新書&文庫本用本棚を作る

引越し先は広い。
今まではヨメと折半だった書斎を、一室まるごと占有出来る。
本棚も、奥行きの深い既製品は使わず、取り出しやすいものを使いたい。
まずは、新書と文庫本専用の本棚に着手。

主な材料は、SPF1×6。
1820×140×19mmを6枚使用。
側面の板は、カットせず1枚そのまま使う。
棚板は、長さ600mmずつカットしてもらったもの。
背板だけ、ベニヤ。1820×910×4mmを1820×640にカットしてもらった。
Img_20201018_122634233
接合は、3.8×32mmの木ネジ。
SPF材は柔らかいので、もっと長い38mmの方が強度的に良かったかも。
Img_20201018_183735898
内寸は
 新書:高さ190×奥行き140(×4段)
 文庫:高さ170×奥行き140(×5段)
と、めいっぱい詰め込んだ。

棚板の600mmという長さ(本棚の幅)は、既製品に倣った。
1820を2等分して900mmも考えたが、軽い文庫といえど、たわみが起きる気がしてやめた。
Img_20201018_154258496
材料をカットしてもらうと、あとはケガキして木ねじを打ち込むだけ。2時間かからずに完成。
Img_20201018_163807573
費用は、以下の通り。
SPF1×6 ¥877×6=¥5,262
ベニヤ1枚 ¥825
カット工賃 ¥100
木ねじ ¥173
合計 ¥6,360

棚板が2枚余ったから、次は同じ奥行きで作れるコミック用でも作るかな。

| | コメント (0)

シン・ガレージ

現在所有の
 バイク2台
 自転車5台
を収めても、なお充分な整備スペースが確保できそう。
Img_20201010_194448923
しかし、建屋はシロアリに喰われまくり。。。

| | コメント (0)

スマホケース再生

表地と裏地が剥がれてきたので、バラした。
スマホを固定するプラケースはまだ生きているので、再生できそう。
Img_20200905_114109876

表地と裏地は、激安本革を使う。
今回、あらたに購入した工具は以下の2点。
下画像左:スマホ用型抜きポンチ24個セット ¥1,080
下画像右:円切りカッター(加工穴径1.8~17cm) ¥1,150
Img_20200906_215225899

型抜きポンチは、安物らしく切れ味イマイチだが、何とか加工できた。
円切りカッターは、少しコツがいる。事前にテストしておけば良かったかも。

革に芯となる鉄板を貼るのは、水性の木工用ボンドを使用。
プラケースの貼り付けには、クッションフロア用両面テープを使用した。
Img_20200923_053417386

表と裏の革の貼り付けにも木工用ボンドを塗布し、一晩放置した後、縫い付けた。
糸は、革細工用蝋付けタイプ。
Img_20200923_053625154
Img_20200923_053616426

ヤッター!完成!と達成感を味わったのもつかの間、穴あけ位置が逆だった。
Img_20200923_060825048
開く向きが逆になっただけで支障は無いが、釈然としない。。。orz

| | コメント (0)

LED化したルームランプが眩しい

せっかくUPした照度は落としたくないので、革で庇を作った。
Img_20200723_211751350
固定は、既存のカバーに挟むだけ。
Img_20200723_212145893
機能は、これで充分だ。

| | コメント (0)

ハイエースのカーテン取り付け

ハイエース荷室の目隠しカーテンは、価格優先で
 綿生地+マグネット
という方法で半年近く過ごしてきた。
Img_20200718_113414898
生地の縦方向は、生地に丸型マグネットを縫いつけた。
横方向の上辺は、マグネット+クリップで吊り下げ式に。
Img_20200718_113422480
マグネット+クリップは百均なので、おおよそ¥1,000で出来上がった。
ところが、これがよく外れる。
走行中は問題ないが、カーテンをめくると↓こんな風に。
Img_20200718_114704808
また、どのマグネットも同じ磁力なので、一辺だけめくろうとしても他の辺も引きずられて、すべて外す羽目になる。

