深谷・岡部をぐるっと

先週よりは、暖かい。
シェルは、インサレーション無しのタイプ。
Dscn2684

今週も、行動食は和菓子。
Dscn2687

| | コメント (0)

東方城の土塁を見に行った

気温3~4℃、肩に当たる風が冷たい。
Dscn2673

Dscn2674

土塁は、広範囲に残っていた。
(丸太が横たわっているところ)
Dscn2677

行動食
Dscn2681


| | コメント (0)

ザックに道具を簡単に固定したい

昨日使ったスノーシューなど、複数の道具をまとめたり、ザックに固定するためにはバックル付きストラップを使っていた。
が、今日片付けてるときに思いついたのは、単なる「輪」で良いのではないか、ということ。

↓こんなモノで。
Dscn2447
ポリエステルのコードを輪にして、コードストッパーを付けただけ。

↓固定するときは、こういう留め方で。
Dscn2448

↓構造上余分な部分が出来てしまうので、みっともないと感じたり、ここを何かにひっかけたとき事故に至るような使い方には向かない。
Dscn2449
バッグをバイクにくくりつけたりとか、激しい振動を伴う場合にも向かないが、動かない状態での保管やクルマの中に一時的に載せる場合には有効かと思う。

使用したコードは、太さ3mmのもの。
ユザワヤで、長さ5mのものが¥324。
モンベルショップにも売ってるけど、手芸屋さんの方が安いかも。
コードストッパーは、¥100ショップで4個入り¥108。但し、バネの力は弱いので、使用時に緩んでも事故にならないことを想定することが必要。
Dscn2450

| | コメント (0)

埼玉でも富士山見たい

気温5℃、風速4m/sec。
冬用の装備だが、肩に当たる風が冷たい。
フリースを厚手のものに替えるか、ウインドブレーカーを中綿入りに替えるか。

昼までに帰宅する必要があるので、市内をひとまわりだけ。
昨日も見たけど、この天気なら熊谷からも富士山見えるはず、と荒川河川敷へ。
Dscn2398
見えた。
振り返ると、赤城も日光男体山も見える。

気温のせいか、正月気分が抜けないせいか、河川敷の土手に人は少ない。
ランナーが2,3名いるだけで、サイクリストはいない。

中学生らしき女の子が、「自主トレ!」という感じで目の前を往復して走りぬけた。
えらいなあ。
オジサン、君ぐらいの年は「ほぼニート」だったよ。

| | コメント (0)

各種道具の再利用とかひと工夫とか

歳とって、雨でも独りでダートを走るなんて気は起きなくなったので、どこへも出かけず。
今すぐ必須!ではないけどスッキリ解決したい、ということを手当たり次第に片付けた。


1.ベルトがちぎれて使用不能のSOLUS TEAM SPORTS300

電池交換後まもなく、樹脂製のベルトがちぎれた。
ベルト交換は出来ない構造だ。
Dscn2175
現在ベッドサイドにおいて、目覚まし時計として使っている。
だが、もう少し見栄えを良くしたい。
ベルトの余分を切断して、ミニカラビナを付けた。
気が向いたら、ザックに引っかけて持ち出すかな。
Dscn2176


2.ボトル洗浄

水やお茶などを入れて、使用後は簡単にすすぐだけで使っていたら、澱やカビのようなものが見つかった。
こらアカン、と漂白剤投入。
Dscn2177
数時間後、スッキリきれいに。
ボトルの飲み口は流路が狭いので、漂白剤が残らないよう、2,3度圧をかけて(ボトル本体をへこませて)すすいだ。


3.ザックにボトルホルダーを付ける。

昔買ったボトルホルダーをザックのショルダーベルトに付けたい。
ザックを降ろさなくても、すぐ取り出せるように。

縦のベルトに付ける構造ではないので、自分でストラップなどで工夫する必要があり、付けてみたが。。。イマイチ。
Dscn2180
Dscn2181
ショルダーベルトより、ウエストベルトの方が取り出しやすそう。
ボトルホルダーにハトメを付けて、ヒモでショルダーベルトの根元に固定した。
(ヒモは、ジッパータブを使って引っかけるだけ。容易に外せるように。)
これで、ザックを降ろしてもホルダーは付いたまま。
Dscn2186
Dscn2187


4.折り畳み傘の処分

壊れても、とりあえず取っておいた折り畳み傘。
再利用案が思い浮かばなかったから、処分しよう。
但し、処分は骨だけ。
生地は、おぼろげながらも再利用案が出てきたので、まだ取っておく。
Dscn2182


5.洗車ブラシ購入

土曜の午前中、まだ降らない時刻にF800GSは浅間の泥を落とすことが出来た。
しかし、エンジンの隙間など完全には落としきれていない。
そのためのブラシを¥100ショップで揃えてみた。
Dscn2188
丸いお風呂スポンジはクルマに使おうと思うのだが。。。面積小さすぎるかな?

| | コメント (0)

PANTO&XR

比較的快適な気温&湿度なので、PANTOで走った。
距離は短め、利根大堰まで。
Dscn2000

福川のカワウ。
この距離感が大切、とでも思っているかのよう。
Dscn2002

こんなのもいた。
あれ、前にも載せたっけ?
Dscn2003

昼食後は映画みてダラダラするつもりだったが、プライムビデオでマイナーなモーターサイクル・ドキュメンタリーを見てたら、家にいるのが馬鹿らしくなった。

で、XRで比企丘陵ぐるぐる。
Dscn2004

お土産にブルーベリー査収。
Dscn2007_2

| | コメント (0)

