60Lザックの洗濯と初期崩壊

ヨメが「そのザック臭い」というので、丸洗いした。
浴槽に中性洗剤を投入し、足で押し洗い。

すすぐとき、何かがボロボロとこぼれ落ちた。
ボトムに縫い付けられたバックルだった。
Img_20190813_040713046
幸い、崩壊したのはこのバックルだけ。
しかも一度も使ったことのないパーツだ。

縫い糸を切断し、完全に取り除く。
Img_20190813_042359444

糸きりで長さ5mmほどの穴を開けてしまったが・・・ま、良いでしょう。
あとで当て布するかな。
Img_20190813_042435646

| | コメント (2)

ガスストーブP-153導入

むしょうに無駄遣いがしたくて、イワタニプリムスP-153を買った。
今のIP-2243も、ゴトクの錆が激しいし。

 

パッケージを比較する。体積は、おおよそIP-2243の2/3か。
Dscn3452

 

箱から出すと、半分以下。
Dscn3453

 

この、折り畳みっつーのがタマランね。
Dscn3454

 

広げると、ゴトクは大きい。
Dscn3455 Dscn3456

 

ボンベIP-110にセットして、ラーメンクッカーを載せるとこんな感じ。
ラーメンクッカーの場合、ゴトクは畳んだままで良いな。
Dscn3457

 

点火装置は、ポチっと押すだけ。IP-2243はすぐに壊れたけど、コレもいつまでもつかな。。。
ガスバルブ(ツマミ)の上にカバーが付いてるのは、ありがたい。
ゴハンの吹きこぼれで、べちゃべちゃになるんだよね。
Dscn3458

 

ゴトクの肉抜きはイランでしょ。。。無ければ風防になるし、軽量化の効果は小さい。
Dscn3459

 

購入は、amazon。
¥9,720 > 値引き¥8,748 > ポイント¥896ついて、実質¥7,852。

 

IP-2243には、一旦引退してもらいましょ。
Dscn3460

| | コメント (2)

調理セットミニマム化

キャンプ&ハイキングの調理セットの整理に着手。
基本はコレなのだが、問題は青いポーチ。
この中身がパンパンで、使用後は詰めなおしが生じることが多い。
Dscn3428
まず、缶きりは削除。最後に使ったのは、27歳の北海道ツーリングだったような。

醤油と油も削除。塩だけあれば、何とかなる。
いや、キャンプだと油は必要かな。。。でも、とりあえず除いてみる。

溜め込んだ爪楊枝も、捨てよう。場所は取らないが、使った記憶がない。

ガスボンベ用スタビライザー(安定器具)は使う機会多かったけど、「あれば安心」という程度のものだからな。

片方だけの箸も、捨てる。最近入れたものだけど。
Dscn3429

最後に、斜めに無理やり入れていた箸を短くカット。
Dscn3430
これで、詰めなおしはなくなる。。。はず。

| | コメント (0)

超時短鎌倉岳

福島の低山まで、足を伸ばしてみようと思った。

 

先日買ったデイパックは、トップケースにすっぽり。
+αも入る。
Dscn3408

 

芳賀町役場前で。
Dscn3409

 

ヒルメシはちゃっちゃとコンビニで、と寄ったトコロは怪しい雰囲気。
Dscn3410

 

たむろってたヒトたちも、怪しかった。
Dscn3412 Dscn3411

こらあかん、と即座に退散。
(帰宅後にぐぐって、理解した)

 

塙町の旭屋で、昼食にありつく。
Dscn3414

Img_20190504_114623346

 

出発して4時間後、古殿町・鎌倉岳の大作登山口に到着。
予定よりだいぶ遅れて、しかも違う場所。
ホントは、登頂まで1.5hかかる荷市場登山口に行くつもりだった。
この大作登山口からは、15分ほどで山頂に着いてしまう。

ま、せっかく来たんだし、登るか。

Dscn3416

Dscn3417

 

到着。。。感慨は無い。

Dscn3418

下山もあっという間。
14:30。走り出す前に豪雨レーダーチェックすると、ルートを雨雲がふさいでやがる。

一旦西に進路変更、白河経由に帰路に着く。

ハイキングのつもりが、400km超がっつり走ってしまった。

でも、満足。

| | コメント (0)

低山短時間用デイパック

デイパックを買った。
オスプレーのTALON22。
Img_20190323_204423081_hdr 以前使っていたドイターは、購入直後から「ショルダーベルトに荷重がかかりすぎる」という不満があったにもかかわらず、15年以上も使い続けてしまった。

 

日帰り低山ハイクでも、2年前に買ったケストレル38で良いだろうと使っていたが、やはり身軽な方が良い。

 

リアル店舗で色々試したところ、2年前に買ったケストレル38と同じ背負い心地(荷重分散)が良かったので、今回もオスプレーを選んだ。
これなら、背負ったままバイク移動が出来そう。

 

その店のポイントが貯まっており、1万円を切る価格で購入。

| | コメント (0)

