沼ッ原湿原

那須岳の南西、沼ッ原湿原に行ってきた。

駐車場は広く、空いていた。
花の盛りの7-8月は混みあう模様。
Dscn1627

駐車場から10分ほどで到着。
Dscn1634

クロサンショウウオの卵らしい。
Dscn1633
Dscn1662_rev1

ヒキガエルもそこら中に。
今が繁殖期とのこと。
Dscn1652
Dscn1658

もう、ナニが何だか。。。
Dscn1648

「熊に注意」の看板があった。
そりゃ、このくらいの森だったら居るわな。
でも、そう簡単に会わないでしょ。
。。。なんて思ってたら、今朝出来たて!みたいな落し物が。
Dscn1661

| | コメント (0)

大正池が気になっていた

土曜は休出だったし、午前は食料の買出しだったし、もう今日の午後しか空いてない。
向かった先は、ついこの間も登った鐘撞堂山
コースを少しだけ変える予定。
そのために、1/25,000地形図を引っ張り出す。平成6年版だが。
Dscn1436

今日はGSで。
Dscn1437

花が何種類か咲いてると思ったが、目立つのはツツジのみ。
Dscn1449

Dscn1457

カナヘビにしては尾が短いが、天敵に切られたか。
Dscn1462

北側の谷津池を望む。
Dscn1465

午後は、山頂にも人が少ない。
10分ほど、展望台独り占め。
Dscn1469

気になっていた、大正池へ折れる。
Dscn1473

中腹は竹林。
Dscn1474

さらに下ると、沢沿いの道。
Dscn1480

集落に出たら、こんな看板。
イノシシ・シカを仕留めたら、流通させて欲しい。
Dscn1482

これが、大正池か。
トイレと東屋が完備で、なかなかよさげ。
Dscn1484

舗装路を30分ほど歩くと、スタート地点へ。
ポールを置き忘れたのは、さっきすれ違ったプリウスのヒトかなあ。
Dscn1487

以前PANTOで寄った和菓子屋で、お土産買って帰宅。
Dscn1488

| | コメント (0)

皆野アルプスの名は伊達じゃない

もう1ヶ月もまともにカラダを動かしてない。
ストレスMax、近くでいいからどこか登ろう、と秩父の外れの破風山に向かった。

少し迷いながら、登山口到着。
Dscn1376

Dscn1379

上の登山口を示す看板を撮り終えたとき、斜面の上に何かいることに気付いた。
Dscn1380

カモシカだっ!
めっちゃガン見してる。。。
Dscn1378

しかも近付いて来るし。
Dscn1383

「カモシカの民俗誌」(鳥海隼夫 著)によると、カモシカは好奇心が強く,頭が悪いという。かつては人の踊る様を見に来たところを捕らえた、という猟が行われたとのこと。

。。。それにしても、好奇心ありすぎだろ。
ココイナカとはいえ、民家&交通量多めの県道37号線沿いなんだよっ?

数分間対峙した後、飽きたのか、カモシカは林の中に消えていった。

この山域は、皆野町観光協会では「皆野アルプス」と呼んでいる。
なんだよ「アルプス」って、大げさな。。。と思っていたが、その呼び名は伊達ではなかったな。

県道から舗装路を登ると、クルマは厳しいけどバイクを停めるスペースはあった。
10:50、ここからスタート。
Dscn1384

がさがさっと音がしたら、カナヘビ。
Dscn1392

狭いながらも歩きやすい。
Dscn1397

峠近くの廃屋。
「奥武蔵・秩父 峠歩きガイド」(大久根茂 著)には、かつての住人の生活が記されている。
Dscn1398

スタートから30分後、札立峠到着。
Dscn1399

Dscn1400

行く予定はなかったけど、峠を西側に折れて大前山方面に進む。
すると、そそり立つ岩が。
もう、何でもかんでも神様として見るよな、この国は。
Dscn1405

このルート、死にはしないけど落ちたら骨折確実な箇所が多い。
ただの稜線歩きと見くびっていた。
危険を感じ、この地で引き返す。
Dscn1409

峠に戻り、今度は東側の稜線を進む。
ほどなく、目的地の破風山頂に到着。
ちょうど、正午のサイレンが鳴った。
Dscn1417

山頂からの眺め。
Dscn1416

昨夜の残りで、弁当作ってきた。
今日はガソリン代しか使わんぞ。
Dscn1420

昼食後ぼーっとしてたら、風の音が強くなった。
山頂は、風の影響は受けないが。

艫岩が見える西の空が、かなり暗い。
やべっ、今日レインウェア持ってきてないんだよな。
雨は15:00以降だと思っていたから。
Dscn1422

そそくさと下りて、13:30撤収。
Dscn1425
熊谷市内に入って雨粒が2,3滴シールドを叩いたが、それ以上は濡れなかった。
15:00、無事帰宅。

| | コメント (0)

