の豊富な日本なのだから、なるべく恩恵を受けたい。
Img_20180805_123417124_burst000_cov

帰る前に昼食を摂ることにする。
見つけた店はバイキングと看板に記されていたが、出てきた客がご老人だったので、少量の定食もあるのだろうと入店。
Img_20180805_132726784
ところが、看板通りのバイキングだった。
最早バイキングをありがたがるカラだではないのだが、税込み¥780という価格と並んだ食べ物が「定食屋の延長」のようなものだったので、最高にお得。
Img_20180805_130330061

| | コメント (0)

GSでも静岡に行く(3)

朝食を摂って、すぐにチェックアウト。
R1バイパスを西に向かって、今日はGSで掛川着。
道の駅掛川は、二輪駐車場が充実している。土地柄? しかも停めてあるほとんどがヤマハ。
Img_20180721_081705099

森町経由の県道でR152に接続、北上する。
途中土砂崩れで片道通行、10分ほど足止めくらった。

長野側へ抜ける道を間違えて、青崩峠直近に到着。
Img_20180721_110337985_hdr

峠までは徒歩5分というので、歩いてみた。
Img_20180721_110806977

峠は風が吹きぬけ、気持ちいい。
暑い平地まで降りたくない。
泊まりたい。
Img_20180721_111019124

上村の喫茶店「かみ」で昼食。
味噌カツ定食を注文。
味噌味旨し。もう少し安けりゃ良いが。
Img_20180721_124615076

北上して、程野 中央構造線露頭観察。
をを、本で見たのと同じ。
Img_20180721_134832004

大鹿村に入り、休憩。
帰りたくないぞ。ここで一週間くらいキャンプしたい。
Img_20180721_145852732_hdr

Img_20180721_145821444

また、ひたすら北上するも、越えようとしていた分杭峠は通行止め。
Img_20180721_141524748_hdr

谷に下りて、天竜川沿いの県道18号線をひた走る。
狭く、交通量皆無。
オフ車はこういうところが大好物。
Img_20180721_161601370

その後茅野を抜け、陽の落ちる直前の麦草峠を越え、19:00過ぎに佐久穂町到着。

スーパーの休憩スペースで夕食。
海なし県なのに、寿司パックが安いって最高だな。
Img_20180721_190754827
最後のルートは、最短のR254に決定。
WRXに突かれながらも、22:00に無事帰着。

今日は下道400km。
ひさしぶりだ、こんなの。

| | コメント (0)

沼田往還、赤城に寄り道

からっかぜ街道経由で沼田まで。
Dsc_9780


Dsc_9787


Dsc_9788

沼田城址を巡る。
Dsc_9804


Dsc_9810

木陰のある公園があって、助かった。
Dsc_9812

赤城の北面は、涼しく&交通量少なく、快適。
Dsc_9822

長七郎山に登る。
Dsc_9831

小沼。
Dsc_9841
帰りは、狭く静かな県道16号線で南下した。

| | コメント (0)

稲含山とマニアなコンビニ

クルマ5,6台は停められそうなスペース。
デニムをトレッキングパンツにはき替えて、10:30スタート。
Dscn2938

Dscn2939

Dscn2940

2014年度版の山地図には「鳥居峠(茂垣峠)」と記されている。
Dscn2941

Dscn2942

山頂まであと一歩、のところにある稲含神社。
Dscn2943

1時間10分で登頂。コースタイム10分オーバー。
Dscn2945

Dscn2946

Dscn2947

Dscn2948

秋畑稲含神社の方を降りる。往路とは別の。
Dscn2952

秋畑稲含神社到着。
Dscn2958

Dscn2955

「二の鳥居」
Dscn2960

「神の水」
Dscn2963

蛇のように。
Dscn2964

大ケヤキは少し遠いので、パス。腹減ったし。
Dscn2965

20分ほど昼寝したあと、山の反対側へ。
フラットダートが続いてた。
Dscn2967

一旦下仁田に降りた後、富岡経由で帰路へ。
富岡で、ようやくヒルメシ。
コンビニだけど。
Dscn2973

Dscn2968

コンビニのオーナー店長さんと談笑。
「稲含山は、ここから見るのがいちばん良いんだよ」
「山頂の看板は、オレが書いたんだよ」
Dscn2972

店長さんのお知り合いが、旧車に乗ってやってきた。
相当なスキモノで、ポルシェも持ってるとか。
3人で、クルマ談義。
Dscn2971
つーか店長さん、外でダベってる時間やたら長いけどいーのか?
レジ打ち奥さんにまかせっきりぢゃん・・・と思ったら、奥さんも出てきて話に加わる。
なんだ、このコンビニ。お気楽過ぎ。

| | コメント (0)

