新緑堂平

定峰峠経由で、白石峠着。

 

そこから道を外れ、ダートを下る。
シングルトラックほどではないが、狭くて気を抜くと崖落ち必至。
Img_20190512_143826100 舗装路に着いたら、折り返して登り。
下りよりは安心して、開けてイケル。

 

堂平天文台で休もうかと思ったら、ゴカゾクヅレで混雑。
スルーして、パラグライダー近辺からダートを下る。

 

13:00過ぎに家を出て林道3本、帰宅は16:00。
短時間の割りには、満足度高し。

 

「何にもない」と自虐的なサイタマは、バイク乗りにとっては「何でもある」。

| | コメント (0)

栃木県道ツアー(TKT)

家事雑事で栃木に足を運ぶ機会が多く、栃木県道が見過ごせないルートであることを実感していた。
というわけで、ぽん太さんと県道探索の旅へ。
このルートなら渋滞とは無縁に違いない。ふふふ。

始動に手こずったが、XRで出撃。

1904281

1904282

1904283

1904284

1904285

1904286

1904287  
昼食は、市貝町役場近隣のレストラン。
というか、ほとんど定食屋。
肉厚のしょうが焼きで満足。

Img_20190427_124045889_hdr

Img_20190427_132938127_hdr

1904288

1904289

19042810

19042811

19042812

19042813

19042814

群馬・茨城の県道も多く、「北関東県道ツアー」といった趣だったが、予想通り渋滞なんてケラも見当たらないベストコースであった。

 

 

| | コメント (0)

初雪堂平2019

尾てい骨はまだ痛いけど、フツーの林道くらいはイケルかな?と堂平を目指した。
先日の山火事も気になっていたし。

天文台の分岐・白石峠まではときがわ町側から登って行けたが、そこから先は3方向とも雪が残っていた。

秩父へ
Dscn3363

天文台へ
Dscn3364

天文台への道にトライしてみたが、100m進んで登れなくなった。
チェーンもなく、タイヤのエアも1kg/cm^2のままでは無理だった。
Dscn3365

帰りにコンビニで、缶コーヒー飲みながら店主+その知り合いと雑談。
山火事の原因は、不明だそうだ。
また、この辺はよく山岳遭難救助のヘリが飛んでるらしい。
ちょうど飛んでいたヘリを見上げながら、店主は「また滑落か?」と眺めていたが、滑落するようなトコロあったっけ?

コンビニに住み着いた野良猫
Dscn3367

| | コメント (0)

尾骨捻挫

先週打った尾てい骨の痛みが引かないので、念のため行きつけの整形外科で診てもらうことにした。
レントゲンを撮った結果は、「骨は異常なし」。
あえて名を付けるとしたら、「尾骨の捻挫」とのこと。
仙骨と尾骨の間を損傷したらしい。

医師がカルテを書きながら、聞いてきた。
「山に行ってたの? 砂利道? バイクはXRだっけ」
「そんなこと、よく覚えてますね」
「カルテに書いてあるから」
「!!」
カルテを見せてもらったら、ホントに「XR250」とか書いてあった。そんなに必要な情報か、ソレ?

「私は、最近セローを買ったよ。大きいのはもう疲れるね」
・・・そういや、以前大型オンロードバイクが裏手に停めてあったっけ。

「それなら、今度山へ一緒に行きませんか。医師がいると安心だし」とは誘わなかったが、プライベートでバイク話くらいしてみたいかな。

| | コメント (0)

XR難所対策

先日壊したブッシュガードを交換。
車体に合わない黒だけど、納期優先ということで。
Img_20190127_090501439_hdr

Img_20190127_092605722_hdr

ついでにシートも、秘蔵の純正ローシートに交換。
たった30mmが、難所では結構効くのだ。
Img_20190127_110107335_hdr

| | コメント (0)