神成山にオキナグサを見に行った

坂の途中の公園に駐車。
D7l_8661

稜線から南側を望む。みかぼ林道を有する山が見える。
D7l_8679

今日のお目当て、オキナグサ。
D7l_8695

こんなに低い。
D7l_8706

絶滅危惧種という割には、南蛇井駅に咲きまくっていた。
D7l_8730

↓ルートはコチラ。


| | コメント (0)

備忘:牛乳パックの珈琲ドリッパー

ワイヤフレームのドリッパーにペーパーフィルターを載せただけだと、湯が留まることなくフィルターを通過する。つまり、抽出時間が短すぎてコクのない珈琲になってしまう。

抽出時間延長の施策として、牛乳パックを再利用したものをフィルターとワイヤフレームの間に挟んだ。
Dscn1258
初めて試したのはキャンプのときだったが、これを作りやすくしたものを下図に表しておく。
Coffee
円錐状の空間に収めるので、上下左右対称のカタチとなる。
中心の水平線は折り目であり、牛乳パックの角を利用してある。

| | コメント (0)

伊豆ヶ岳

問題を抱えているXRだが、動くからには動かしたい。
秩父まで行って、少しだけ山も登りたい。
横瀬と飯能の境にある、伊豆ヶ岳を目指した。

気温は、熊谷,長瀞,秩父と3段階で異なる。
R299に入ると、オーバーパンツを穿いていない下半身に寒風が突き刺さる。

R299では気温だけでなく、道路の様子も異常だった。
猿が電線(?)を伝い走り、道端ではセダンが腹を見せて転がっていた。
凍結していたとしてもその状態になるなんて、ある意味相当な腕だな、おい。

登山口に着いたのは、10:00過ぎ。
マイナー裏ルートだから、クルマが1台きり。
Dscn1240

林道を200mほど進んだところで、沢に下りる。
橋を渡って、木の階段を登ってゆく。
Dscn1243

Dscn1244
稜線上の杉林を進む。花粉症のヒトは来てはいけない。
Dscn1248

道端で座り込んで休憩している、おばちゃんがいた。
「道を教えて欲しい」とな。
「地図持っていないのだけど、ここから正丸駅までどう行けばいい?来た道を戻るのは味気ないからねえ」
まともな地図の代わりに、雑誌のコピーのイラスト地図を見せてきた。
その装備なら、来た道を戻ったら?。。。ま、案内標識は多いから駅までは容易いだろう。自分の来た道の説明だけして、別れた。

突如現れた鎖場。
落石すると注意書きがあったので、パス。
Dscn1250

鎖場を迂回すると、すぐにピーク。
スタートから1時間後に着いた。
Dscn1252

Dscn1253

東南の展望が良い。
うっすらとスカイツリーや高層ビル群が見える。
Dscn1256

Dscn1257

山頂で珈琲。大きな岩の陰で、風を凌げる。
Dscn1258

帰りは、来た道を戻る。別のルートもあるけど、舗装路を歩くことになるから避ける。舗装路歩くと、走り屋きどりにハネられそうだ。

途中、ダウンジャケットを着て辛そうに登ってくるおっちゃんがいた。
そのカッコでは暑いんぢゃね?
脱いだ方が良いですよと声かけようとしたが、余計なお世話だな。

沢を渡る橋が見えた。
ゴールだ。
Dscn1260

ザックを固定して、帰宅準備OK。
作っておいた4本のストラップが役に立った。
Dscn1261

昼食は家で摂る予定だったが、家に着くのは14:00過ぎになりそう。
仮補給と土産を兼ねて皆野で饅頭購入、帰宅は予想通りの14:15。
Dscn1262

| | コメント (0)

暴風小沼

先日とは逆ルートで長七郎山に登るべく、赤城山に向かった。
スタートの鳥居峠に着いたが、暴風でクルマの外に出るのがツライ。
このとき、8:30。電光掲示板の気温表示は、-11℃。
Dscn1211
2,3時間待てば風も止むかな、と考えて周囲をぐるり。
すると、地蔵岳登山口駐車場にインプの若者独り立っていた。
聞くと、除雪された雪の壁に突き刺さり、動けなくなったらしい。
JAFは呼んだが、路面に陽の当たる時刻まで待てとのこと。

