タイダウンベルトの緩み改善策

タイダウンベルトが緩むことがあるので、固定方法を検証した。

まず、ベルトの点検。
前ハイエースから引継ぎ、確実に製造から30年以上経過しているものがある。
ねじりコイルバネの戻る力によりベルトを挟み押さえつける構造だが、1本だけ戻る力の弱いものがあった。それを排除した。

次に、固定箇所。
前と左右にはガッチリ固定出来て動かないが、わずかに後ろに動いてしまう。
タイヤストッパーにタイダウンかけてるのに何故?
輪止めが必要だろうか?と考えながら車体をゆすってみたら・・・タイヤストッパーが動いてるやん!

いや、タイヤストッパーを固定している床板が浮いていたのだ。
床板は画像赤線での位置で前後別部品、後ろの床板は車体に締結してるが、前の床板は後ろの床板にズレ止め程度の締結しかしてない、つまり車体にはまったく締結してないので、分割線を支点にしなって浮いてしまうということが分かった。
Img_20210117_140507115

こうなった以上、方法はひとつ。
やはり、車体にタイダウンベルトをかけるしかない。
かける場所は、後部座席を固定しているM10ボルト2本。
ここにフック(Dリング)を共締めする。
手持ちのトヨタ純正のフックはM8用なので、取り付け穴は加工・拡大した。
Img_20210117_144941581

結果、前2本・右側面1本の計3本のタイダウンベルトを画像のようにかければ緩まないことを確信した。
少なくとも、往復10kmの試乗では問題無かった。

・・・でも、トラ車は軽いからな。
鉛直方向の強い振動を与えるとリアタイヤがホップするかも(汗)

| | コメント (0)

後部座席を畳まずに

今さらながら、トラ車なら後部座席を折り畳まずに格納できるのでは?と気が付いた。

↓ギリギリまで下げると、こんな見た目でもリアゲートは閉じる。
Img_20210111_145540487
↓前輪は、ハンドルを曲げずともシートの背中に軽く当たるくらい。
Img_20210111_152037229
ならば、このポジションでタイヤストッパーを作ってしまおうか。

それから、シートの下も有効活用したいので、↓この空間に小物入れが欲しい。
Img_20210111_150713206
コンテナやバッグに入れただけだと、ガタガタ&ゴロゴロ動いてイヤなのよね。

| | コメント (0)

突っ張り棒が落ちてくる

リアゲートに吊り下げた、突っ張り棒が簡単に落ちてくるようになってしまった。
バイクを入れるときに、棒に軽く触れただけなのに。
カーテンを少し車体に引っかけたときにも。

大したこと無いと考えていた荷室高さも、棒の太さ分だけとはいえ50mmは損しているだろうか。
Img_20200719_070347109_20210111200001
ということで、棒はやめてワイヤーに変更。

ファスナークリップが組み付けられていたのは、φ7のバカ穴。
ボルトと同じサイズならばボルトで無理やりタップ切れる可能性があったが、それも叶わず、クリップナットでM6雌ねじを設けた。
Img_20210109_142357545
81eizg8daal_sl1500_

ボルトとボルト座面のためのワッシャ、それにワイヤーを挟むためワッシャ2枚でワイヤーを固定する。
Img_20210109_142730386

はじめは手持ちの針金を使用したが、曲げ癖がついて、イマイチ貧乏臭い。
Img_20210110_114009208
そこで、ダイソーのカーテンワイヤーを使用した。
これなら、ソコソコキレイで満足。
Img_20210110_120647872
カーテンの側面もマジックテープを貼り付け、車体側に寄せられるようにした。
Img_20210109_154213786
Img_20210111_144735613

| | コメント (0)

ハイエースの電源増設

ヨメと同時にスマホの電源確保できるのは良いかも、と
 カーメイト NZ586Z 増設電源ユニット
を買った。
amazonの簡易パッケージ品なので、ジョイ○ル本田販売価格¥4,950が¥3,800とお得。
Img_20201226_154012868_hdr
Img_20201226_154140948_hdr
取り付けは、工具レス。
灰皿を外して、代わりに製品を押し込み、両面テープで固定。

「まるで純正品!」というのが宣伝文句だが、ダッシュボード側と面が合わずに「浮き」が見られるのが純正品とは言いがたい。
Img_20201226_155802830_hdr
Img_20201226_155738207_hdr
とりあえずUSBが2個接続できるから、その点は目を瞑ろう。
でも、この余った灰皿はどうしよう?
Img_20201226_154305625_hdr

| | コメント (0)

1年経たずにテールランプ粉砕

実は、新潟で電柱にぶつけてしまっていた。
助手席側テールランプが、完全粉砕。
単なる自損なのが、幸いか。
Img_20201205_094543794

かなり凹んだが、メル○リで探すと左右セット¥12,000を発見してひと安心。
届いた品もかなりの美品で、大満足。
Img_20201205_094554899_hdr