ということで、マトモな「カーテン」として売られているものを買った。
吊り下げ支持は住宅のようなレールではなく、突っ張り棒とリングランナーを使う。
Img_20200718_112306930_hdr
当初突っ張り棒はその名前の通りに内壁に突っ張っていたが、内壁は曲面なので接触面積は小さく、メーカー推奨の使い方ではないため、数km走って落下した。

方針変更、天井の内張りクリップ2ヶ所に自作革製ストラップを取り付け、ストラップに突っ張り棒を通した。
これなら、簡単には落ちないだろう。
Img_20200719_070347109

Img_20200718_113348185
費用は、以下の通り。
カーテン         ¥2,180×2個
リングライナー(10個入) ¥164×3個
突っ張り棒        ¥110×3個
合計 ¥5,182

| | コメント (0)

ダボ接合の勘ドコロ

ヨメに「こんなの作って」と言われて、端材で木工開始。
ダイソーにダボが売っていたので、接合はダボを使うことにした。
初めてのダボ加工には、ちょうど良い。

穴あけはボール盤が使えず、ハンドドリル。
面に垂直な穴が開けられず、ダボを打ち込むと斜めになってしまった。
Img_20200510_111006504
ダボだけでは板も斜めになってしまうので、2ヶ所だけ強引に木ネジ接合とした。

ダボには、正確な穴位置決めと穴の鉛直度が必要のようだ。
ごまかしが効かない。

なお、作ったのはリモコンのスタンド。
Img_20200517_102748601

| | コメント (0)

携帯用ドリッパーの試作

段ボールで試作してみた。
本番はアルミ板の予定。
Img_20200504_142819453
すべての部品は
・曲げ加工は施さない。
・寸法は□80~100mm×厚さ1~2mmに収める。
という仕様を決め、おおよその板取りは出来たものの、板同士のの接合方法が思いつかない。

うーむ・・・

自作 | | コメント (0)

セカンドシートのフレーム取付スペースを埋める

余ったクッションフロアを捨てずに利用するため、セカンドシートのフレーム取付スペースを簡易的に埋めることを思いついた。
Img_20200326_215835664
床板のオマケの板も余っているので、利用した。
安物ジグソーで長い直線を切断するときは、差し金を養生テープで固定してガイド代わりに使う。
Img_20200326_224225175
切断後、この状態↓から#80のサンドペーパーでRを付け、縁も丸める。
Img_20200326_224450025
嵌め込んだ後に取り出せなくなりそうなので、取っ手代わりにフックを取り付ける。
フックを取り付けるための雌ネジは、鬼目ナットを使った。
M6用なので、下穴をφ9ドリルで開けた後、ハンマーで叩き込む。
Img_20200328_143342552
余りのクッションフロアを貼って、完成。
Img_20200328_143440099
Img_20200328_143458491
新品を使ったのは、以下の2点のみ。
 フック ¥274×2個=¥548
 鬼目ナット 9個パック¥329

| | コメント (0)

ビードブレーカーの再生終了

塗装のムラをチェックして、組み上げた。
ワッシャは錆びていたので、新品に交換。
Img_20200324_163405213
使う予定は無いけど、とりあえず満足。

※比較用:塗装前
Img_20200320_145900286_20200324181601

勢いに乗って、スタンドも錆び落として塗装。
コレも、使う予定は無い。
Img_20200324_164128555
・・・メル○リで売ろうかな?

| | コメント (0)

ビードブレーカーの再生

軒下に置いて、サビサビになっていたビードブレーカーを再生する。
友人からもらったものだが、1回しか使っていない。
余っている黒のスプレー缶を消費したいがために、作業することに。
Img_20200320_145900286

バラして、
Img_20200320_150346272
電動ドリルに取り付けた金属のカップブラシで、錆を落とす。
Img_20200320_153950148
塗装して、今日はここまで。
Img_20200322_175259546

| | コメント (0)

より以前の記事一覧