牽引ロープは持っているから、と引いてみたらブチっと切れた。
コレって、こんなに弱かったのか。
Dscn1217

暇に任せて相手をしていたら、9:30頃にJAF登場。

そんじゃーねと小沼の駐車場に戻り、スノーシューの準備。
風は止まないけど、小沼一周だけしてみよう。
Dscn1218

半周過ぎたところで、小休止。
うーん、楽しくないわけではないけど、ツライ要素が多いな。
帽子の防寒が弱いようで、冷えてアタマが痛くなってきたし。
やはり、このまま一周して帰ろう。

2/3を過ぎたところで、地面が凍っているところが多いことに気が付いた。
スノーシューを脱いで、軽アイゼンにチェンジ。
こんなこともあろうかと、準備しておいたのだ。この6本爪のものなら¥5,000以下と安いし。
Dscn1222

効果があったのは、数10m。
再び足が潜るような地面になってしまった。
何とか駐車場に戻ったときには、お腹いっぱい。
まだ昼前だったが、下山して湯に浸かった。

| | コメント (0)

ナッツボトル

流行の行動食を作って(?)みた。
バカ高いナルゲンは使わずに、¥100ショップ・セリアのボトルで。
容量は、400ml。
Dscn1099

自分の行動範囲では、ボトルの耐熱・耐冷温度はこの程度で充分。
Dscn1100

↓中に入る皆さん。
Dscn1102

日持ちすることを考えると、どうしてもカラカラに乾いたナッツ類になる。
海苔の風味が欲しくて、せんべいも入れてみたが。
それに、余計な塩分や砂糖を摂りたくなくて、結果ナッツオンリーに。

カロリーと価格は、以下の通り。
 カシューナッツ   519kcal/85g ¥268
 アーモンド      508kcal/80g ¥246
 クルミ         600kcal/80g ¥246
 海苔巻きせんべい 379kcal/100g ¥106

ボトルに入ったのは、購入状態のおよそ2/3。
3種、各50g前後ほど。せんべいは入れられず。
400mlのボトル1本に、1,000kcalが収まった。
Dscn1107
1,000kcalといえば、丸一日とはいかないまでも6~8時間は行動出来そう。

| | コメント (0)

爆安吸汗速乾性Tシャツの実力 その2

福助のアウトレットショップで目についた、1枚のTシャツ。
その素材は

 ポリエステル 85%
 綿 15%

。。。って、かなりの速乾性なのでは?
レーヨン入ってないし、コレ山に使えるかも。。。!
Dscn1109r1
で、翌日の鐘撞堂山に着て行った。
結果は、文句なしに使えることが判明。

肌触りは良いし(安物ポリエステルのチクチク感無し)、
吸湿性が良く、
乾きも早かった。

当然その上のシャツやフリースが汗を受け取った結果でもあるのだけど、汗冷えも感じなかった。

長袖インナーを必要としない時季のインナーとしては、定価の¥1,280でもかなりのお買い得ではなかろうか。
Dscn1109

| | コメント (0)

鐘撞堂山

遅く起きたので、近所の山に行くことにした。
寄居の鐘撞堂山だ。
風景は見慣れているので、トレーニングと割り切って。

10:45、桜沢駅からスタート。
Dscn1111

Dscn1112

地面はカラカラに乾いていて、締まっている。

途中の八幡山ピーク。
Dscn1117

12:15、登頂。
お気楽コースの昼食時ゆえ、結構な賑わい。
Dscn1125

頂上直下の斜面に、ロウバイ多し。
Dscn1127

Dscn1141

今回もラーメン。
前回物足りなかったので、キャベツとウインナーをプラス。
Dscn1131

帰りは、杉林の中を下る。
Dscn1133_2

人気なし。静かだ。。。
Dscn1135

熊が生きられるような環境とも思えないが。。。
Dscn1136

古いものはたいてい興味あるけど、仏教系だけは興味ないのよね。
従って、パス。
Dscn1137

こういうところで成功した事例って、聞かないな。。。
Dscn1138

波久礼駅到着。
山頂から、1時間弱で下ってきた。
Dscn1143

次の列車は、14:19。
10分ほど待った。
Dscn1144

| | コメント (0)

より以前の記事一覧