桐生杉林道

SNSで知り合ったI氏に、桐生の山を案内してもらった。
クルマがすれ違える通常の林道より外れ、純粋に杉の木を手入れ・搬出するだけの本当の林道だ。
Img_20190126_095344724_hdr
見かけより勾配がきつく、杉の葉に岩が隠れて、なかなかに難しい。
I氏がスイスイ進む中を、数回転倒しながらついていく。
しまいにはこちらの体力が切れて、ブッシュガードを破損し、チェーンが外れて、尾てい骨を打った。

昼食後、再会を約束して別れた。

| | コメント (0)

ブレンドオイル

軽く10年以上前に開封した、当時所有のトッポに使ったエンジンオイルの余り。
よくみれば同じ粘度ぢゃん、とブレンドしてXRに投入。
Img_20190119_140532833_hdr
ジョッキで確認したときは、多少成分が分離している様子。
交換後20~30km走ったくらいでは問題ないように感じたけど。。。何か気持ち悪いから、早めに純正に交換するかな。

| | コメント (0)

XR(MD30)エアクリーナーを乾式に戻した

風も無く、穏やかに晴れた。
軒下メンテにちょうど良い、と部品だけ買っておいたまま1年放置のXRにようやく手を着けた。
Dscn3351

小さな樹脂部品の劣化が進んでいる。
ヒビワレが見られた、ガソリンタンクのクッションラバーを新品に交換。
Dscn3352

ME08用のエアクリーナーフィルタはボロボロに崩壊したので、本来の乾式に戻した。
カラカラに乾いた砂埃の中を走ることも、そうないだろうから。
Dscn3353

何故かサブエアクリーナーのフィルタが紛失していたので、新品取り付け。
アイドリング不調の原因のひとつかも。
Dscn3354

組み終わった後、難なく始動。
半年放置したにしては悪くない、安定したアイドリング。

| | コメント (0)

エアクリーナー腐りかけ

エアクリーナーが収まるカバーを開けたら、腐りかけてた。
Dscn2295

ガソリンタンクを受けるゴムブッシュも、ひび割れが。
Dscn2298

他にも、いろいろ見つかりそう。
これから部品発注して、作業を進めて。。。年内に走り出せるかな?
雪道行きたいのだが。

| | コメント (0)

ナツカシの秋鹿大影林道

久々にロングダートを走りたい、とR17を北上。
完全に開通した上部道路をすべて使うと、熊谷~渋川(旧子持村)間を1時間で走ることが出来た。

県道53号線から、秋鹿大影林道に入る。
10年以上来ていないが、温泉施設のおかげで入口は容易く見つかる。
Dscn2013

懐かしいキャンプ場の看板。
ひと気のない、良いところだったのに。
Dscn2014

これも懐かしい、東屋。
Dscn2018

Dscn2017

「霧峠」なんて、あったっけ。
昔は走るだけで、こんなの見る余裕なかったな。
Dscn2020

峠の東側は軽くガレ、西側はなんてことのない下り。
台風による倒木が多かったけど、直径10-15cmほどなので、勢いだけで越えられる。

次は万沢林道。。。のつもりが間違えて、高田山林道(わらび峠)に突入。
幅狭いけど、締まっていて走りやすい。
おそらく、走ったのは初めて。
Dscn2023

舗装路に下りても、交通量皆無。
平日の方が、林業で通る機会多いのかな。
Dscn2025

それにしても、つくづくニッチな趣味だと思う。
同じ山を使う遊びでも、登山などはブームだというのに。
あ、でも、大名栗林道なんかは盛況しすぎて、死人出たっけ。

もう1本イケルか?と思ったら、ゲート出現。
Dscn2026

沢水、旨し。
Dscn2036

ビエンナーレ真っ盛りの中之条でヒルメシ、のはずがまたも間違えて割烹のような店の戸を叩く。
中には喪服の老婆。。。法事だったみたい。
Dscn2046
岩櫃まで行って、ようやくヒルメシ。
群馬だから、とソースカツ丼を選択。

14:00くらいには帰宅するつもりだったが、15:00でも赤城山麓をうろちょろ。
急いでも意味ないから、と馬を眺めて小休止。
Dscn2047
結局、帰宅は16:00。
まだ泥を落とす時間は十分にあるから、ま、いーか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