購入品は4型ということだが、まったく同じもの。
※ウチのは5型と呼ばれる。2020年5月から発売のは6型。
 3型は、テールランプ形状が異なる。

後ろのパッキン(樹脂フォーム部分)を見るとさすがにヤレているが、問題ないレベル。
Img_20201205_095436137
37

球が2個切れていたが、買ったものから移植して解決。
Img_20201205_100914954
とりあえず、車検に通るレベルに戻った。

| | コメント (0)

ハイエース最高燃費と航続距離

埼玉・群馬・新潟・長野のイナカ道+高速100kmを走ったら、メーター読み10.6km/hをマークした。
いつもは9.3~9.8くらいなのに。
Img_20201201_185015376
航続距離も、満タンで550km以上走行可能であることが確認できた。
岩手まで無給油でイケルな。

| | コメント (0)

ゲージツの秋にハイエースで向かう

どこか連れてけというヨメに促されて、高崎へ。

目的地の駐車場は、タワーパーキング。
つくづく、標準ボディ&標準ルーフにして良かったと思う瞬間。
Img_20200922_102651517

駐車スペースは5ナンバーのセダンやステーションワゴンと同等で、圧倒的な室内空間。
この突出した性能を知らないヒトが、意外と多い。

今日の目的は、↓コレ。
Img_20200922_113222109
螺鈿細工の工芸品も展示され、満足。
タワー美術館は意外と広く、充実していた。

上毛新聞には、こんな記事も載っていた。
Img_20200922_091653492
日本画って、バイク描くのもアリなのか。
っていうか、日本画の定義ってナンだ??

| | コメント (0)

運転席側天井のアシストグリップ追加

ハイエースの運転席側天井には、アシストグリップが無い。
Aピラー(?)にはあるから、不便はしないけど。

しかし、追加すれば天井に棚が作れるかも?と思いついて、取り付けた。

取り付け前
Img_20200815_084107730

取り付け後
Img_20200815_084854824

取り付けボルトは、M6×15Lで充分だが、手持ちが25Lしかなかった。
それでも、底付きせず取り付け完了。

なお、入手はメル○リで送料コミ¥1,500。

| | コメント (0)

ハイエースの2台目ドラレコ配線

2台目のドラレコは、ケンウッドDRV-MR740を購入。
ハイエースなので、念のため駐車監視用ケーブルを追加。
総額¥22,800。
Img_20200731_061452036

 

ジャバラを通すコネクタは、今度はストレートタイプ。
さすがケンウッド!
Img_20200731_094135272

 

その、いちばんの難関から着手。
ハリガネ工具で、すんなり通過。
Img_20200731_100539190

 

前後間の配線は、前回同様助手席側の上を通した。

 

電源は、バッテリー隣のヒューズBOXから取る。
低背ヒューズ電源が2個必要。
Img_20200731_115619433

 

ACC代わりは、RADIO 15Aから。
駐車監視用の常時電源は、HORN 15Aから取る。
Img_20200808_105239150 Img_20200808_105249245

 

低背ヒューズ電源2個は、何とかヒューズBOX内に格納。
Img_20200808_105202371

 

アースは、バッテリーのマイナス端子に接続。
エンジンの高熱部に触れないよう、きっちりタイラップ固定。
Img_20200731_134716425

 

バッテリーヒューズBOXから前カメラへの引き回しは、必然的に床を通した。
後で分かるよう、タイラップは白を選択。
Img_20200731_135036604_hdr Img_20200731_135044108 Img_20200731_134739119

 

視認性より操作性優先して、運転席側に前カメラを貼り付けた。
Img_20200731_140213124 Img_20200801_171129473_hdr ミラーの根元はケーブルを隠せないが、タイラップでまとめておけば垂れることもなさそう。

 

通電・動作確認して、作業終了。
今度は、2週間で壊れませんように。。。(-人-)

| | コメント (0)

ドラレコブラケットの強力両面テープを剥がす

コムテックの不良品を返品したあとに残ったものは、カメラのブラケット。
こんなことにならないよう、慎重に剥がしたい。
つーか、たいていの接着剤はせん断に弱いのだから、方法はおのずと限られるはず。。。

まずはタコ糸で。。。すぐに切れて終了。
なお、糸が手に食い込むので、軍手装着。
ホントは、溶接用革手がイイのだが。

次に、0.3mmのワイヤー。
結構頑張ったけど、切れた。
Img_20200729_150144233_hdr

もうちょい太い、1mmのハリガネは。。。イケそうでイケない。
少し開いた隙間に、プラハンでスクレーパーを叩き込む。
ハリガネとスクレイパーを交互に使い、何とか剥がれた。
Img_20200729_150648882_hdr

あとは、パーツクリーナーで接着剤を拭き取る。
ヤター!
Img_20200729_151807345_hdr

| | コメント (0)