庭キャン2 ~スキレットでパエリア~

ヨメがスーパーでもらってきたチラシに「BBQ料理」として載っていたパエリアを、スキレットで作ってみることにした。
Dscn2915

米を水に浸けておく間、火を熾す。
薪は、庭に勝手に生えてきた桑の木。
中身スカスカで、すぐに火が着く。
Dscn2912

具は、ありあわせのもの。
玉ねぎ,ジャガイモ,冷凍むきえび,ベビーホタテ。

レシピでは米は1合/人だが、15cmサイズのスキレットではあふれそう。
2/3に減らして、投入。

火加減も「弱火にして」などと書いてあるが、上手く調節できないので、適当。
30分ほどで、完成した。
Dscn2914
初めて作ったにしては芯も残らず、上手く出来た。
「これがパエリアだよ」と言えるかどうかは微妙だが、フツーに美味しい。
2,3回やれば、相当旨くなるのでは?
次は、コッヘルでもやってみようかな。

| | コメント (0)

カマドとスキレット

前々から庭に簡単なカマドを作りたいと考えていた。
ブロックで三方を囲んで、上にコッヘルを載せられる鉄板か焼き網を置けば良いだろう、と。

しかし、ソロキャン用のコンパクトな焚き火台があることを知った。
しかも、貯まっているamazonポイントでタダ同然に買える。
ということで、本日到着。
Dscn2908

組み立ててみた。
B6単行本が、あっと言う間に焚き火台(つーか、カマド)。。。設計としては優秀だな。
Dscn2911
キャンプで焚き火を楽しむ趣味は無いけれど、手に入れるとやってみたくなるな~。

次に、併せてスキレットも購入。
ダイソーで売ってると聞いたが、12cmの小さいタイプしかない。
いくらなんでも、小さすぎるだろ。

結局ニトリで購入。
15cmというサイズ。
それでも\500以下だから、初めてにはちょうど良い。
Dscn2918

Dscn2916

Dscn2917

| | コメント (0)

ただのカップに

キャンプに行けなかった腹いせにアウトドア関連のサイトをぐりぐり見ていたら、気になる文章を見つけた。

1805111
ロッキーカップって、ハタチのときに買ったものの取っ手が邪魔でパッキングに不利で、最近洗面所にぶら下げたままにしているアレ、か。。。それが、オークションで高値ってどういうことやねん。

手持ちの品を確認。。。「ロッキーカップ」だわな。
Dscn2906

Dscn2907

ヤフオクで検索かけると、確かに高値。
1万円近くするぢゃん。

何でこんな大量生産品に高値付けて、ありがたがるかなあ~??

ウレシイの通り越して、哀しくなるわ。
あまりのあほらしさに。

| | コメント (0)

戦場ヶ原

雪崩を避けて、戦場ヶ原一周に計画変更。
Dscn2704
鹿の食害防止の柵が2重に取り囲み、ほぼ木道を歩くことを強いられた。
加えて、無礼な老人多し。
景色は良かったが、つまらん。

| | コメント (0)

ホムセン活用結果その2 グローブ

同じく鳴神山下山後のこと。

「日中2,3時間の雪山で耐えられる程度の防水・防寒で充分だろ」と¥780で買ったグローブは、2シーズン目(雪山5回程度)にして表面の防水コーティングが剥がれてきた。
Dscn2614

とはいえ、雪かきとかにも使っていたし、防寒性能は昼間の赤城なら問題無かったし、割り切ればこれで良いかも。

それに、こんなこともあろうかと年末セールでマトモな雪山用グローブは買っておいたし。
Dscn2615

このループ、袖口を下にして吊り下げる(乾燥時など)ためのものなんだってね。
Dscn2616

| | コメント (0)

ホムセン活用結果その1 スパッツ

昨日の鳴神山下山後のこと。

「靴とパンツの裾の隙間から雪が入らなけりゃイイんだろ?」と、ホームセンターで購入したほぼ農作業用のスパッツは、内側が汗でびちょびちょとなってしまった。

パンツは山用なだけに、汗は素早く放出されたわけだ。

やはり、ゴアテックス製のゲイターは必須か。。。
Dscn2609


| | コメント (0)

より以前の記事一覧