雪融け坊谷山

ヨメが南魚沼に移住した友人に会いにゆくというので、送りがてら自分は坊谷山(ぼたんやま)をプチハイク。
先月のヤマケイで紹介されていた山だ。

クルマ3台分が確保された登山口から。
Dscn3384

Dscn3385

スノーシューをかついで行ったが、地表は半分凍った状態で登山靴だけで登れた。
Dscn3386

Dscn3387

Dscn3389

登山口の案内板通り、40分で登頂。
Dscn3390
山頂の標識に「→頂上」と書いてあるのは、隣の愛宕山のピークを示していた。
隣の愛宕山の高さは、321m。
今、この坊谷山の高さは、306m。
低い方のピークが「坊谷山」と称して代表しているのは、何故なのか。

珈琲一杯分、休憩。
Dscn3395

左下から右上へ伸びる線は、関越。
Dscn3396

帰りは、往路を戻る。
念のため、アイゼン履いて。

駐車場の傍らには、人工水路を雪融け水が流れている。
ドロドロのアイゼンを洗うことが出来て、便利。

今度は、初夏に来てみたい。
雪さえ無ければ、バイク用のブーツでも気軽に登れるだろう。

| | コメント (0)

ゴアテックス製スパッツ

昨シーズンの懸案事項を解決すべく、イスカのゴアテックス製スパッツを購入。
さすがに堅牢な造り。
靴底に引っかけるゴムも、太く丈夫に見える。切れても、別売りしているのが嬉しい。
Img_20181227_161153230_hdr
着脱しやすそうな、フロントジッパータイプをチョイス。
割引無しの定価、税込み¥5,184なり。

| | コメント (0)

酷暑前の赤城山

酷暑を避けて、朝早めに赤城山に登った。
地蔵岳に8時頃、長七郎山に10時頃登頂。
061Dsc_0127_r1

7時半頃の大沼の電光掲示板は、22℃を示していた。
直射日光に当たる地蔵岳頂上は25℃を超えていただろうか、下界ほどではないが、日除けや帽子がないとじりじり焼ける感触。
Img_20180805_101139005_hdr

長七郎山を降りてきて、しばしラジオを聴きながら昼寝。
Img_20180805_091009008

正午に駐車場に戻って、赤城神社で湧き水を補給。
水の豊富な日本なのだから、なるべく恩恵を受けたい。
Img_20180805_123417124_burst000_cov

帰る前に昼食を摂ることにする。
見つけた店はバイキングと看板に記されていたが、出てきた客がご老人だったので、少量の定食もあるのだろうと入店。
Img_20180805_132726784
ところが、看板通りのバイキングだった。
最早バイキングをありがたがるカラだではないのだが、税込み¥780という価格と並んだ食べ物が「定食屋の延長」のようなものだったので、最高にお得。
Img_20180805_130330061

| | コメント (0)

GSでも静岡に行く(3)

朝食を摂って、すぐにチェックアウト。
R1バイパスを西に向かって、今日はGSで掛川着。
道の駅掛川は、二輪駐車場が充実している。土地柄? しかも停めてあるほとんどがヤマハ。
Img_20180721_081705099

森町経由の県道でR152に接続、北上する。
途中土砂崩れで片道通行、10分ほど足止めくらった。

長野側へ抜ける道を間違えて、青崩峠直近に到着。
Img_20180721_110337985_hdr

峠までは徒歩5分というので、歩いてみた。
Img_20180721_110806977

峠は風が吹きぬけ、気持ちいい。
暑い平地まで降りたくない。
泊まりたい。
Img_20180721_111019124

上村の喫茶店「かみ」で昼食。
味噌カツ定食を注文。
味噌味旨し。もう少し安けりゃ良いが。
Img_20180721_124615076

北上して、程野 中央構造線露頭観察。
をを、本で見たのと同じ。
Img_20180721_134832004

大鹿村に入り、休憩。
帰りたくないぞ。ここで一週間くらいキャンプしたい。
Img_20180721_145852732_hdr

Img_20180721_145821444

また、ひたすら北上するも、越えようとしていた分杭峠は通行止め。
Img_20180721_141524748_hdr

谷に下りて、天竜川沿いの県道18号線をひた走る。
狭く、交通量皆無。
オフ車はこういうところが大好物。
Img_20180721_161601370

その後茅野を抜け、陽の落ちる直前の麦草峠を越え、19:00過ぎに佐久穂町到着。

スーパーの休憩スペースで夕食。
海なし県なのに、寿司パックが安いって最高だな。
Img_20180721_190754827
最後のルートは、最短のR254に決定。
WRXに突かれながらも、22:00に無事帰着。

今日は下道400km。
ひさしぶりだ、こんなの。

| | コメント (0)

沼田往還、赤城に寄り道

からっかぜ街道経由で沼田まで。
Dsc_9780


Dsc_9787


Dsc_9788

沼田城址を巡る。
Dsc_9804


Dsc_9810

木陰のある公園があって、助かった。
Dsc_9812

赤城の北面は、涼しく&交通量少なく、快適。
Dsc_9822

長七郎山に登る。
Dsc_9831

小沼。
Dsc_9841
帰りは、狭く静かな県道16号線で南下した。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