ママチャリのサドルから読み取るもの

電動アシスト自転車を導入しても、古いママチャリはまだまだ使うよ。
サドルの表皮が痛んできたので、交換することに。
Dscn1938

近所のホームセンターには、2種類売っていた。
シートポスト付きでバネ無しのものと、シートポスト無しでバネ有りのもの。
今までのモノの構造を確認し、シートポスト無しでバネ有りを購入。
Dscn1931

販売は、日本の株式会社サギサカ。
購入価格¥2,000なり。
Dscn1936

Dscn1937

古いものをあらためて確認すると、製造年月とメーカー名らしきものが。
2006年6月製。
JUSTEKというのは、中国のメーカーであることが分かった。
Dscn1939

Dscn1940

自転車屋で取り付けてもらったものなので、ブリヂストンOEMなのだろう。
Dscn1941

今回の購入品は、2017年5月製らしい。
Dscn1942
古い方には「Made In China」の文字が無いけど、
ブリヂストン納入品は最終的にはブリヂストンが製品保証するから、記載不要ということか?

| | コメント (0)

高温警報発令前朝ポタ

買物に付き合う前に、1時間半だけ。
9:00前なら、まだ風は爽やか。
Dscn1732
あとはクルマの排熱避けて、河川敷を選んで。
Dscn1736


| | コメント (0)

電気はどこまで助けてくれるのか

10年前に延命処置をして生き永らえてきたヨメのママチャリも、いーかげんにガタが来た。
ヨメとしては思い入れの強いものなので廃棄せず、増車することにした。
電動アシスト自転車を。

埼玉に来たときより世話になっているショップは、流行と共に店頭にはロードバイクのみ陳列されているが、ママチャリも取り扱いを続けているという。

電動アシスト自転車も、パナソニックとブリヂストン両方試乗車があったので、ヨメと共に試乗してみた。
店主の言う通りパナの方がパワーがある(≒出だしのトルクが大きい)が、総合的には差は無いように思える。。。ということで、選択はヨメ任せに。

結果、選んだのは
 パナソニック ビビ・DX BE-ELD633
というモデル。
Dscn1726
バッテリー容量は16Ah。
最も電力消費するモードでも公称59kmの走行距離だから、半径5kmの買物にはこれで充分だろう。
これの上のモデルはさらに距離が伸びるが1.5kg重くなるので、ここだけ口出ししてやめさせた。女が扱うものは、軽いに越したことはない。

納車後、坂のあるルートを走ってみた。

ペダルに足をかけた瞬間からぐぐっとトルクがかかるので、漕ぎ出しの安定感がフツーの自転車とは段違い。
逆に考えると乗り手のバランス感覚不要、転ぶ心配がない。

ここら辺で坂といえば跨線橋やアンダーパス、そこを走ってみると、なるほどペダルの抵抗は平地と同じ。
とある踏み切りは、距離は50cmだが角度が急なので、越えるときはバランス崩しそうと不安だったが、難なくクリア。
Dscn1718
小一時間走った感想は、予想以上にアシストしてくれるということ。
前述の通りバランス感覚不要なので、もっと年寄りに普及させたい。

また、「自転車」と呼ぶには違和感のあるくらい、別の乗りものと言える。
自転車とバイクのちょうど中間、といってもいいくらい。

国産なので高価(税込み¥123,120)ではあるが、相応の価値はあると思った。
つーか、自分専用に欲しい。

| | コメント (0)

R140の隙間を埋める

寄居~長瀞間を、R140を可能な限り使わずに走ってみたい。
寄居の運動公園にクルマをデポして、スタート。
Dscn1503


Dscn1504

波久礼駅に裏から侵入。
Dscn1505


Dscn1508

地元のばあさまに聞いたが、波久礼駅から長瀞に抜けられる道は無かった。
樋口までの一駅だけ、輪行する。¥240なり。
下画像は、樋口駅ホーム。
Dscn1512

ここまで荒川の水が来たんだぜ、という印し。
Dscn1513

Dscn1514

「水」の文字、読める?
Dscn1515

R140の南側を往く。
Dscn1516

Dscn1519

上長瀞の博物館前の林で昼食。
Dscn1522

おにぎり2個のみ。
Dscn1525

企画展「骨と皮」を見た。
Dscn1527

博物館を出た後、R140の北側を寄居方面に戻る。
ここも「アルプス」かっ。
Dscn1532

ハイカー向けの地図を確認。
波久礼駅の北側1kmほどは、R140を歩けっていうことか? 歩道あったっけ?
Dscn1533

Dscn1534

Dscn1535

Dscn1536

大わらじ見っけ! やはり旧街道か。
Dscn1541

Dscn1539

軽トラなら通れるかも。
Dscn1543


Dscn1544


Dscn1546

バイク1台分、または自転車2台分。
Dscn1547

山は終わった。。。
Dscn1548

R140の歩道を行く。
Dscn1550

Dscn1551

波久礼駅の北側900mは、やはり歩道は無かった。
ここだけ、クルマの障害物となって走った。
幸い交通量が少なかったので、自分の予想よりは迷惑はかけてない。。。つもり。
Dscn1552

ほぼゴール、の橋を渡る。
Dscn1555

ルートは、以下参照。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